カテゴリ:Salon du chocolat( 16 )

サロン・ド・ショコラ2011!

さて、前々回の記事の続き。
c0069026_630934.jpg
ラデュレでパン・ペルデュを食べて、そして向かった先は・・・

c0069026_6303616.jpg
一週間前ですが、サロン・ド・ショコラ最終日に行ってきました!(去年も、ワーホリビザ取得時の一時帰国直前に訪れていました・・・。)
c0069026_631213.jpg
今回は早めに(10時すぎ頃)に入場したのですが、お昼が近づくにつれ、入場者の数が半端なく増えてきたので、疲れてしまう前にMちゃんと早々に退散したのでした。笑
c0069026_6314623.jpg
私がスタージュ(研修)した最初のお店「アルノー・ラエール」のブース。
今年はパティスリーも販売されてました。
c0069026_6315832.jpg
私の大好きなモエルー・ショコラもずらり。
c0069026_63292.jpg
c0069026_6322137.jpg
こちらは食べられるチョコのマカロン。新作らしいです。
c0069026_633247.jpg
マカロンも販売!
c0069026_6323382.jpg
リヨンのショコラトリー「プラリュ」では、有名なピンクのプラリネのブリオッシュが並びます。
甘いけど、美味しいんです~。
もちろん試食をいただきました。
c0069026_6324721.jpg
c0069026_633775.jpg
c0069026_6334058.jpg
c0069026_6335382.jpg
c0069026_6341072.jpg
と、ここで、日本のお菓子屋さん「エス・コヤマ」のブースを発見!
c0069026_6342220.jpg
番茶に米麹に黒七味のショコラ・・・
フランスでは(日本でも?)とても珍しいフレーバーのショコラが並びます。
c0069026_6343934.jpg
c0069026_6345493.jpg
こちらは「サダハル・アオキ」のブース。
きれいな焼き色の、抹茶のクロワッサンが美味しそうでした。
って、今回は肝心のショコラの写真が少なめですね。笑
c0069026_6361213.jpg
c0069026_6362940.jpg
フランスはパティスリーやショコラのルセットの本がとても素敵。
重いけれど、日本に買って帰りたいものです。
c0069026_63641100.jpg
一日だけだったけれど、今年も訪れることができて、よかった。
c0069026_6365433.jpg
さよなら、パリのサロン・ド・ショコラ・・・。
次回はいつ来れるかしら。寂

おまけ。
今回もこちらを買いました。
c0069026_642393.jpg
Arnaud Larher(アルノー・ラエール)のモエルー・ショコラ。
私の大好物。
c0069026_6391997.jpg
フランボワーズの酸味と、半生の状態のショコラ生地がたまりません♪
通常と違う型で焼かれてるのがちょっと残念。


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-11-01 06:35 | Salon du chocolat

salon du chocolatで買ったもの

c0069026_910422.jpg
サロンの後。一部ですが、チョコもチョコ以外にも買ったもの。
c0069026_9192457.jpg
moelleux chocolat de chez Arnaud Larher
アルノー・ラエールのモエルー・ショコラ!
個人的に思い入れがあり、大好きなお菓子なんです。とろける食感の中心部がたまりません。
c0069026_1235762.jpg
Tablette de chez Henri Le Roux
アンリ・ルルーのカカオ分80%のタブレット
Jean-Charles Rocheuxで働く知人がすすめてくれたビターチョコ。
知人いわく「ビターチョコの概念が変わった!」とのこと。
デザインも可愛いです。
c0069026_9243264.jpg
Canele de chez Lemoine
カヌレ専門店Lemoineのカヌレ

チョコではないですが、サロンで試食したのがとても美味しかったので購入。さすが専門店!
焼きたてはカリッと、時間が経つとしっとりもっちり。日持ちは10日間程だそう。
c0069026_9284131.jpg

Jacques Bockelの塩入りのチョコ(amandes fleur de sel)とプラリネ(praline ancien)の板チョコ。
ここのは板チョコといっても、厚さが3cmほどの分厚いもの。
c0069026_12791.jpg
Tablettes de chez Jacques Bockel
この塩入りのチョコ、過去のサロンでタブレット部門一位に輝いたようです。
しっかりめの塩味が濃厚なプラリネガナッシュとよく合います。
c0069026_12203897.jpg
Les bonbons chocolats de chez Jean-Paul Hevin
日本でも有名なエヴァンのボンボンショコラ。
箱を開けるとつややかで整ったショコラがぎっしり。
そういえば味見でもらったキャラメルガナッシュのミルクチョコがすごく美味しかったです。
また食べたい!

チョコって味はもちろんですが、見かけも大事な要素だなとつくづく思います。
フランスの美味しいチョコは、パッケージからしてデザイン性がとても高いと思います。


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-07 09:29 | Salon du chocolat

Salon du chocolat2010! PartⅢ

c0069026_15373166.jpg
サロンでは、チョコレートのスタンド以外にも、パティシェのコンクールが行われています。
「Charles Proust(シャルル・プルースト)」です。
c0069026_1540182.jpg
2位の飴の作品。
c0069026_15374665.jpg
左側が、ルレ・デセールの会長を務めるFrederic Cassel(フレデリック・カッセル)氏。
お店はフォンテーヌブローにあります。
c0069026_15375961.jpg
途中、パティシェ界ではスター的な扱いのChristophe Michalak(クリストフ・ミシャラク氏も登場。

このChoco Demoのコーナーでは、コンクールと、それから毎日異なったプログラムのデモンストレーション(一応試食つき)が行われるのですが、今回はスタンドを回るのが中心だったので、デモは見ることができませんでした。
c0069026_15381757.jpg
Remise du Prix Charles Proust

夕方16時ころになると、コンクールの結果発表と授与式です。
c0069026_15384324.jpg
出場者はフランス人と日本人の割合が半々。
優勝はValrhona社出身のフランス人パティシェでした。
c0069026_15383167.jpg

会場のイスは満員御礼…後ろのほうで頑張って見てました

またちょっとだけサロンの様子です。
c0069026_15395542.jpg
マダガスカル産バニラの販売ブース。素朴な感じの絵柄が可愛い。
c0069026_1540857.jpg
バニラ棒にエッセンスにバニラプードルなど…
c0069026_15402946.jpg
フルーツの砂糖漬けのお店。
c0069026_15405463.jpg
こちらはWorld Chocolate Mastersのコンクールの様子。
c0069026_1541569.jpg
審査員たち。
襟のトリコロールカラーがMOFの証!
c0069026_15422092.jpg
出場者の中に、見覚えのある顔が・・・と思ったら、「ポール君」でした。

彼は私がアルノー・ラエールでスタージュをしてた2006年に、お店のアプランティ(見習い)だった男の子です。
2003年度の最優秀アプランティコンクール第3位!という実力の持ち主で、
当時から彼の働きぶりは、確かまだ20歳ちょっとと若いのに、立派なパティシェそのものでした。
そういえばよく仕事終わりに飴の練習をしてる姿を見ました

遠くから見守ることに。
c0069026_1542524.jpg
審査員たちが試食をしているところ。
手前はPatrick Roger(パトリック・ロジェ)氏です。
c0069026_1543647.jpg
Paul Cheveaux
ポール・シュボー…きっと将来素晴らしいパティシェになるに違いありませんね
c0069026_15432159.jpg
c0069026_15433366.jpg
Paul Cheveauxの作品。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-04 15:54 | Salon du chocolat

Salon du chocolat2010!PartⅡ

c0069026_6183229.jpg
第16回目のサロン・デュ・ショコラ、続きです。
c0069026_6191235.jpg
c0069026_6531815.jpg
c0069026_6192750.jpg
ショコラトリーのスタンド以外にもコーヒーメーカーなど飲料系のスタンドがあり、やはり人気で並ぶのですが、ちょっと我慢して待てば、入れたてをもらえます。
c0069026_6193770.jpg
これはTassimo Cote d'orのホットショコラ。
c0069026_6195194.jpg
Bailey'sという甘いリキュールメーカーのスタンドでは、キャラメル味のシェイクをもらい…(これはアルコール入り)。
c0069026_620564.jpg
こちらは他のメーカーで入れてもらったカフェオレ。層になってるのが可愛い。
c0069026_6202853.jpg
Pralus(プラリュ)
リヨンのお店で、最近パリにも支店ができました。
c0069026_6204322.jpg
有名なピンクのプラリネのブリオッシュ。
小さくカットした試食をもらえるのですが、焼き立てなので非常に美味しいです。
かなり甘いけれど・・・。朝ご飯にコーヒーと食べたくなります。
毎回「買おうかな」と思うのですが、一個が大きいのでいつも躊躇してしまいます。
c0069026_6205675.jpg
パン生地と、テーブルの下には混ぜ込み用のピンクのプラリネ。
c0069026_6211896.jpg
Boissier(ボワシエ)
c0069026_6213710.jpg
日本でも購入可能だけれど、ものすごい高いと聞く、噂のマロングラッセ。笑
c0069026_6345293.jpg
Christophe Roussel
c0069026_6354313.jpg
Chapon(シャポン)
レトロな絵柄のパッケージが素敵なショコラトリー。
c0069026_6373536.jpg
c0069026_6375221.jpg
c0069026_638593.jpg
c0069026_6534114.jpg
店頭販売には何種類ものチョコレートムース!(アイスではありません)
c0069026_654322.jpg
c0069026_6382773.jpg
ハンドバックを摸したチョコレートボックスとショコラ。
c0069026_6384575.jpg
c0069026_640599.jpg
c0069026_6403537.jpg
Jean-Charles Rocheux ジャン・シャルル・ロシューのタブレット

c0069026_6443964.jpg
そうそう、そういえばこちら。
c0069026_6473121.jpg
会場内に設置してあるゴミ箱なのですが、おそらくカカオ豆を入れておくための麻袋。
ゴミ箱までもチョコレートに関連させるアイディアいいですよね♪
c0069026_648383.jpg
それとこちら。
エクレアのベンチと、ルリジューズのイス。^^
みんなこれに座って記念撮影してました。
c0069026_649917.jpg
ポーズも決まっています。笑

フウ…実はまだ続きます。
もう少しだけ、お付き合いください。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-03 06:41 | Salon du chocolat

Salon du chocolat2010! PartⅠ

c0069026_732688.jpg
行ってきました!
初日だった木曜日のサロン・ド・ショコラです。
c0069026_7323184.jpg
Jacques Bockel SARL chocolatier Createur

サロン・ド・ショコラとはなんぞや?の説明は省きますが…
要はパリで年一回行われる、チョコレートの見本市です。
c0069026_7324566.jpg
c0069026_7325788.jpg
Jean-Paul Hevin(ジャン・ポール・エヴァン)

スタンドがタブレットです^^
c0069026_733983.jpg
クリスマス用のブッシュ・ド・ノエルも。
天使の羽はメレンゲです。
c0069026_7332271.jpg
どこかバカンスにでも出かけたい(?)という題名のブッシュ。
c0069026_7334422.jpg
A la mere de famille
c0069026_734034.jpg
とても可愛いチョコレートのサパン(モミの木)が人目を引いていました。
c0069026_7341890.jpg
Sadaharu Aoki
プレゼンテーションの洗練されたかっこよさが印象的。
c0069026_7343531.jpg
Arnaud Larher(アルノー・ラエール)。
私が2006年の冬、一番最初にスタージュしたお店です♪
シェフは2007年にMOF(*)を取得しました。
*MOF=Meilleur Ouvrier de France(国家最優秀職人章)
日本でいう人間国宝に相当するほど名誉ある称号だそうです。
c0069026_734533.jpg
相変わらず美味しそうなマカロン。
c0069026_7351029.jpg
c0069026_7353323.jpg
ここではずっと前から大好きな「モエルー・ショコラ」をゲット!

中が生焼け状態のやわらかいガトーショコラなのですが、初めて食べた時は衝撃でした。
フランボワーズつきがおススメです。
c0069026_7373160.jpg
とにかく、たっくさん写真をとったので、今回はその羅列になりますが、どうぞお楽しみください・・・
c0069026_7471865.jpg
c0069026_7473352.jpg
まるで本物のようなチョコレートの鞄。
c0069026_749217.jpg
Yves Thuries
マカロンを摸したチョコに・・・
c0069026_7495145.jpg
Christophe Roussel
こちらのお店は本物のマカロンです。
c0069026_7502773.jpg
これがクルクル回転していて、かわいかったです。
c0069026_750515.jpg
Boissier(ボワシエ)
c0069026_7513137.jpg
16区にあるこのお店は、パッケージがすごく可愛いです。
c0069026_7554290.jpg
c0069026_7521226.jpg
花びらがまぶされた、ボワシエの有名な花びら型のチョコレート。
c0069026_7532284.jpg
c0069026_7535213.jpg
クマのマシュマロのチョコがけされたヨーロッパでポピュラーなお菓子があるのですが、こちらはその大きなオブジェ。
c0069026_7551972.jpg
la cuillere suisse
ホットチョコの新しい飲み方?
c0069026_7564717.jpg
お昼時。パン屋さんのPAULでは行列。
c0069026_7571032.jpg
c0069026_756456.jpg
Un petit pause...
ちょっと休憩…
c0069026_7573566.jpg
Jean-Charles Rocheux(ジャン・シャルル・ロシュー)
c0069026_7581744.jpg
削って食べるチーズを摸したチョコレート!
正しくは柔らかい口当たりのジャンドゥヤチョコレートなのですが、口当たり良くて食べすぎてしまいそうです。
フランス人だったらクリスマスに、食後のチーズの時間にテーブルに置いたら、チーズ好きもチョコ好きも盛り上がりそうですね。
c0069026_80355.jpg


楽しくて楽しくて(笑)、
この日は朝10時から結局18時半までいました。(閉館は19時です。)

まだまだ、PartⅡに続きます…

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-31 07:47 | Salon du chocolat

シャルル・プルーストとショコデモ

c0069026_742376.jpg
さて、私が訪れた初日の会場では、毎年恒例のコンクール「シャルル・プルースト」が行われていました。
c0069026_7431199.jpg
飴細工のピエスモンテがずらりとならんでおり、迫力です。
どれもこれも飛び抜けてレベルの高いものばかりで、ため息のでるような美しさ…。
c0069026_744186.jpg
今回の作品のお題は「ノエル」だったらしい。
コンクールの課題には、お客さんの見てる前でのチョコレートのピエスモンテ作りもあり、フランス人の中に日本人の姿も数名。
審査員(Jury)としては、アルノー・ラレール、ジェームズ・ペルティエ(シュクレ・カカオ)…などの面々が。
c0069026_7442542.jpg
後でずっと最後までコンクールの様子を追っていた友人の話によると、1位,2位ともに、日本人パティシエが獲得したとか。
いやはや…すばらしいです。
c0069026_74447100.jpg
私にとっての本日の目玉。
それはメゾン・ピエール・エルメのチームによる、「マカロン・ショコラ」のデモンストレーション。

デモしてくれたパティシエさんの、マカロンの生地を手も汚さずに混ぜたり、無駄のないきれいな作業にホレボレ。
彼はこの道20年だとか…。年季がはいってます。
マカロンのひび割れを防ぐには、焼成中にすばやくドアを開けて、ひび割れの原因になる湿気を逃すといいらしい。

さて、試食にまわってきたマカロン…周りのお客さんに十分にいきわたってるのをいいことに、ひとりで3個も食べてしまいました♪
甘さ控えめで、全然くどくないんです。
c0069026_7451950.jpg
こちらは、別のデモ。
ルレ・デセール会員であるEric Vergne氏によるプチケーキ。
ホワイトチョコレートのムースに、かんきつ類の組み合わせ。
土台のサブレブルトンといい組み合わせでした。

c0069026_8105772.jpg
最後は、ローランヌ・デュシェンヌ氏による「モエルー・ショコラと紅茶のアイス」のデザートのデモ。
まったりとしたチョコレート生地と、ひんやりとしたアイス、カリカリとしたナッツの食感。
思わずお代わりをしたくなる美味しさでした…。

ああ~満喫した!

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

by blueblau1 | 2008-11-02 08:00 | Salon du chocolat

視線を集める注目ショコラ

c0069026_6515336.jpg
サロン・ド・ショコラで出会った素敵なショコラたち…
c0069026_64231100.jpg
まず、会場入ってすぐ目に入るブースにあった、レオニダスの店舗。
こんな大きなエッフェル塔が、どーん!パリ!と飾ってありました。
c0069026_6425260.jpg
もちろんこれはショコラでてきてます。作るの大変そう~
c0069026_6442682.jpg
こちらはパティスリー「サダハルアオキ」のブース。
原色が目に鮮やかな、なんともスタイリッシュなショコラ。
ケースに思いっきり寄り、写真を撮る人も。
私もは…っとして、マイカメラをごそごそ。^^
c0069026_6444545.jpg
店員さんから、試食用のショコラをもらい…。
気に入った友人は、贈り物にと1箱購入。
c0069026_653244.jpg
続いてこちらもかなり注目の的だった、オリジナリティあふれる、可愛らしいショコラ(が詰まったボックス)。
「ヴィルジニー・デュロック=ダネ」。
パリ近郊にある工房からの出店。
花や蝶などの色付けは、なんと手作業なのだそう。
ある意味ひとつの作品ですな。
作り手の個性がはっきりあらわれるショコラ…発想しだいでいくらでも新しいイメージを形作れる素材なんだなあ。
c0069026_742334.jpg
見た目だけではなく、試食したガナッシュも、とても美味しかった。
こんな可愛い詰め合わせ…食べるのがもったいないなあ…。
誰かプレゼントしてくれ~
c0069026_765096.jpg
さて、正統派ショコラといえば、ここジャン・ポール・エヴァン。
カカオのにおいが漂ってきそうな、このなめらかなチョコレートの質感と、気品あふれるたたずまいがたまりません。
親切な日本人の店員さんから試食用にプラリネ入りショコラをいただきました…
口に入れると、パリッとした薄いミルクチョコレートのコーティングから、とろけるようなプラリネが…
お、美味しい…!!
こんな美味しいプラリネは初めて食べた…
c0069026_771557.jpg
これも試食用のショコラ。手前からカフェ味、塩キャラメル、ビター。
これも本当に美味しかった…さすがです。
c0069026_7204729.jpg
c0069026_732535.jpg
c0069026_7324946.jpg



次回に続きます。

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

by blueblau1 | 2008-11-01 07:22 | Salon du chocolat

サロン・ド・ショコラ

c0069026_5585295.jpg
パリのPorte de Versailleのエクスポジション会場で、毎年催される「salon du chocolat」に、今年も行ってきました。
c0069026_5591341.jpg
フランス人の大好きなショコラの祭典。
今年は14回目だそう。
c0069026_5593547.jpg
初日は平日だから、人は少な目だろうと踏んでいたら…
午後からは、やっぱりたくさんの人で埋め尽くされた会場。
c0069026_5595695.jpg
チョコレートを中心に、甘いものをちょっとずつ試食していたら…
帰る頃にはチョコでお腹いっぱい。
甘いものはもう食べられない…でも塩気のあるものなら食べたいかも…
というお腹具合に。
c0069026_601438.jpg
アルノー・ラレールのマカロン。
c0069026_603011.jpg
楽しみにしてた、エルメのマカロン・ショコラのデモンストレーションもあり、ふむふむ…

入場料12ユーロ、収穫はそれ以上でした。
サロン・ド・ショコラレポート、次回に続きます。

楽しんでいただけましたら…
応援クリックお願いします
人気ブログランキング

by blueblau1 | 2008-10-29 23:56 | Salon du chocolat

最終日・サロン・ド・ショコラまとめ

c0069026_23275582.jpg
青色のチョコだ!と思ったら…
c0069026_23283774.jpg
オレンジ色のチョコもありました。
c0069026_23291163.jpg
「Jacques BOCKEL」↑
この店舗はアルザスのSAVERNEにあるお店で、2年ほど前に行ったストラスのマジ・ド・ショコラで、すでに知っていました。大きな大きな板チョコ?が何種類も並べて重ねてあり、圧巻。ここではスパイス入りとプラリネ・ピスタチオのショコラを買いました。
2つとも美味しかった~
c0069026_23363249.jpg
↑アルザスといえば、ヴィッセンブールにお店をかまえる「Robert」のシェフも、デモにやってきていました(右の人)。ルレ・デセールのメンバーでもあります。
デモで作ったショコラのパウンドケーキを試食。
c0069026_2340467.jpg

↑ちゃんと丁寧に袋にはいってて、持って帰ろうかと思ったけど早速開けて食べてしまった…パート・ダマンド入りのショコラ生地で、しっとり、美味。
ああ、雪の積もるノエルの時期に一人であの小さな街のきれいなお菓子屋さんに行ったなあ…かなり懐かしい!
以前の記事はこちら 1 2
c0069026_311827.jpg
c0069026_2583662.jpg
c0069026_2585267.jpg
↑この方は、2000年度のパティシエ世界チャンピオンであるNicolas Boussin氏。デモはグランマルニエを使ったチョコレートケーキ(上の2つの写真)。
c0069026_23494686.jpg
↑ピエール・エルメ・チーム(本人の参加はなし)のデモもあり。チョコレートのフランと、オリーブ入り(出た!)のチョコレートムースを試食。これは何とも言えないお味^^。

予定で組まれていたクリストフ・フェルデール氏のデモは、時間の都合か?中止になってしまいました…これにはガッカリ。ルセットも美味しそうだったのに…
と思って席を立つと…
おや??
横の書店コーナーでエルメ氏の姿が…!
新しく出た本のサイン会が催されていたようです。↓
c0069026_259728.jpg

ああーこの顔…!ホンモノだー!
でも、やっぱりまだ若いんですね。
by blueblau1 | 2007-10-23 02:59 | Salon du chocolat

日曜日 サロン・ド・ショコラ

日曜日だけに、ファミリー・子供連れ・カップルが多く、人口密度が高かった日曜日のサロン・ド・ショコラ。
c0069026_9441086.jpg
13区にあるお菓子屋さん、ローランヌ・ドゥシェンヌ氏によるデモ。にパータ・フィロをパリパリ焼いたものと、チョコのソルベ。試食はなし…残念。

今回もまたチョコのデモンストレーション(試食つき)を見るべく、席をとっておとなしく?居座り続けました。
c0069026_9462053.jpg
サブレ・ブルトンに、イチジクと杏のコンポート、ミルクチョコのガナッシュを絞ったタルト。星型のスペキュロスクッキーのデコレーションがノエルっぽくて可愛い。味も私好みだった。アンジュのお菓子屋さんガロワイエのデモ。

c0069026_3294332.jpg

しかし、眠い眠い!
最近の寒さで朝がツライのですが、今週末からホントにずっと眠い…
デモンストレーションを見ながら、半分寝てました…
もう、何しにきたの~
c0069026_9484693.jpg
サダハル・アオキでイチゴ味・ゆず味のボンボン・ショコラ、そして塩キャラメルのエクレアを購入。
このエクレア、通常の1/2のサイズで、「ちょっと甘いものが食べたい」というときにぴったりだなと思いました。ほかに抹茶味・黒ゴマ味がありました。

c0069026_3193599.jpg
去年はなかったサダハル・アオキのブース。青木さん本人もいました。
c0069026_320097.jpg
マカロン。
c0069026_3202180.jpg
エクレアも、きれに並んでいます。「(商品が)きれいに真っ直ぐ並んでいるのは日本人の店」と一緒の友人(フランス人)が言いました。確かにそうかも…。
by blueblau1 | 2007-10-22 09:42 | Salon du chocolat