カテゴリ:パリのレストラン( 9 )

L'entredgeu/ロントルジュー

c0069026_16261618.jpg
パリ17区、Porte de champerretの近くにあるレストラン「L'entredgeu」。
c0069026_16262428.jpg
前菜のサーモン(サラダに隠れてますが)

12時開店で、徐々に地元っぽいお客さんたちでにぎわってきました。
レストランって、ある程度席が埋まってないと活気がなくて、食べてても落ち着かない(汗)ので、静か過ぎないちょっと騒がしいくらいが好きです。

土曜日は32€のコース(前菜・メイン・デザート)のみ。
(ちなみに平日は前菜+メインもしくはメイン+デザートで24€のものがあるらしい)
c0069026_16263047.jpg
メインは鱈(Cabillaud)にしました。
最近魚をまったく食べてないので、前菜もメインもお魚。
塩加減がちょうどよくて美味しい。下に敷いてあるのはナスのピュレ。
c0069026_16263536.jpg
友人はジゴ・ダニョー(子羊のもも肉)。下はジャガイモのグラタン。

c0069026_16263951.jpg
デザートは甘い系ではなく、チーズを選択。
シェーブルが出てきました。クリーミー。
最初は苦手だったこの味ですが、すっかり美味しく感じられるようになりました。
c0069026_16264414.jpg
落ち着いた空間で、料理もとても美味しく、満足。
また機会があればぜひ行ってみたいです。
c0069026_16264899.jpg

Restaurant L'Entredgeu
83,rue Laugier
75017
Paris
日月休み

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-01-24 16:41 | パリのレストラン

最強フリットのビストロ Le Severo

c0069026_59498.jpg
こんな巨大なお肉を食べたのは人生で初めてかもしれない…
写真では伝わらないけれど、本当に大きかったんです。このステーク・アシェ。
ステーク・アシェとは写真のようにひき肉の固まりをシンプルに焼いたもの。重さにしてたぶん300gくらいかな?考えてたくないけれど…^^

c0069026_5101593.jpg
ここは14区のメトロAlesiaの近くにあるビストロ「Le Severo」。
メニューに魚は一切なし、ガツンとしたこだわりのお肉料理のみを食べさせてくれるお店。
そのお肉のみのメニューはこうでした…

Steak hache,frites(ステーク・アシェ、フリット)
Steak tartare,frites(タルタルステーキ、フリット)
Faux filet,frites(サーロインステーキ、フリット)
Filet de boeuf,frites(牛のフィレ肉、フリット)
Bavette aux echalotes,frites(ともばら肉のステーキエシャロット添え、フリット)
Pignon entier roti,purre et chanterelles(はとのロティ、ジャガイモのピュレとアンズダケ添え)
Cote de boeuf pour 2 personnes(牛のスペアリブステーキ2人前)
c0069026_5104225.jpg
友人の注文したタルタルステーキも、それはかつて見たことのないような量でやってきて…。
さすが元精肉店をしていたオーナーが始めたビストロだけあって、お肉の味はとても美味しかったのだけど、それ以上に感動したのが…
このつけ合わせのフリット(フライドポテト)。
揚げたてのそれは、いかにも自家製の不ぞろいさ、でも食べてみると、ホクホク、ねっとりしたジャガイモの食感と、カリカリした表面のコントラストにノックアウトされる。
こんな美味しいフリット、食べたことがありません。
これだけでもお代わりしたい危険な美味しさ。
無言でモクモクと食べてしまいました。
c0069026_5105620.jpg
これは前菜に頼んだサラミ。バターを塗ったパンにのせて食べると、とまらない。
c0069026_5111643.jpg
予約なしで12時半頃に入店、席はまだまだ空いてる状態だったけれど、少しするとどんどん席が埋まってきて、満席に。小さなお店なので、予約が望ましいでしょう。
まわりのお客さんは、入店と同時に主人に親しげに挨拶するような常連さんばかり。
地元客に愛されてるお店です。
しかし…
60歳くらいのムッシューが、赤ワインを片手に血の滴るような分厚いステーキとフリットをぺろり。
その隣ではメインの肉を平らげたばかりのムッシュー2人組が、これまた巨大なタルトを、デザートワインとともにペロリ。しかも二人そろって^^
さすが、胃袋が違う…。と思いました


LE SEVERO
8,Rue des Plantes
75014

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

by blueblau1 | 2008-11-12 05:22 | パリのレストラン

クレープ・シュゼットおじさん

c0069026_7195783.jpg
とある老舗のブラッスリーでの記憶…。
c0069026_1674787.jpg
デザートのメニューにあった「クレープ・シュゼット」を頼みました。
部屋の中央あたりにある長いテーブルには、火と楕円形のフライパンが用意され…
脇にはオレンジの絞り汁にレモンが一個、そしてオレンジのリキュール、グランマルニエ。
c0069026_720199.jpg
店内で忙しく動き回ってるセルヴール(サービス係)のムッシューがやってきて、ここでクレープをフランベしてくれる様子。
ここで働いているセルブールは、皆こんな蝶ネクタイをしています^^
c0069026_721099.jpg

広いレストラン内、注文をとってる間も、若い新人のセルブールがヘマをしてないか、目を光らせてるかのようなこのムッシュー。
でも出来上がったデザートを持ってきてくれたときは、やさしい笑顔を見せてくれて…。
c0069026_7203937.jpg
お皿に盛ったクレープに、フライパンの中のソースをちゃちゃっと添えて。
c0069026_6201627.jpg
そして完成したのがこちら。
湯気のでてる、焼きたてホヤホヤ!
出来上がる工程の一部始終を見ていた私。
フライパンに砂糖をいれたところから、お皿に盛られるまでずっと…

これが美味しくない訳がなく…
香り高いグランマルニエにさわやかなオレンジ風味、温かくやわらかなクレープの食感。
お皿に残ったオレンジシロップもすくって、最後まで美味しくいただきました。
c0069026_7212749.jpg
Crepes flambees au Grand Marnier
見た目はちょっとあれだけど、味は抜群。


(不思議と出してるレストランはめったに見かけないけれど)レストランのデザートのクラシックともいえる「クレープ・シュゼット」。
また食べたくなるような…確かに魅力的な味でした。
c0069026_7214713.jpg
ちなみにこのレストラン、なんとあの「アンジェリーナ」と同じパトロンだそうです。
でもこの内装、この雰囲気、確かに…

Mollard
115,rue Saint-Lazare
75008 Paris
by blueblau1 | 2008-11-07 16:09 | パリのレストラン

Aux Lyonnais

c0069026_15331260.jpg
Qunelles et ecrevisses-Recette de Lucien Tendret de 1892

突然ですが…
私とJ子さんの出会った場所は、同じアパートの廊下でした。
それはほんの数週間前のこと。
部屋の水が出なくなったことがありました。

げっ!これはどういうこと??
これをどうにかすれば水がでるかしら…

と、踏み台を持ち出し、廊下にある水道管を訳も分からずいじくっていたとき。
すると私の部屋の向かいから、「水、やっぱり出ませんよね」と現れた日本人女性。
それがJ子さんでした。
c0069026_15333746.jpg
お向かいに住んでいるのが日本人だったとは…
普段廊下ですれ違うこともなく、お互い誰が住んでいるのかも知らなかった私たち。
世間話をするうちに、J子さんも私と同じく、食べることが大好きな食いしん坊ということが判明!^^。
早速、翌週にでも一緒にごはんを食べに行きましょう!と盛り上がりました。
(水は、数日後に出ました…あ~勘弁して。しかも今回2回目…
c0069026_15335794.jpg
Paleron de boeuf confit au Saint Amour,pomme Mont d'Or

そして訪れたのがこのレストラン「Aux Lyonnais(オー・リヨネ)」。
名前の通り、リヨン料理が食べられるパリの人気ビストロ店。
c0069026_15372997.jpg
内装も昔風のタイル貼りで可愛らしく、店内はお客さんでにぎわっています。
c0069026_1538186.jpg
私が食べたのは、一番上の写真のクネル。これはリヨンのトラディショナルな一皿のようで、このお店の看板メニューでもあるそう。白身魚のすり身を使った、ふわふわの食感に、魚介類の濃厚なソースが美味しい。
c0069026_15392140.jpg
Souffle a la liqueur de poire

リヨンの銘菓であるピンクのプラリーヌ(Praline rose)を使ったイル・フロッタント風など、デザートはどれも気になるメニューばかりでしたが、このとき今年に入ってまだ食べてなかった栗を使ったお菓子がどうしても気になり、モンブランを選択。
このようなグラスで登場の「オー・リヨネ風モンブラン」は、ひんやり冷たいバニラアイスが入っていました。栗の味もほどよい甘さで、美味しくいただきました。
c0069026_1539070.jpg
Le Mont Blanc a notre facon,glace vanille

災いを転じて福と成す…
同じ階の断水を通じて知り合った私とJ子さんでした^^。

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

by blueblau1 | 2008-11-05 06:16 | パリのレストラン

友人の家族にまじって…

c0069026_912204.jpg
日曜日のお昼過ぎ、急な電話が。
頭に「0044」の国番号のつく、見たことのない番号の表示…
誰から?そしてどこから?
…と思って出ると、一年前にパリに遊びに来たこともある、現在イギリスに滞在中の、私の学生時代の友人からだった。
驚いて、一体今、どこに??
と聞くと、何と「ついさっきパリに着いたところ」だという。
今日はこれから日本からやってくる家族と、パリで落ち合い、そして明日イギリスに戻る予定と言う。
よかったら今夜、自分たちとの食事を一緒にどうか?との思いがけないお誘いだった。
c0069026_8402621.jpg
前菜のサーモンのタルタル。今晩の定食メニューのひとつでした。
c0069026_8404260.jpg
メインのステーキ。クルジェット(ズッキーニ)の暖かい付け合せ。

本当に、いいの?
イギリスからやってきた友人と、日本は沖縄(私はまだ行ったことのない場所)からやってくる彼女のご家族、そこに私が…。なんとも不思議なこの図。
c0069026_841341.jpg
桃のタルトのデザート。タルト生地はサクサク、手作りの優しい味わいで、しみじみ美味しい。

でもそこはやっぱり日本人同士。
海を越えて、久しぶりの再会を果たした親子のやりとりを見ていると、こっちまで暖かい気持ちに…。
c0069026_8411646.jpg
これぞフランスの定番デザート、チョコレートムース!
大きなラムカンにたっぷり…ですが、私は気分のよさ、楽しいのも手伝って、美味しく完食してしまいました…
添えられたフィナンシェは、へーゼルナッツがふんわり香って、しっとり美味。
これはかなり好みのフィナンシェでした。


皆さんの楽しそうな様子を見て、私もすっかりリラックス気分で、楽しい食事をさせていただきました。ごちそう様でした…。ワインはたしなむ程度の穏やかでやさしい友人ご家族のそばで、一番飲んでいたのは私かも…。
c0069026_9143962.jpg
前菜の前菜に…^^と、食べたいとリクエストのあったエスカルゴ、6個を皆でひとつずつ。
私も食べるのは本当に久しぶり。
きのこにエスカルゴをつめて、パセリバターでオーブン焼きのこの一皿、アツアツ!
ソースをパンに浸して食べる味がたまりません…


このレストランを訪れるのは今回で2回目。
日曜日でも営業していて、前回美味しく雰囲気もよかったのが印象に残っていて、ここを提案させていただいたのです。
前回と同じサービスのムッシューは、私のことをちゃんと覚えてくれていました。

ご家族の皆様、パリ、そしてイギリス、よい滞在となりますように!

Cafe des musees
49,rue de turenne
75003

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング


次回は、バスク編の続きです^^
by blueblau1 | 2008-09-15 08:42 | パリのレストラン

タルタルステーキ

c0069026_14582656.jpg
tartare de boeuf,coupe en couteau

タルタルステーキ。これは一年に数回、無性に食べたくなる料理のひとつ…
日本から仕事でやってきた、久しぶりに会う友人と、夜食事をしに。
「パリに着いてから、出てくる一皿一皿の量がものすごく多い」と、日本から来た友人はびっくり。
タルタルは初めて食べたそう。私も、確かにこれはフランスでは2回目くらいか?食べるの。
でも、フランスのカフェやビストロのメニューにはよくある定番料理みたい。
生肉を細かくカットしたこの一皿、味付けをするのは自分。
注文すると、テーブルにオイスターソースやケチャップ、タバスコなどがどーんと置かれ、それを適当に混ぜていただきます。
c0069026_15222489.jpg
付け合せのフリット(フライドポテト)が、お皿に山盛り状態。揚げたてで美味しい!
c0069026_14591134.jpg
salade estivale,tapenade,tomate datte
香草の入ったサラダも美味しいけれど、ドレッシングがいい味。
c0069026_14593676.jpg
大抵はミンチ肉なのだけど、ここのはちゃんと包丁でカットしてあるから、食感もしっかり。
たまに食べたくなる不思議な魅力、タルタル…。
人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-09-07 15:05 | パリのレストラン

素直に美味しい、そば粉のガレット

c0069026_6401998.jpg
両親と三人で入ったサンルイ島のクレープリー。
お昼過ぎ、小さな店内はすぐに満席に。
c0069026_6404162.jpg
いつもレストランに入ると、ゆっくりじっくりとメニューを決める母が、今回は珍しく、悩まずにパッと「卵とハムのガレット」と決めた。
飲み物はやっぱりシードルで^^
c0069026_6405540.jpg
そういえば、この陶器でできたシードル用のコップ、今回見つけたら買おうと思いつつ、忘れちゃったね。

このクレープもとっても美味しかったけど、印象的だったのは、夏のバカンス中で、あまり活気のないバスティーユのマルシェでひとりクレープを焼いていたおじさんの、チーズと卵のガレット。
c0069026_650256.jpg
「砂糖だけ?子供はいつもヌテラ入りを注文するもんなのに…」と、前に並んでいたアメリカ人の家族に、丁寧な手つきでクレープを焼いていたおじさん。
c0069026_6505226.jpg
丁寧に、気持ちを集中させて、ガレットを焼くおじさん。
ちょっと待ったけれど、それぞれ焼きたてのあったかいチーズと卵のガレットを手にした私たち3人は、さっそく腰掛けてガレットをモグモグ。
おじさんがたっぷりとのせたチーズがとろりととろけ、香ばしいそば粉のガレットと半熟卵と絶妙なハーモニー。
c0069026_6511469.jpg
フランスでは何度か食べているガレットだけど、こんなに美味しいものだったっけ…。
うーん。あのチーズと卵のガレット、また食べたいなあ。

人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-08-27 06:46 | パリのレストラン

Couscous

c0069026_23495243.jpg
クスクス…この未知なる料理を初めて食べたのは、フランスに来てからでした。(存在すら知らなかった)
以前食べたモロッコ料理タジンの記事はこちらから
c0069026_1413299.jpg
ここは、5区にあるモロッコレストラン「La Mosquee(ラ・モスケ)」。
壁や天井に描かれたエキゾチックな模様がステキ。
フランス人にも人気なようで、デジカメを持ったフランス人も多かったです。
c0069026_1415230.jpg
デザートを頼むと、このようにアラブのお菓子を盛ったプレートを持ってきてくれます。
お隣のカップルは食後、これらのお菓子とミントティーでしめていました。
c0069026_23501016.jpg
注文したのは、野菜のクスクス。スムールにトマトベースの野菜入りスープ、それにひよこ豆とレーズンが別添えでやってきました。
ラタトゥイユにも似た優しい味で、あっさりと食べやすく、夏向きかもしれません。
次回は、羊肉のクスクスや、タジンも食べてみたいなあ。
食べてる最中、庭に向かって開いた窓から、スズメがスムールを狙ってやってくるので、注意です^^

人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-05-13 01:19 | パリのレストラン

ムフタール通りで朝ごはん

c0069026_2304271.jpg
この日曜日、最近メールでやりとりしていた方と、幸いにもお会いする機会があり、じゃあ朝ごはんを一緒に!とやってきたお店、ムフタール通りのカフェにて。
私はリエットのタルティーヌ(写真上)を注文しました。リエット、酸味のあるパンとよく合います。
c0069026_2305783.jpg
相手の方の選んだ朝食セットには、いろんな種類のパンとともに、これまた数種類のジャムや甘いペーストがついてきます。
これは、見た目もさわやかなライムグリーンのジャム。
c0069026_2462521.jpg

お店の前のムフタール通りは、マルシェもあるし、日曜日にもかかわらず営業しているお店も多く、賑やか。いかにもパリらしい雰囲気のある、好きな地区の一つです。


そしてもうひとつの美味しい話…

「すごく美味しかったので、ぜひ食べてみてください」と、お土産にもらったサブレ。
c0069026_735639.jpg
濃厚なバターの風味に、ほんのり塩がきいていて、あまじょっぱく、ザクザクした食感。またこの厚みがたまらない!!

久しぶりに、こんな美味しいサブレを食べました。
本当にありがとうございます…

修道院で作られてるクッキーで、パリのサンポール駅近くにある、「プロデュイ・デ・モナステール」というお店で買えるそうです。
by blueblau1 | 2008-03-17 02:46 | パリのレストラン