カテゴリ:Mes pâtisseries私のお菓子( 252 )

お菓子便

c0069026_1758113.jpg
Iさんへお届けするお菓子・・・

もやもやっとしてた気分をやっと吐き出したからか?
元気が出てきて・・・やる気が出てきた!

今日は快晴!
久しぶりにシーツを洗ってフトンを干しました。気持ちいい!
c0069026_17581970.jpg
とりあえず型に紙を敷いて準備~♪

まずは!バナナケーキを焼きましょう♪
c0069026_17583521.jpg


素朴な焼き菓子ではありますが・・・
私は大好き。

私のパリ最後のスタージュ先だったル・ブリストルのバナナケーキは、バナナケーキならぬ非常に華やかなたたずまいの、
それはそれはセレブなバナナケーキ・・・

焼き菓子好きの私は、ワクワク嬉しくなったものです。

さて、今回使うお砂糖は!

本当はカソナードを使う予定だったのですが・・・急にひらめきが!(?)

「そうだ!アレだ!!」

c0069026_17582289.jpg
これこれ。コレだ!(手前)
c0069026_1758254.jpg
この黒いお砂糖は、やしの木の黒砂糖!
前回訪れた旅行先、バリ島ウブドのスーパーで手に入れた品。
ようやく使うときがやってきた!

南国を意識した、そんなバナナケーキ・・・♪

生地を混ぜて混ぜて、型に入れてオーブンに焼いてもらってる間に・・・
c0069026_17584056.jpg
最近のブログでおなじみ(?)中が生焼けのチョコレートの焼き菓子「ミ・キュイ」の生地を室温に出して型に絞ってスタンバイ・・・

そうこうしてる間に!
オーブンから漂うあま~い香り・・・
c0069026_17584546.jpg
おお!
このあま~いあま~い、いい焼き色&香り。
いつになく、大成功な予感のバナナケーキ・・・
c0069026_1759532.jpg
お次は、こちら。焼く前のお姿。

c0069026_1813302.jpg
焼き上がり♪

これが・・・何度やってもですね。

焼きムラが出ないように生地もちゃんと同じグラムに量って、天板を途中で前と後ろを回転させたりもしてるのですが・・・
見事に、ムラムラな焼き上がりなんです・・・。ガクッ
c0069026_1816118.jpg
同じ焼き時間でこんなに焼き加減が違うふたつ・・・
なので、いつも必要以上に余分に焼いてます。

左上のは、網に移す際に転倒。
真ん中の柔らかい部分がボトッと落ちてしまいました。
c0069026_18175334.jpg
ということで・・・疲れたし・・・
ここらでコーヒータイムとしましょう。(早い)
あ~どっこいしょ・・・
c0069026_17593137.jpg


c0069026_18183913.jpg
ほんのり温かい状態でいただくのがたまりませんね。
c0069026_17592134.jpg
と、何気なく目に入る、いつも使ってるこのティーポーット。
思えば、パリの「ラ・ヴェセルリー」という食器屋さんで買ったものでした。
ふと。「そうだった・・・」と、懐かしい気持ちになりました。

普段見慣れてると、それはどこでいつ買ったものだったのか、忘れていることってありますよね。

パリのジャック・ジュナンのサロン・ド・テでは、お菓子には真っ白な食器だけを使っていて、「素敵!いいなあ~っ」て思いました。
白い食器でそろえることに、すごく憧れてます。

c0069026_18313199.jpg
ボーっと、目の前に焼きあがったお菓子たちを眺めていると・・・
c0069026_18314262.jpg
カメラを持って、写真を撮りたくなりました!
c0069026_18315268.jpg
いい表情のお菓子たち・・・
7年前、自分が作った、美味しそうなお菓子の表情を撮ることが大好きで夢中だったころの気持ちを、久しぶりに思い出しました。
c0069026_183225.jpg
忘れていたあの気持ちがよみがえったんです。

「いいね、いいね、美味しそうだね~!」

ひとり、カメラをバシャバシャやる私・・・
あら、とってもあやしい。笑
c0069026_18321255.jpg


続きます。

人気ブログランキングへ
クリックお願いします♪
by blueblau1 | 2013-04-04 18:21 | Mes pâtisseries私のお菓子

ミ・キュイ/mi-cuit チョコレートの焼き菓子

c0069026_10143451.jpg
mi-cuitはフランス語で「半焼き」の意味。

私にとって一番思い出深いフランスのお菓子。
フランスに暮らす前に、旅行で訪れたお菓子屋さん「アルノー・ラエール」の「モエルー・オ・ショコラ」を食べて感激したのが、このお菓子との出会い。
それから2006年、ストラスブールからパリに引っ越して暮らし始めたばかり、語学学生だった頃、サロン・ド・ショコラに出かけ、アルノー・ラエールのブースで、レシピの載ったページにシェフにサインをしてもらいました。
翌月私は、動機書とCV(履歴書)をもってお店に行って、シェフに研修をしたいとお願いをして、運よく、
念願の厨房に入ってお菓子を作ることができました。
大好きなモエルー・オ・ショコラの仕込をしたときは、ほんとうに嬉しかった。
※スタージュ(研修)中の記事はこちらから
本家おおもとの「モエルー・オ・ショコラ」の画像はこちらからどうぞ♪
c0069026_10144377.jpg
半焼けの状態に焼き上げたチョコレートの焼き菓子。
フランボワーズの酸味ともよく合います。
チョコレートはヴァローナ社のグアナラを使っています。
c0069026_10145225.jpg
「モワルー・オ・ショコラ」と「ミ・キュイ・オ・ショコラ」(もしくは「フォンダン・ショコラ」ともいう)。どちらも中が柔らかい状態のチョコレートの焼き菓子のことですが、私は短くミ・キュイと呼んでいます。
c0069026_1025137.jpg
これは、ブリストルで習った、レモンのマドレーヌ♪
研修中、本来は熱々でなければいけないのに、冷たい溶かしバターを入れて失敗したのも、今ではいい思い出(?)。笑
c0069026_10245220.jpg
最近の焼き菓子。
c0069026_1025262.jpg
サクサクのロミアスのクッキー生地をいろいろ。
c0069026_1028202.jpg
ベルーエ・コンセイユで習ったルセットなのですが、この生地はダントツで美味しいです。
c0069026_10283492.jpg
c0069026_10301795.jpg
c0069026_10571898.jpg
お菓子をちょこちょこ焼いて、知り合いの方にお届けする機会もありました♪
c0069026_103046100.jpg

by blueblau1 | 2013-02-13 08:32 | Mes pâtisseries私のお菓子

6日のこと

えみすけこと、えみちゃんの誕生日!
・・・の、前祝い(じじばば&おば=私)に、姉宅にお邪魔してきました。
c0069026_9474520.jpg


大雪の予報で予定変更になりそうだったけれど、みぞれ程度ですんでよかったです♪

最近巷で流行っているという、この、デコロール!
c0069026_9431321.jpg

私も見よう見真似で挑戦してみました。

焼きあがったときのワクワク感が楽しくて、流行ってしまうのがわかります。

今回のような水玉模様のほか、クマ柄やイチゴ柄など、アイディア次第でいろいろあるらしいです。

できあがりは、まるでふわふわのタオル生地のようで、ほほずりしたくなります。笑
生地は、卵とバターがたっぷりと入った、もっちりふわっとした、スフレ生地。
c0069026_9481388.jpg


えみすけは、今年で3歳。
クレヨン(水性)とノートをプレゼントしたら、さっそくお絵かき♪・・・ではなく、
ひたすら、「ぐるぐる~」うずまきを描き続けるのでした。

真新しかったクレヨンは、一瞬にして使用感たっぷりなよれよれクレヨンに。笑

「またつくってね!」と、ニコニコしながらケーキを食べてくれるえみすけ。
私たちが帰った後、寂しくて泣いてしまったというえみすけ。
c0069026_9444721.jpg


えみすけの弟くんは、コアラの親子みたいに、姉の背中にべったりの、生後6ヶ月の赤ちゃん。
皆が弟くんに注目したりすると、えみすけは面白くなくて、やきもちを焼くのです。可愛い。
c0069026_946289.jpg


えみすけ~!

3歳のお誕生日おめでとう。
また遊びに行くからね。
by blueblau1 | 2013-02-06 09:17 | Mes pâtisseries私のお菓子

こだわりのお菓子便

c0069026_1215292.jpg

先週末は、頼まれものの焼き菓子セットを作っていました。
私の大好きなお菓子を入れた「こだわりのお菓子便」。
お菓子を焼いて、包装して、お菓子の紹介の紙(手作り)とともに、箱に詰め詰め・・・
詰める作業が一番楽しい♪

お菓子を焼いてお届けするのは、フランスに行く以前に、知り合いの方に注文を受けてよくさせていただいていました。

パリの研修先だったブリストルの厨房で焼いていたマドレーヌ(結婚式の引き菓子にもしました〜)と、ミキュイ(mi-cuit)という、半焼きのチョコレートケーキ、フィナンシェやロミアスなどを詰め合わせて。
c0069026_12151131.jpg
いざ発送!

※使い慣れてない真新しいオーブンで、マドレーヌを焼く温度がつかめず・・・
形が悪く焼き上がってしまったマドレーヌの失敗作。
溶かしたチョコレートに浸し、チョコレートフォンデュにして食べようかなあ。笑
普段は甘いものを食べないSさんですが、チョコレートは好きらしく、余ったミキュイをたくさん食べてくれるので助かります。

c0069026_1263497.jpg

旅の思い出その1:タイのグリーンカレー
バンコクのスーパーで、いろいろグリーンカレーセットとかペーストを買ったのですが、この日のお昼に。
c0069026_12143871.jpg

お米はSさんが帰りの空港で手に入れたタイ米も使って。

グリーンカレーには、鶏肉とナスを入れました。ナンプラーも入り・・・。
この匂い・・・気分はバンコク。
あのグリーンカレーを食べたレストランに居るみたいでした。

c0069026_1262443.jpg

旅の思い出その2:ウブドの数少ないスーパーで買った、「コピ・ルアック」。
(「コピ」はインドネシア語でコーヒーのこと。)
ジャコウネコの糞が原料の、幻のコーヒーと言われるコーヒーなのです。
美味しいかと言われると・・・「???」ではありますが(笑)・・・
c0069026_1323919.jpg

コーヒーいろいろ。
あの炎天下の暑い中、スーパーまでテクテクと歩いて買い求めたことも含め、味わい深いです。



書店に寄ったら、パリのお菓子屋さん「パティスリー・デ・デーヴ」の新しい本が出てて、ワクワクしながら立ち読み・・・。
またこのお店のショソン・オ・ポムやサブレが食べたいものです♪
by blueblau1 | 2013-02-04 12:26 | Mes pâtisseries私のお菓子

フルーツケーキ試作中!/Cake aux fruits

c0069026_10181658.jpg
フルーツケーキの試作をしています。
イチジク・プラム・アンズ・レーズンなどのドライフルーツをたっぷりと詰め込んだ、大好きな焼き菓子。
パリの研修先やお菓子屋さんでも、いろいろな配合のフルーツケーキがありました。
ベルエコンセイユで習った焼き菓子は、基本の粉がよいので、当たり前なんですがどれも本当に美味しかった!また食べたい。
c0069026_10184355.jpg
バニラビーンズ

通常のフルーツケーキもいいのですが、今回は私の大好きなバニラの風味を加えようかと考え中・・・。
シュトーレンにバニラビーンズが入ってるレシピがあって、それがすごく美味しかったので。
c0069026_10184278.jpg
中のドライフルーツの量をもう少し減らそうかな?
食べたときにちょっと重くなりすぎたような。
具が多ければいいものでもないのが、難しい!

ベーキングパウダーで膨らませるレシピ(フランスはこの配合がほとんど)、メレンゲの力で膨らませるレシピ。
ドライフルーツもお酒に漬けたり、砂糖漬けのものだったり、セミドライのものだったり、それぞれで味わいが変わるし、お酒の種類も定番のラム酒だったりグランマルニエなどの柑橘系だったりで、また変わってきます。
はたまた焼き上がりにシロップを打ったり打たなかったり、お酒を振りかけたり・・・
以前の研修先のレストランでは、シェフが焼きあがりにラム酒を瓶から直接これでもか!と、ばしゃーっと振りかけてました。笑

うむむ~。
試作はもう少し続きます!

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2012-11-11 10:39 | Mes pâtisseries私のお菓子

スペキュロスのミルクムース

c0069026_22495042.jpg
ハートの型で作ってみた、スペキュロスのミルクムース。

「スペキュロス」、皆さんご存知でしょうか?

私がフランスではまっていた、スパイス入りのクッキー。

もとはベルギー発祥のお菓子で、市販のものではロータス社のものが有名です。
甘くスパイス入りの独特な味わいは、エスプレッソや濃い目に入れたコーヒーのお供に、実にぴったりなのです。→コーヒー党

一時期お茶請けといえばこればっかり食べてた…。
懐かしの味です。
c0069026_22495048.jpg

で、そのクッキーをペースト状にしスプレッドにした商品がこちら。
やはりロータス社製。
c0069026_2250512.jpg

輸入食品を扱うお店で購入できます。
確か750円くらい。


そのまま食べるとかなり甘いですが…しっかりスペキュロスそのまんまの味わい!
c0069026_222297.jpg
中には、フランボワーズのコンフィを入れてます。
c0069026_22522729.jpg
この酸味がスペキュロスのムースとあいまって、ぺろりと美味しく食べられてしまいます♪

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2012-06-02 21:35 | Mes pâtisseries私のお菓子

チョコチップたっぷりの濃厚ブラウニーと手打ちパスタの夜

c0069026_18135436.jpg
今日のおやつ♪

コート・ドールのミルクチョコレート、ココアに、たっぷりのチョコチップを投入して焼いてみました。
c0069026_21273929.jpg


チョコレートを使ったお菓子は、生菓子・焼き菓子ともに、当日よりも翌日以降が美味しいですね。
常温でもよし、冷やしてもよし。



今日は最近にしては珍しく、夕方家にいたのですが。
家に眠ってるという「パスタマシン」の存在をふいに思い出し・・・
c0069026_21172544.jpg
母がずっと昔に購入したが、いまだ未使用とのこと…。汗

なぜか、突然手打ちパスタをしてみました。笑
c0069026_21215874.jpg
こ、粉だらけ…。


さて、その出来はいかに…。

c0069026_21225324.jpg
茹でてから、生クリームとトマトソースで味付け。
突如我が家の今夜の夕食の一品になりました。

見た目イマイチだけど・・・汗
市販品にはないモチモチ加減で、とっても美味しかったです♪

パスタマシン(マシンというほどではない気がするけど)での手打ちパスタ作り、面白いではないか!
また挑戦してみよう♪

<材料>
薄力粉200g
卵2個
オリーブ油小さじ2
塩小さじ1
以上をボウルに入れて混ぜ、台の上でこねて丸めて冷蔵庫で寝かせるだけ!


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2012-06-01 23:12 | Mes pâtisseries私のお菓子

bien-etreさん♪

私のパリ滞在時代に、ブログを通じて出会ったbien-etreさん。
※彼女との最初の出会いはこちら。

私より数年早くに帰国され、現在は日本で食の世界にて、幅広く活躍されてます。
本当にいろいろなことにチャレンジされていて、バイタリティー溢れる、でも近よりがたいわけではなく、いつでも自然体なところが、ほんとにほんとに素敵な女性なんです。

自分の目指す場所へ向かって、まい進するその姿は、まぶしいばかり・・・☆

そんなbien-etreさんの上野にあるご自宅に、夜のたった2時間だけお邪魔させていただきました。
これまたパリで一日だけご一緒したことのある(実に4年前??)、女医であるkさんと、初めてお会いするbien-etreさんのご友人もご一緒に♪
おふたりはその日bien-etreさんの上海料理教室を受講されてたそうです。

c0069026_17471967.jpg
恐れ多くも・・持参させていただいたお菓子(ブルーベリーを散らしたダコワーズに、ミルクチョコレートのムース、プラリネのクリーム、フィヤンティーヌ)。
c0069026_21431868.jpg
パリのベルエ・コンセイユで習って以来、大好きで帰国してからは何かにつけよく作ってます。

c0069026_1748833.jpg
こちらは、今は入手困難なフォションの食器だそう。
可愛すぎる!


こんな風に素敵にセッティングしていただき・・・
喜んでもらえてよかった♪
ロワゾー・ド・リヨンの焼き菓子とボン・ヴィヴァンのウィークエンド。
ご馳走様でした!


そして♪
今月開催される彼女の料理教室、申し込まさせていただきました♪
お題は「かき揚げと手打ちうどん」
料理教室に参加するのは、実は人生で初めて。

今からほんとに楽しみです!


食やお菓子への共通の趣味がある友人との時間。
貴重なこのご縁を、大事にしていきたいなと、しみじみ思うのでした。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2012-05-26 23:50 | Mes pâtisseries私のお菓子

日吉のお宅へ

2005年から去年12月まで日本を留守にしていた私だけど・・・

その間に同級生が結婚していたり出産していたりと、やはり20代後半~30歳って、特に女性にとってはいろいろ節目のお年頃なんだ、と思いました。汗

今日は大学時代の友人ゆりこさんの新居に遊びに行きました♪

今回ゆりこさん・あっこちゃん・さーりー・私のメンバーです。
ゆりこさんは7ヶ月になる可愛い赤ちゃんのお世話に急がしそうで…今は母親なんだなあと、なんとも不思議な気分。
c0069026_2241893.jpg
手前の大きなケーキをもっていきました。
友人は、二人分の栄養とらなきゃ~♪と言って、ぺろりとふた切れを完食してくれました♪
by blueblau1 | 2012-05-20 21:55 | Mes pâtisseries私のお菓子

オリーブ入りケーク・サレ

c0069026_22153841.jpg
新しいガスオーブン、のんびり楽しく使ってます。
塩味のケーキ「Cake salé(ケーク・サレ)」。
フランスでは軽い昼食としても食べます。
c0069026_22131752.jpg
ケーク・サレの作り方はいたって簡単。
卵に牛乳、オイル、粉に、チーズ入りのボウル
塩・胡椒して、大ざっぱにグルグル混ぜるだけ~。笑
c0069026_22134376.jpg
あとは具を加えて、オーブンで焼くのみ!
c0069026_2214552.jpg
焼き上がり♪
c0069026_22143429.jpg
こちらは、「富沢商店」で買ってみたドライチェリートマト(塩味)。
赤くて可愛い、と、入れてはみたものの・・・甘みが強すぎて、ケーク・サレには合わなかった。汗
c0069026_2215622.jpg
今度は何を入れて焼いてみよう?

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2012-02-06 22:24 | Mes pâtisseries私のお菓子