Cake carotte

c0069026_217556.jpg
にんじんケーキ…という呼び名にはどこか懐かしい響きが。

c0069026_2172967.jpg
カソナードにバニラシュガーを加えた、優しい味のにんじんケーキ。
フランスのにんじんは、日本のものより甘く、食べやすいような気がします。
c0069026_2175031.jpg

断面を見ると、にんじん、倍くらい入れてもよかったかも?
ちなみににんじんは、結構粗く刻んでも大丈夫です。くれぐれもすりおろさないように!


Cake carotte

卵1個
卵黄2個
カソナード100g
バニラシュガー1袋
溶かしバター120g
アーモンドプードル60g
薄力粉110g
ベーキングパウダー小さじ1(粉と合わせてふるう)
にんじんのみじん切り150g(水分が出るのですりおろさないこと)

以上を、丁寧に混ぜ合わせていくだけ。
型に8分目まで流し、180度のオーブンで45分ほど焼く。

※好みでペカンナッツ、クルミなどを刻んで加えても。

乾燥しないようにラップでぴったり包み、冷蔵庫で保存。バターケーキは冷やして食べるのも美味しいです。おやつにはもちろん、朝ごはんにも。

人気ブログランキング
クリックお願いします



関係ないのですが、
今のスタージュ先のパティスリーは、ガルドマンジェ(前菜を作る厨房)と隣り合わせなのですが、そこで働いているスーシェフ、彼はなんと日本人です。
フランス語はペラペラ。
外国人なのにこの場所でスーシェフの地位に、それだけでもすごいのですが、うーん、さすがだなあ、と思ったのが、周りのフランス人に対してきちんと注意したり怒ったりするんです。
その怒り方もまるでフランス人のようで、怒られた側は自覚があるのか、しーんとしてます。
で、誰かがちょっとした失敗をやらかした場面で、皮肉を言ったり、はやし立てるところも、すごくフランス人っぽい…(そこまで言わなくても、と思う時も^^)。

これだったらなめられることはないだろうな…と思いました。
見ていて気持ちがいい。見習いたいものです。

それと同時に思ったのが…

パティスリーにいる皆さん、個性的というかあくが強いというか…
カルシウムが足りてないというか…

ことあるごとに私にストレスをくれる皆さんですが。

ここではそれぐらいでないとやっていけないんだ…という事実に気がついたんです。
ここの皆が皆そういうわけではなく、一部の人に限ってのことですが、
ずるさ(要領のよさというのか)と、人を利用したり、押しのけたりするくらいの精神がないと、残れないのかも…と。
他人に対する遠慮、特におひとよしは、ここでは損をする!

これがちょっと今日感じたことです。

私もあんまり気にしすぎないようにしなきゃ。

もちろん、指導力があって、他人に優しく、余裕をもって仕事ができる人、これが私の理想です…。
by blueblau1 | 2008-01-30 06:24 | Mes pâtisseries私のお菓子
<< ワインとマスタードと絶品パンデ... アオキ >>