カテゴリ:Lisbonリスボン( 5 )

リスボン→パリへ

c0069026_23343612.jpg
さて、リスボン訪問も最終日。
c0069026_23345690.jpg
リスボンの伝統工芸である金細工のお店のショ-ウィンドウ。
c0069026_23352849.jpg
こちらのレストランで必ずあるサングリア。オレンジやレモンの皮が入った、ほんのり甘いお酒。
パリと比べて断然安く、庶民的な料理(焼いただけ、煮ただけ^^)が美味しいレストランもたくさん楽しみました。
c0069026_23463144.jpg
最終日のリスボンの町を散歩していると、どこからともなく音楽が聞こえてきました。
悲しげな音楽だったか楽しげな音楽だったかは覚えてません。
振り向くと、12歳くらいの少年が地べたに座りこんで、アコーディオンを弾いています。
プラス、なんだか悲しげに頭を垂れて、少年の傍らに座る小さなイヌ。
今回の旅のなかで、こういう光景は見ませんでしたが、やっぱりこういう方法でお金を稼ぐ子はどこにでもいるんだな、と…。
見るからに同情を誘う風情のこの二人(いや、一人と一匹)…
少年に話しかけたり、お金をあげる人もちらほら。
c0069026_23354987.jpg
ホテルに預けた荷物を取りに向かう途中…
あれ?
さっきの二人の姿を、見つけました。
c0069026_2333418.jpg
このお店の前での演奏の許可をもらおうとして、店のおじさんに、どうやらそれを断られてしまった様子…。
c0069026_2334151.jpg
次の居場所を見つけに、アコーディオンをかついだ少年とワンコは、元気よく、リスボンの町に消えていきました。

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング


さて、これからはパリ滞在編です
by blueblau1 | 2008-10-12 23:54 | Lisbonリスボン

ポルトガル・Sintra(シントラ)のペナ城へ

c0069026_5243033.jpg
リスボン滞在中、少し足を伸ばして、ロッシオ駅から電車に乗って約40分、Sintra(シントラ)という町に出かけてみました。目指すは、山をず~っと上ったところ(といってももちろんバスを使いましたが)にある、このペナ城!
c0069026_5244971.jpg
何でも、19世紀に、イスラム、バロック、マヌエル、ルネサンスなど様々な建築様式を複合させて建てられたという、このちょっと変わったお城。
なんだかこの雰囲気、ディズニーランド(?)みたいね。
と親子で意見が一致^^。
とても見ごたえのある素敵なお城でした。
c0069026_525584.jpg
窓の下にはちょっとコワイこんな装飾が。

ここまですいすい上ってきたのはよかったけれど、帰りが大変だった!
城内の見学を終え、ふもとの町まで下りようとバス停に並ぶ…しかし。
待てども待てども、バスがこない!
列に並ぶ人々も、不安気な面持ち。
来るはずのバスは一体どうしたのか?
c0069026_5251911.jpg
なんとバスは、山道に駐車された車によって通行を阻まれ、立ち往生してる、との情報が…。

待つこと一時間以上。
あきらめて徒歩で下ろうとする見学者も出てきました。
でも、ここまでバスで上ってきたあの距離を思うと…足で下るにはかなり無理があるよね…とひたすらバスの到着を願って待つ私たち。
c0069026_5253546.jpg
最終的には、バスは何とか一台来たのですが…
乗り切れなかった人もいるし、山道では、先ほど自力で下ることを決めた見学者が、バスの扉を叩くのだけど、やっぱり人でパンパンのバスへの乗車は断られ、カンカン。(その怒る気持ちはよくわかりますよね…)
バスの運転手にとっても、乗客にとっても、ホントとんだハプニングでした(汗)。
c0069026_5255183.jpg
シントラの駅。
c0069026_5261270.jpg
入り口付近の公園にはこんな青い花が、一面中、見事に咲き誇っていました。
c0069026_5265039.jpg
おまけ。
シントラの町にあったレストランの看板。
山に囲まれたシントラ、小さいけれど空気がよく、夏だからか観光客でにぎわい、いい町でした。、

by blueblau1 | 2008-10-09 05:27 | Lisbonリスボン

ポルトガル・スイーツ

c0069026_4242323.jpg
ドレンチェリーが飾られた、なんとも素朴な大きな丸いケーキ…リスボンの街角のお菓子屋さんにて。
c0069026_4255916.jpg
リスボンから電車に乗って訪れた、シントラの町のお店。
チーズのお菓子「ケイジャーダ」は、ポルトガルの名物。
c0069026_4262592.jpg
一番目に入ってきたのが、やはりこのエッグタルト。
庶民的なパン屋さん、カフェでは、これが3個で○○ユーロ、という売り方です。
c0069026_4295322.jpg
エッグタルトいっぱい!
c0069026_4305644.jpg
リスボンで一番人気の美味しいエッグタルトを食べられるお店。
カフェもあるので、リスボンに行かれる方はぜひ。


楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

今回、リスボンで食べたお菓子は、何気にケイジャーダと、このエッグタルトのみ…^^
実際にはカステラのルーツとなったお菓子、パン・デオーロというお菓子もあるらしいのだが。
by blueblau1 | 2008-10-09 04:27 | Lisbonリスボン

ポルトガルの食・カタプラーナ鍋

日々の日記と、旅行中の記事が、ごちゃごちゃにアップされている最近ですが…
(すみません、こんな調子でしばらく続いていきます…。)
今回はポルトガル編です。
c0069026_16223192.jpg
リスボンの坂道を通る市電を待っていた、旅行者風の親子。
どろぼう市(=蚤の市)のあった地区にて。
c0069026_16344115.jpg
リスボンの市電。これは赤色で小さい。

ポルトガル滞在中、入ったレストランのうちのひとつ。
c0069026_4404026.jpg
食事前にテーブルに用意してあった、魚のすり身入りの、おつまみ的な揚げ団子。
スペインやバスク地方でもこのお団子はあるそう…。
偶然、最近のまかないで、バスク地方出身のキュイジニエが、まさにこれと同じものを作ってくれた。中身はシュー生地とジャガイモのピュレ、そして火を通した白身魚。それを油で揚げる。
c0069026_4405880.jpg
ポルトのスペシャリテ、ポルト酒。甘く、少量を飲むお酒。
c0069026_4412367.jpg
ポルトガルの煮込み料理「カタプラーナ」。
いわゆる煮込みなのですが、この専用の鍋「カタプラーナ鍋」を、リスボンのデパートで購入して帰った
なんでも火の通りが抜群にいいらしく、今その鍋は、実家の台所で活躍してるそう^^。
c0069026_4414350.jpg
Aroz(ポルトガルのリゾット)が食べたくて注文してみました。
量もかなりあり、アツアツで、鮭や海老などのシーフード入りでなかなか美味!
c0069026_442499.jpg
c0069026_4423136.jpg
ああ、おなかいっぱい…
隣の旅行者風のイタリア人グループは、ポルトガル名物、いわしの塩焼きをそろって注文していました。
一人分にいわしの塩焼きが5匹くらいくるけれど、これも美味しいんです。
c0069026_1623037.jpg
これは別の小さなレストランで食べたいわしの塩焼き。
これが一人前!(これは3人で分けましたが)
オリーブ油をかけていただきます。これが日本人にはやっぱり美味しい。


楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

by blueblau1 | 2008-10-08 16:31 | Lisbonリスボン

リスボンの修道院とあつあつエッグタルト

c0069026_2443747.jpg
8月7日から約3週間の夏のバカンスが終わってから早2ヶ月。

始めはリスボンを訪れ、パリに戻り数日間、そしてバスク、最後はドイツへ。
ブログには、一ヶ月くらいあれば全部書き終わるかなと思いきや…
中身が濃すぎて、なかなか終わりません^^。

記憶があやふやになりかけだけど、これからしばらく、
はじめに訪れたポルトガル、リスボンの記憶をつづっていこうと思います…。
c0069026_229295.jpg
ここはホテルから市電で30分の場所にある、ジェロニモス修道院。
大きい!
雲のない真っ青な空に白い石壁が本当によく映えてます(リスボンはずっと天気がよく、歩いてると日陰がなくてジリジリ熱かった…)
c0069026_2304644.jpg
柱の凝った彫刻もすばらしい。
c0069026_4215684.jpg


さて、この修道院の右側の通りにはエッグタルトの有名なお店がありまして…
地元の人、観光客の人に混じって、中でいただいてみることに。
c0069026_2481184.jpg
ポルトガルといえば、金細工にタイル、ポルト酒、サングリア、カステラ、そしてこのエッグタルト。ポルトガル語ではパスティス・デ・ナタという。
やっぱりここのお客さんの目的はエッグタルト。行列をお店の人がどんどんさばいていきます。
c0069026_249838.jpg
ショウケースには、キッシュや魚のすりみのお団子などのお惣菜系が並ぶ。
c0069026_2483982.jpg
出てきたここの名物「パスティス・デ・ナタ」は焼きたてのアツアツ!
ふんわりやさしい味で、美味しい。
(周りのぱりぱりの皮はたぶんパータ・フィロ。)
この美味しさ、これ一個で0.9ユーロという安さ…。飲み物を頼んでも、パリと比べると驚くほどの低価格設定。
c0069026_2492972.jpg
大きな部屋が2、3室続き、広々とした店内。
ただ、(当然のことながら)冷房はなく、ちょっとムンムンしました…。

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

by blueblau1 | 2008-10-01 14:53 | Lisbonリスボン