クロワッサンを焼いた

c0069026_13493033.jpg
帰ってきてからちょこちょこ作っていますが…
珍しくパン系を。
学校で習ったクロワッサン(croissants feuilletes)を食べたくて復習したくて作ってみました。
教わったルセットでは大量にできてしまうので、1/4の量で。
それでもかなり多く(全部で16個くらい)できました。
c0069026_13552513.jpg
私はクロワッサンが大好物。
ブログ内で「クロワッサン」で検索するといろいろ記事が出てくると思います。よかったらご覧ください…。

クロワッサン作りで難しいのは、やっぱりバターを折り込む作業。
学校で作った時はラミノワという、生地を伸ばす専用の機械を使ったので簡単でしたが、自分でやるとバターが中でちぎれるは溶けるはで、失敗…。
折り込んで伸ばす際にバターが冷えすぎていたようです。

きれいな層はできませんでした…が、それを抜きにしたら、味は抜群です!
c0069026_1350233.jpg
Angelinaのマロンクリームは、パリのボン・マルシェでお土産用に購入。
シンプルなクロワッサンは、トースターで軽く焼いてそのまま、もしくはヌテラやマロンクリーム(↑)を塗って。
はあ、たまりません。

ところで、バターとあんこの相性って、とってもいいんです。
あんこを入れた、パン・オ・ショコラならぬパン・オ・あんこを作ってみました。
c0069026_13503812.jpg
あんこも手作り。
最後にfleur de selを少し入れて。

<あんこの材料>
あずき300g
砂糖120g
三温糖100g
fleur de sel 小さじ1/2
c0069026_13505431.jpg
表面には、焼き上がりにうっすら砂糖がけをしました。

生地の半分はプレーンなクロワッサン、残り半分は翌日あんこ入りで、焼いて楽しみました。
コーヒーとの相性は抜群!です。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-07-26 14:09 | Mes patisseries私のお菓子
<< パティスリーの焼き菓子 フランスのアイスケーキ >>