カテゴリ:Parisパリ( 306 )

Les Jours a Paris その3

前回に引き続き、自作の記事のご紹介・・・
c0069026_1927568.jpg
c0069026_19213081.jpg
c0069026_19241672.jpg
c0069026_19271741.jpg
こちらの2枚はローマ編♪
c0069026_19322158.jpg
ローマのジェラート、衝撃的に美味しかったなあ。
c0069026_19332951.jpg
c0069026_19344032.jpg
使ってあるフィルム写真の一枚一枚が宝物で・・・どの写真もわたしにとっては貴重なもの。
c0069026_19354678.jpg

「Les Jours a Paris」、これにて終了・・・もしかしたらまた、続くかもです^^
by blueblau1 | 2014-03-10 20:52 | Parisパリ

Les Jours a Paris その2

前回の記事の続きです。

お馬鹿な要素満載の内容ですが、興味のある方だけぜひどうぞ♪
c0069026_19391913.jpg

画像をアップするのに時間がかかるので、2回に分けてお届けします。
c0069026_941931.jpg

※印刷されている字が見えにくくてごめんなさい。
(画像を拡大しても見えにくいままだと思います・・・)
c0069026_98061.jpg
c0069026_19193695.jpg
c0069026_99532.jpg
c0069026_911153.jpg
c0069026_9145776.jpg
c0069026_91773.jpg



※2枚、画像のサイズがなぜか小さく表示されてしまいました。

続きます!
by blueblau1 | 2014-03-10 09:19 | Parisパリ

「Les Jours a Paris」

前々回の記事の続き・・・

10年前、パリで過ごした数日間が楽しすぎて、
帰って来てからさっそくWordで作った新聞(?)「Les Jours a Paris」。

その全貌はこちら!
c0069026_15384817.jpg

まずは第1ページ目からどうぞ・・・
※次回もこの記事の続きを紹介します。


今まで誰にも見せたことのなかった、この新聞・・・

若さ全快!
「若気の至り」という感じで恥ずかしいですが・・・

10年前と現在、頭の中身は、たいして変わってない気もしないでもないのが、我ながら意外で、面白いです。
by blueblau1 | 2014-03-10 07:40 | Parisパリ

フランスびっくり体験

昨日の記事を読んで、Sさんがちょっと心を痛めてるようです。
いや、金銭的余裕がないのは私が無職のせいで、世の中には共働きで二人三脚で家計を支えてる夫婦もあるわけで・・・ということを言いたかっただけなのですが・・・。
一馬力で頑張ってるSさんには苦労をかけます。
4割引のハーゲンダッツのアイスを食べてる時が今は何よりの幸せなので、これ以上は望んでないのよ〜。(弁解)


さてさて、
帰国直後〜最近まではフランス生活のことを振り返って思い出すことがなかったのですが、
このごろ、ふっと当時見た光景や人々が脳裏に浮かんでくることが多くて、
よく向こうでの暮らしを思い出しています。
c0069026_16411864.jpg


ストラスブールの凍り付くような冬の寒さ、
夏、早朝のパリのひんやりとした朝の空気や匂い、
一度だけ通りかかった小さな通り、
小さなアパートでのひとり暮らしの日々、
パリで知り合った人々との交流。
c0069026_16401679.jpg

来年以降は、きっと産まれてくる子供に振り回されることになると思うので、今のうちにその当時のことを、ゆっくり綴っておこうかなと・・・
c0069026_16385170.jpg



今日のお題は、「フランスびっくり体験」!笑

ん〜

渡仏したその当時は私もまだ23歳(帰国時は29歳)で、まともに就職した経験もなく、今思うと、見た目も考え方も非常に子供っぽく、
(考え方が子供っぽいというのは今も相変わらずですが)
きっと30歳くらいまで普通に生きて来た、普通の感覚の日本人が初めてフランスで暮らして感じるような
「何だそりゃ」とか「あり得ない・・・」といったような感情はめったに持たず、
深く考えずに「フランスって、こんなもんかあ〜♪」なんて、のほほんと受け入れつつ、流しつつ、暮らしていました。
c0069026_1639894.jpg

きっと、もともとの危険なまでに深く考えない適当な性格が、いろんな意味でおおらかなフランスに合っていたのかと、勝手に解釈・・・
c0069026_16392548.jpg


エピソードその①
「謎のおじいさん」
あれはまだ私が渡仏して1年未満、ストラスブールからパリに引っ越してから間もない頃・・・
ストラスブールで借りていた寮を引き払い、パリ在住の日本人女性のお宅を間借りして暮らしていました。時期は7月くらいかな?
c0069026_16383865.jpg


「さあー!パリのお菓子を食べに行くぞ!」と、朝から元気よく、ひとり光り輝くパリの街へ繰り出した訳ですが・・・

ある人気のない通りにさしかかって、ひとりのおじいさん(おじさん?)が、こちらをチラチラ見ながら私の前を歩いているのに気づきました。どちらかというと中東系っぽい風貌で生粋のフランス人ではないような。

そのおじいさんは、後ろにいる私から見えるよう、自分の腰あたりに後ろ手に腕を回しているのですが、
その手にはなんと!
お札数枚がヒラヒラしていたのです。
おじいさんは相変わらず、私の顔をチラチラと伺いながら、前を歩いています・・・

ホゲゲ〜!!
どういうこっちゃ??と思いました。

しかし、さすがに鈍感な私も、そのお金の意味するところはなんとなくわかったので、
そのおじいさんを猛ダッシュで追い越しました。
普通の住宅街の中の通りで、お天気のいい真っ昼間だったんですけどね・・・
c0069026_16334153.jpg

別に美人でもなく色気もない、あか抜けない中学生のような風貌の私になぜあのおじいさんは?一体あれはなんだったんだろう?と今でも疑問です・・・。

※パリは地区ごとに特徴があって、18区、19区、20区は比較的家賃も安いのですが、
治安に問題のある地区もあります。
露出度が異常に高く黒づくめのミニスカートの女の人(アジア系)があちこちに立っている、いかにも風俗街という場所も存在します。

あと、パリに引っ越す前の下調べでパリに来てる間、リュクサンブール公園でサンドイッチを食べていたら40代くらいのおじさんが話しかけて来て、語学学校の勧誘とかしてきて、うっとうしいから逃げたのですが同じメトロに乗って来て、ホテルまでついてきたおっさんがいました・・・最初のパリでは、変わったおじさんが多い印象。
c0069026_16333519.jpg



その②
「レストランで出火騒ぎ」
私がフランス生活最後に働いていたレストラン。
私はデザート担当で、その夜もそのお店のスペシャリテのデザートのブリュレ(砂糖の表面をバーナーでこがすこと)をしようと、バーナー(仏語ではシャリモといいます)のスイッチを入れました。
すると!
なんと開くはずのない蓋が吹っ飛び、炎が天高く吹き出したのです。汗
古くて、以前から調子が悪く、レストランのシェフもそのことは知っていたのですが...こんなことになるとは。

あまりの熱さにバーナーを床に落とす私。
床のバーナーはゴロゴロ転がりながらも、まだ火を吹き続けています。
幸い、どこも燃えることはなく、お店の人によってその火は鎮火されましたが。
手に火傷を負ってしまいました。(ビアフィン参照

さらに、営業が終わって、夜中に家に帰って鏡をみると、髪の毛の一部とまつ毛がチリチリになっていました。愕然・・・

火傷した手も痛くて痛くて、保冷剤を握りしめながら寝ました。

年末年始に遊びに来てくれたSさんが、納豆と共に持って来た保冷剤が、海の向こうでそのように役に立っているとは、日本にいるSさんも考えもしなかったでしょう・・・。

ほんと、火傷したのが手で、顔じゃなくて良かったとしか。(恐怖)
c0069026_16393365.jpg


その③
「鈍感すぎる自分」
パリに引っ越して間もなくの頃、ある日本人の友人のお宅での食事会に誘われて、知り合ったフランス人の男の子がいました。
年も近いこともあり、彼の職業はパティシエということで、彼も日本に興味があるということで、深く考えずメールアドレスを交換し、その後自宅に遊びに行って、彼の働くレストランのデザートを作ってもらったり、お菓子雑誌を見せてもらったりしていました。お礼に、私が日本食を作ってあげてみたり。
外国人の友達(しかもパティシエ)ができた!というような感覚で、です。

ある日、パソコンにメールが来たのですが、彼の恋心を匂わすようなことが書いてあるわけです。
うおお・・・そうなのか・・・なんでじゃ〜。
と、心底びっくりしました。
私は恥ずかしながらその時点で恋愛経験ゼロで、恋愛や男女のなんたるかもわかっておらず、メールを読んでも、ほんとにピンとこなかったのですが、つたないフランス語で丁寧に、恐る恐る「ごめんなさい」と逃げるようにメールしたのでした。

ん〜
これがある程度経験豊富な日本人女子だったら、家に呼ばれて美味しいお菓子を作ってもらった時点ですぐにピンと来て、ややもすると、キャッキャウフフな恋愛が始まっていたのかもしれませんね。
そのときお菓子のことで頭がいっぱいだった私は、そんなことに思いもよりませんでした。
c0069026_1641355.jpg

個人的にびっくりしたのはここからです。

帰国後、ふとその男の子のfacebookを見る機会がありました。
するとそこには!
彼と、彼の妻と思しきふくよかな黒人女性(華奢な彼の3倍くらいある・・・)と、さらにお子さんの幸せそうなスリーショットが!
おめでとう!の気持ちと、なんとも微妙なキモチに・・・
(ストライクゾーンが広すぎやしませんか?)。笑
人の人生って、不思議なものです。
c0069026_16464647.jpg

その④
これも似たような話ですが・・・
ほんとうに最初の頃の話。
日本からストラスブールに到着して、最初の3泊はホテルに寝泊まりして、それから探し当てたアパートに落ち着きました。
確かその時期、ちょうど小さな蚤の市が開催されていて、ふらふらと覗きに行って、古いけど安いタオルとかを購入しました。
後ろから何かささやくような声が・・・よく耳を傾けると「Bonjour...Bonjour...」。
小さな声で誰かが「こんにちは」と話しかけているようなのです。
「ヒイッ!誰?」と振り返ると、ちょっと浅黒い東欧系の顔立ちの、背の高い男の子でした。

知らない人から声をかけられるのが苦手で警戒するタチなので、フランス語もできなかったし、とりあえず「Bonjour」とだけ返してささっとその場を逃げました。

ストラスブールに住み始めのころはひとりでアパートを借りていたのですが、
そのうち友人のツテで、学生寮に移ることになりました。

洗面所は部屋にありますが台所は共有で、たまにパスタを茹でたり調理したりといったときは、そこを利用していました。
で、もちろん他の部屋の住人もそこを利用するわけですが・・・

なんとあのとき蚤の市で声をかけてきた男の子が、台所にいたのです。

最初の蚤の市から半年経ったころですから、びっくり。
もともと彼は日本に興味があったのか、
「君はキャプテン翼に出てくる女の子みたい(誰?)だね」
とか、いろいろ話しかけてくるのですが、適当にお茶を濁して自室に戻りました。
いや〜びっくりした・・・。
数日後、私の部屋の扉をトントンとノックしたのは彼だったのか・・・(ビビって出なかったけど)わかりませんが、それ以来会うこともなくストラスブールからパリに引っ越せたのでよかったです。

「今考えると、あれって、いわゆるモテ期というやつだったのかしら。」と勘違いしちゃう痛い私が居る訳ですが。
c0069026_164399.jpg


しかし、私は一重で地味な顔立ちの上、ほぼノーメイクだったし、背は低いし当時はおかっぱで女の子っぽい格好もしなかったし、
男の子や恋愛は遠い未知の世界の話だったし、故にまったく興味もなかった・・・。
あるのはフランスのお菓子への強い憧れと、若さだけだった。(遠い目)

当時はブログもネット環境が整ってなかったし、たまに更新するブログを見て、こちらの近況を知る日本の両親にもあれこれ心配かけたくなかったので、今だから書けることですが、
外国生活はほんとビックリなことがいろいろあるものですね(しかし当の本人は、さほど変なことだとはそのときは思わなかったりする)。
by blueblau1 | 2013-08-01 16:44 | Parisパリ

センチメンタルがとまらない

先月の後半は、結構いろいろなことがありました。

銀行口座解約にあたっての諸問題やらを解決するのに、右往左往しちゃったり(いつか書きますが…私の場合、口座をストラスブールで開いたので、パリで解約するとなると、とてもややこしかったのです。)、

残りの荷物をコリッシモ4箱+もう1箱分を発送したり(25kg×2箱のクロネコヤマトでやっぱり足りませんでした。)

私の次の部屋の入居者とのやり取りやら、インターネット解約にあたっての云々やら・・・

前の職場の人たちのところに挨拶に行ったり、
会っておきたかったエミリーにも、久しぶりに会って。

昨日は、お世話になった大家さんと家賃の清算やら退室手続きやらをして、2組あるうちの鍵の1組を返却しました。
帰り際に、大家さんは「Tu es comme ma fille!(自分の娘のように思っている)」「日本に帰っても、何か協力できることがあったら、何でも私に言うんだよ」と言って、大きなハグとビズをくれました(ちょっとビックリした…笑)。

今日は仲良しのKちゃんと、もう一度行っておきたかったカフェで少しだけ会って、
別れ際には「また連絡するからね」と、バイバイして。

こういうことは、やっぱり、永遠ではないとはいえ、「別れ」を実感させられますね。

この10日間は、何かをしてても、他の何かが頭の中にあるような、
どこか意識が散乱してるような感覚で過ごしている感じがします。

考え事が、私の頭の中の許容範囲を超えていて、ポロポロ、忘れ物がいっぱいありそう。笑

そして1日が、何てあっという間に過ぎて行く事!



バスに乗って、窓から外の様子を眺めてると・・・
なんでしょう、そんなときに感じる、複雑な気分。
もはや自分はパリの住人ではなく、かといって観光客でもないし・・・という。

5年(フランス全体では5年と3ヶ月)住んだ大好きな街を離れるって・・・
やっぱり切なく、名残惜しい。

ほんとに、いろんなことがあったもんだ。
それに、機会や人に恵まれたフランス生活でした。

もうすぐ日本だ!って、少し前にはそれを喜んで楽しみにしていたときもあったのに、帰国が目前となると、ついつい感傷的になってしまう。
帰ったら会いたい人にも会える事だし、食べたかったものも食べられる事なのだけど。

でも、それとこれとはまた別の話。

心の安定のために、片道ではなく往復チケット(本当に使うかどうかは別として)を購入するべきだったかも なんて。

いやいや・・・・こんなんじゃ、いけない いけない!!

心の支えは、パリは変わらずにそこにいる ということ。

(だって、10年近く前に旅行に来たときと比べて、実際、街の様子は何ら変わってない気がする。笑)

立つ鳥跡を濁さず・・・かあ。

なんだか未練たらたらですみません。

でも、
自分はまたパリに会いに来るだろうな、うん。 
と、思わずにはいられないのです。
c0069026_6481248.jpg


話は変わって・・・

お父さん、今日はいいシャンパンを買ってきましたよ。
帰ったら、これでまずは乾杯をしましょう♪


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-12-04 05:49 | Parisパリ

街と人々

c0069026_5544036.jpg
Les deux magots(カフェ)

c0069026_5561960.jpg
c0069026_5554282.jpg
au nom de la rose(花屋さん)
c0069026_5555651.jpg
Le moulin de la vierge(パン屋さん)
c0069026_5564499.jpg
pain et chocolat(サロン・ド・テ)

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-12-01 06:00 | Parisパリ

もみの木/sapin de Noel

c0069026_5215184.jpg
花屋さんの前には、もう(?)モミの木が!
クリスマスまであと一ヶ月かあ・・・。
c0069026_522241.jpg
雨に濡れた道路の落ち葉。
c0069026_522119.jpg
ルノートルの栗とブルーベリーのケーキ。


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-11-26 05:24 | Parisパリ

Jardin du Palais Royal

c0069026_5474020.jpg
c0069026_548124.jpg
c0069026_5481786.jpg
c0069026_548298.jpg


最後に甘いものの写真を。
c0069026_552377.jpg

ショコラ・ショー♪(Angelinaにて)
生クリームと一緒に。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-11-19 08:28 | Parisパリ

パリのカフェ

c0069026_3175421.jpg
4区のRue Vieille du Temple。
ちょっと道を入っただけで、カフェがこんなに。
c0069026_3182883.jpg

マレはパリの中でも特にオシャレなイメージのある地区(個人的に)。
歴史的建造物の中に、おしゃれなお店も多く、そんな界隈に集う人たちもやはりおしゃれなので、
そこで何気なく撮る写真すらもおしゃれな感じに(?)・・・
c0069026_3183950.jpg

昨日はそれ程でもなかったのですが、今朝になって気温がグッ!と下がりました。
息が白いです。
これからは、この写真のようにテラスに座る人も、グッと減ることでしょう。
あ~さむさむ。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-11-16 03:29 | Parisパリ

そろそろ帰国準備?

・・・をしなければいけないのですが、まだ特に何もやっておりません!
c0069026_16362874.jpg
なんだかんだ、帰国までに2ヶ月を切りました。
2005年からこれまで、日本に帰国した友人は何人も居るし、ついこの前もワーホリでショコラトリーで働いていた友人が、お互いあまり時間もないまま帰国してしまいました。
次は日本で会いましょう!

今度は私が帰国する番なのですが、いざ自分となると、わからないことばかり。
銀行の解約(保留の場合は住所変更?)やら、荷物のことやら、今住んでる部屋の次の借り手を見つけなきゃとか、
不安だらけ。
あと、まだ帰国の便のチケットを買ってない!

でも…まあ…それほど不安でもないような?
何とかなるさ!みたいな…。

今気がかりなのは、今の仕事をやめた後に、代わりのパティシエを見つけてくれとお店のシェフに言われていること。
見つかる気配は今のところなく…。
どうなるのかしら?

後はやっぱり、友人と会ったり、残りのパリ生活を楽しみたいですね。

パリはすっかり秋です。
息が白くなるとまではまだいかないけれど、朝は寒い!

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-10-16 16:49 | Parisパリ