カテゴリ:ストラスブールのパン屋さん( 23 )

une quiche s'il vous plait

いつのもパン屋さんで初めて買ってみたサーモンのキッシュ。
c0069026_5135042.jpg
頼むときは「〇○シルヴプレ」と言えばいいのだが、「○○」の前につける不定冠詞(unかune)を間違えると、あんまり伝わらないみたい…。
レモンの薄切りがのっている。鮭の塩、クリームの塩、タルト生地の塩、とかなり塩気のきいたこのタルト。でも、とてもおいしかった。少しカニのほぐし身(多分かにカマみたいなの)も入っていた。
c0069026_5142294.jpg
また食べたい!
励みになります、応援お願いします!
c0069026_1741346.gif

by blueblau1 | 2006-05-19 05:02 | ストラスブールのパン屋さん

食いしん坊2人が行く

美食倶楽部は健在(?)…太陽の降りそそぐ中、川べりでサンドイッチを食べる!という目的を達成するため、パン屋さんモンペールでサンドイッチを仕入れる私たち。
c0069026_6344671.jpg
左:poulet mayonnaise(鶏肉のマヨネーズ和え)右:jambon beurre fromage(エメンタールとハム・トマト・レタス・ピクルス)
実際に座ってみると地面の草はひんやりと湿っていて(もっと乾いているかと思った)、でも川の流れを眺めながら食べるのは、なんともいえないいい感じであった。

さらに
by blueblau1 | 2006-05-04 06:23 | ストラスブールのパン屋さん

GROSS

c0069026_8214077.jpg
レ・アールというショッピングセンターの中にあるGrossというお菓子屋さんのクロワッサンと、オザマンド。うん、焼かなくてもさくさくして美味しい・・・が、やっぱり焼いたほうがもっと美味しいので、焼いて食べる。
オザマンドは、中のアーモンドクリームはしっとりとして、まるで白アンのような色となめらかさ。
by blueblau1 | 2006-04-24 08:20 | ストラスブールのパン屋さん

昨日と同じパン屋さん

何かヘンだ…今日外に出てそう思った。やけに静か。そして人影もまばら…。何かがおかしい…と思ったら、今日はどうも祝日らしい。お店が全部閉まっている!!ビックリ…知らなかった。
開いてるパン屋さんが一軒。
c0069026_75348.jpg
普段は果物を使った、見た目素朴なタルトをおいているこのパン屋さんだけど、今日並んでいたのは、復活祭(パック)を意識したお菓子。パン屋さんですら、こんなに可愛いケーキを見ることができるなんて、幸せだ。
by blueblau1 | 2006-04-14 07:04 | ストラスブールのパン屋さん

パック

c0069026_72410.jpg
復活祭の、ウサギや卵をかたどったお菓子をよく見かける最近。
パン屋さんで買ったウサギのサブレ1euro。
中はフランボワーズジャムが挟まれて、表面は砂糖のグラスで覆われている。
c0069026_73136.jpg
さっくりと固めのクッキー生地で美味しかった。
このウサギの型、欲しいなあ~。
by blueblau1 | 2006-04-13 07:00 | ストラスブールのパン屋さん

第一回目 美食探検会(仮)

c0069026_8485474.jpg
MOFのパン屋さんへ行ってきた!

美食探検会(仮)とは…
by blueblau1 | 2006-04-07 08:44 | ストラスブールのパン屋さん

ジャムをいろいろ試す

c0069026_9173724.jpg
雨の中、友達が連れて行ってくれたパン屋さんで買った、ココナッツのクロワッサン(左)とオザマンド(右)。ココナッツのは三角形をしていて、オザマンドのココナッツバージョン。
さらに、スーパーで新たにジャムを2本購入。

More
by blueblau1 | 2006-04-05 09:16 | ストラスブールのパン屋さん

バゲット・トラディショネル

c0069026_6583953.jpg
パン屋さんで。エクレアはフランス菓子の定番。私は表面に光る、この甘いフォンダンが大好き。中のカスタードのほうは、ちょっと歯にくっつく感じがしてイマイチだったけど。

c0069026_70355.jpg

右からバゲット・トラディショネル、バゲット、サンドイッチ・オ・ジャンボン、エクレア・カフェ。友達と買ったからいろいろあります。トラディショネルは表面がこんがり焼けてて、香ばしかった。




c0069026_6593227.jpg


また今日もジャムをのせて。売ってるジャムを色々試したいのもあって、消費量が通常の比ではない…。
by blueblau1 | 2006-04-03 06:57 | ストラスブールのパン屋さん

poisson d'avril

c0069026_126353.jpg
4月1日はエイプリリフール。フランスではポワソン・ダブリルという。パティスリーでは魚(ポワソン)をかたどったお菓子が並びます。でも、なぜ魚なのか?それは知らない…。どうやら色々な説があるそうです。

タルティーヌ
by blueblau1 | 2006-04-01 04:07 | ストラスブールのパン屋さん

クロワッサンにはまる

クロワッサンの美味しさに目覚めた私。

子供の頃、クロワッサンは手に持つと軽いのに、すぐお腹がいっぱいになってしまうから嫌いだった(というか単なる食べすぎ?)。
ところが、大人になって気持ち悪くならない程度の自分の適量がわかるようになった今、朝に食べる一個の焼きたてのクロワッサンは、いまや私の楽しみのひとつに。
フランスはさすがにクロワッサンが美味しい。

私の理想のクロワッサンは、皮の層がサクサク軽く、ハラハラと薄くて、中はし~っとりとしていて(ここが肝心)、ひきがあるもの。サクサク感としっとり感を楽しむため、食べる時は、必ずトースターで軽く焼いてから食べる。
焼けてくると、バターのいい匂いがしてくる。
熱々を少し待って、ほどよい温かさになったところを食べると、もう

し あ わ せ…

ジャムをつけずとも、ただ焼いたそのままでとっても美味しい。
普通のプレーンなクロワッサンが一番好き。
きっと今の私のコレステロール値は急上昇に違いない…でもやめられない!
c0069026_514452.jpg


つづき
by blueblau1 | 2006-03-29 04:45 | ストラスブールのパン屋さん