Lyonリヨン

Sirha/シラ 食産業の祭典とパティスリーのクープ・ド・モンド

日曜日、リヨン駅から電車で約2時間…
c0069026_5103249.jpg
(右から)審査員のメンバーの市川幸雄氏、ピエール・エルメ氏、柳 正司氏。

リヨンにて一泊、シラに行ってきました!
Sirha(シラ)とは、2年に一度、フランスのリヨン・EuroExpoにて開催される大規模なサロンで、レストランやホテル産業をはじめ、パティスリー・ブランジュリーの業務用厨房機器など、外食産業に関わるものが展示される見本市。(しかも今年は20周年!)

私は今回はじめて訪れました。

さらに、その会場の一角では、パティスリーの世界大会(Coup du monde de la patisserie)が催されています。
コンクールには2日間あわせて計22カ国が参加。

ちなみに前回のコンクールの優勝国は日本!

コンクール会場に入ると、日本チーム応援団により、「ニッポンチャチャチャ!」が響き渡っていました。

私たちが訪れた日のプログラムは、
1、entremet chocolat(チョコレートケーキのアントルメ)
2、entremet glace(アイスクリームのアントルメ)
3、dessert a l'assiete(皿盛りデザート)
(そのほかには審査対象として、氷の彫刻、ショコラのピエスモンテ、飴のピエスモンテなどがあります。)

c0069026_524237.jpg
審査員席には栄誉会長として、あのピエール・エルメ氏の姿も。
c0069026_5241537.jpg
出来上がったチョコレートケーキはこうして審査員の前を通過し、そのあと切り分けて味を見つつ、審査されていきます。
どれもこれも美味しそうなアントルメばかりで、見てるのが結構つらい。
ちなみに試食なんてのは当然ありませんでした。
c0069026_6115263.jpg


(しかし審査員側も、一人当たり11種類×3のお菓子を食べなければならないのは、大変…)
なんてことを思いながら、観戦。

お腹が空いた私たちは、サンドイッチコーナーで、ふつうより高めの(笑)サンドイッチを買って食べました。

さてそのあとコンクール会場に戻ると、さっきよりもさらに観客が増えていました。
なんとか席を確保し、再び観戦。
イタリアチームのアイスケーキが美味しそうだったなあ…

しかし、アイスクリームデザートの回のあと、問題が発生。
会場を一度出た私たち、今度は席に戻れなくなってしまったのです。
入り口には警備員。
混雑を避けるための入場規制が突如はられてしまい、再入場をあきらめた私は友人とサロンを改めて見てまわることに…。
c0069026_532318.jpg
日本チームのアシエット・デセールはゆずを使ったもの。
サロン会場内のシラテレビにて、コンクールの続きを追う…

一体どこの国が優勝するのか。
私には想像もできません…。
c0069026_6111426.jpg


続きます

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

by blueblau1 | 2009-01-28 05:35 | Lyonリヨン

2005年9月渡仏〜2011年12月帰国までのフランス滞在の記録と、現在の日常の暮らしや子育てのこと。熱しやすく冷めやすい自分のための備忘録的なブログです。


by blueblau1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30