Pâtisserieパリのお菓子

Galette des rois 食べ比べ 続き

c0069026_544717.jpg
さあ、とにかく切ってみましょう…。
c0069026_55956.jpg
ピスタチオのグリーンが見えるのはミュロのガレット。これは一番最後に食べることになったのですが。
c0069026_553324.jpg
ピスタチオクリームに甘酸っぱいフリュイルージュのジャムが溶け合って、ガレットデロワというよりは、こういうお菓子のようでした。
c0069026_573275.jpg
まずはパンドシュークルのもの。最初に感じたのがアーモンドの香り。
c0069026_564556.jpg
切ります!

お次はカイザー。クリームに卵のカスタードを強く感じるアーモンドクリーム。
これはパイ・クリームともにスタンダードな味わい。悪く言えば普通で、あまり印象に残らない味わいでした。
c0069026_555718.jpg
切ります!

そしてコンクール一位のフランソワ。
薄いガレットは香ばしく、クリームもクセがなく、やさしい味わい。
バランスのとれた、万人受けする美味しいガレット、と思いました。確かに美味しいです!

ガレット・デ・ロワと、フランスにはもうひとつ、「ピチビエ」と呼ばれる、ガレット・デ・ロワにそっくりな地方菓子があるのですが。
その違いの話になって、このように平たいのがガレット・デ・ロワ、層が高く持ち上がってるのがピチビエだそうで…
なので、このガレットは、見た目もガレット・デ・ロワの基準にかなった理想的な厚みのものなのだと…
どうなんでしょうか??
でもこのように薄いほうが、持ちやすく、食べやすいことは確かです。
c0069026_56209.jpg
切ります!

そしてストレー。
うわさ通り、すごくしっとりしてて、美味しいクリームでした♪
パイよりもクリームが食べたい感じです。
パイがカットするたびにぼろぼろと崩れます…。
c0069026_57596.jpg

まりさんが出してくれたシードルと。
パイを5切れも食べて、さすがにお腹が一杯に…

でも、この後、残りのガレットをラップにくるんでお持ち帰りしたのですが…
翌日完食。笑
ってことは、結局ひとりあたり1ガレットを食べてしまった??
しばらく、パイ系のお菓子は控えます…

マニアックな集まり、マニアックなおしゃべり、楽しかった^^
またこんな会があったらいいな♪

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

by blueblau1 | 2009-01-21 05:30 | Pâtisserieパリのお菓子

2005年9月渡仏〜2011年12月帰国までのフランス滞在の記録と、現在の日常の暮らしや子育てのこと。熱しやすく冷めやすい自分のための備忘録的なブログです。


by blueblau1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30