Mes pâtisseries私のお菓子

友人とお菓子作り

c0069026_13321530.jpg
パリでできた日本人の友人宅にて、先日、一緒にお菓子作りをしてきました。
作ったのは、ダコワーズが土台のこのお菓子。

まずカスタードクリームを炊いて冷ましておき、
ダコワーズを絞って焼き、焼いてるうちにお茶、焼きあがって冷ましてる間にもお茶して。
ダコワーズ、メレンゲをたてる時点でちょっと不安要素が・・・だったのですが、
なんとか焼けました。


待ってる間、友人は今年生まれたばかりの赤ちゃん(めちゃくちゃ可愛い)にご飯をあげたりミルクをあげたり。遊んであげたり寝かしつけてたり。すっかりお母さんです。
c0069026_13322567.jpg
フレッシュのフランボワーズは日本ではなかなか手の届かないフルーツ。
フランスにいる間はできるだけ食べておきたいもんです。

バニラもたっぷり入れたので、クリームは最高に美味しくできました。
ダコワーズも外はサクッ、中はフワッと焼けて食感がいい。
このお菓子は材料も複雑ではないし、友人も「また作って復習しよう♪」と言ってくれました~

直径20cmのもの1台と15cmのもの1台ずつ焼いて、小さいほうは果物なしの状態で持ち帰った私。
後でイチジクとフランボワーズをのせました。
c0069026_133326100.jpg
c0069026_13325697.jpg
美味しかったので、思わず断面も。
サックリしたダコワーズとバニラたっぷりのカスタードクリームに甘酸っぱいフルーツ、文句なしの味♪
c0069026_13331537.jpg
持ち帰る際に入れてくれたHugo&Victorのケーキの空き箱。
内側のシックな黒とイチジクの色がマッチしてると思うのですが・・・どうでしょう。
c0069026_13324420.jpg
Yちゃん、また作って、いろんなフルーツで試してみてね。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-16 13:54 | Mes pâtisseries私のお菓子

2005年9月渡仏〜2011年12月帰国までのフランス滞在の記録と、現在の日常の暮らしや子育てのこと。熱しやすく冷めやすい自分のための備忘録的なブログです。


by blueblau1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31