チョコレートのエクレア

c0069026_16361747.jpg
Eclair au chocolat
チョコレートのエクレア


無性に食べたくなって作ってみました。
そういえばフランスのお菓子屋さんには、たいてい置いてあるこのお菓子。

フランスらしいお菓子のひとつですね。
c0069026_16404296.jpg
シュー生地にはココアが入って、全体的にビターで甘さ控えめ、だけど濃厚。
c0069026_1641530.jpg

柔らかいクリームだけではなく、その間にはさんでみたチョコレートの板の、パキパキした食感がとてもいいアクセントになって
「チョコレートを食べてる」感じがしっかりします!
表面は甘いフォンダンではなく、ココアと生クリームがベースのグラサージュ。
美味しくて満足。また作ろう♪
c0069026_16412788.jpg

パリにいた時、上の部分がクッキーシューになっていたり、
チョコレートの板がフォンダンの代わりに使われていたりと、見た目が現代風になってるエクレアをよく見ました。
c0069026_2182895.jpg
パリのpain de sucreのマンゴーのエクレア。
c0069026_2203638.jpg
La maison du chocolatのフランボワーズとショコラのエクレア。

最近のパリのお菓子屋さんの傾向みたいですが、昔ながらあるお菓子が各店によってアレンジされるのも、新鮮で楽しい。
c0069026_221256.jpg
ちなみにLa maison du chocolatのキャラメルのエクレア(右側)は絶品。高いけど…。

スタージュ先でもエクレアやルリジューズがあり、毎朝そのグラサージュをしていたのですが(ちょっと懐かしい…)、温度が低いと厚くなってしまうし、逆に高いとマットになってしまい、美味しそうにツヤよくフォンダンがけするのが実は難しいのです。
c0069026_217212.jpg
クリームたっぷりで美味しかったな…ブリストルのエクレア。手で持って重さが「どっしり!」という感じでクリームを詰めてました。
c0069026_2222713.jpg
こちらはパリsadaharu aokiのミニエクレア。過去にあったサロン・ド・ショコラのときの写真です。
ゴマ味や抹茶味、塩キャラメル味…いろんなバリエーションがありました。
c0069026_229659.jpg
ビアリッツのお菓子屋さんにもやはりエクレア。

関係ありませんが、ユーロが107円台になりましたね。
かつては160円台の時もあったというのに…!
はあ…なんだか複雑な気持ちです。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-08-27 16:46 | Mes pâtisseries私のお菓子
<< 10位♪ 浅草 >>