アンヴァリッド近くのパン屋さんへ

c0069026_51040100.jpg
アンヴァリッドからほど近い場所にあるパン屋さん。

その名も「Le Boulanger des Invalides(ル・ブランジェー・デザンヴァリッド)」。
一見目立たない外観だけど、中に入ると天井に描かれた絵と、明るい水色の壁。
棚にはずらりと並んだパンたちが!
c0069026_5105249.jpg
手前にはイートインコーナーもあり、好きなパンと一緒にコーヒーなども飲めます。
c0069026_5111041.jpg
リヨンに本店があるパン屋さんだそうで、クロワッサンやパン・オ・ショコラの中に、リヨン名物のピンクのプラリネ入りのブリオッシュの姿も。

パン以外にもケーキがおいてありましたが、最近めったに見ないような、古風な感じのお菓子でした。でもそれがなんだか、このお店には合っていました。
c0069026_5112136.jpg
どれにしようか迷ってしまうヴィエノワズリーたち…。
c0069026_5121014.jpg
右側の壁にかかってるのは、リヨンの有名な料理人、ポール・ボキューズ。
彼のレストランにもパンを卸しているそう。
c0069026_5155480.jpg
コーヒーと、甘いプラリネ入りのブリオッシュにしました。友人はクロワッサン。

しかし、小腹が空いたときのほんのり甘い菓子パンって、しみじみ美味しいなと思います。
次回はもっとお腹を空かせて、2~3種類のパンを食べてみたいと思います。
c0069026_5253011.jpg
これは、買って帰ったライ麦パン。
ライ麦パン、久しぶりに食べましたが、こんなに美味しいものだったっけ…
もっちりしてて、酸味のある生地に、バターをつけて食べると止まりません。
こういう酸味のあるパンって、バターをつけて食べるためにあるんだと思うくらい、相性がいいんですよね…危険です。
c0069026_525446.jpg

Le Boulanger des Invalides - Jocteur
14 Avenue de Villars
75007 Paris
休み:日

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-02-10 05:16 | パリのカフェ・サロンドテ
<< またまた雪 赤ちゃんが生まれた! >>