カテゴリ:レストランパティシエの仕事( 6 )

お仕事終了!&冬時間の始まり

先週の日曜日から、時計の針を一時間戻して、冬時間の始まり。
日本との時差は8時間となりました。
さて同じく先週の日曜日で、無事にお仕事を終えました。

たった4ヶ月とはいえ、なかなかしんどい毎日でした。
設備も人間関係も決してよいとはいえない環境で、かなり変わったシェフのもと、
朝8時半から夕方2時間の休憩を挟み夜中の12時すぎまで働き、帰宅はたいてい1時ちょっと前。
ストレスでバスの中で涙目になりながら帰ったこともしばしば。(遠い目)
この私が、よくぞ途中で放り出すことなく続けたなと・・・

腱鞘炎?なのかわからないけれど、もともとの握力がないため、仕事を始めて以来、手の痺れに悩まされていましたが、1ヶ月も休めば消えてくれるでしょう。
ちなみに例の引継ぎの件では、やってきた2名とも、結局引継ぐことなく、やめてしまいました。
理由はそれぞれ違うけれど。でも、その気持ちはとてもよくわかるんです。
むしろ他をあたるのが正解かも。(4ヶ月とはいえここで続けた私も実は結構変わってたりして・・・。笑)
ひとつ言えるのは、フランスで働くには語学を勉強することがやはり大事だなと。
いまだに下手なフランス語しか話せない私がえらそうなことは言えませんが、これだけは絶対!

自分にお疲れ様と言ってあげたい気分。ひとまずは好きなことをして過ごし、体に溜まったこの4か月分の疲れを癒してあげたいです。
もちろん、帰国準備も真面目に始めないとですね!
c0069026_5452695.jpg
今日は、こんなものを食べてましたよ。
大好きなエルメのイスパハン↑と、
c0069026_5463969.jpg
これも大好きなイスパハンのクロワッサン。
c0069026_5465260.jpg
帰国が近いということで、パリのお菓子の食べ収め!笑

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-11-02 00:02 | レストランパティシエの仕事

9月突入

c0069026_14302876.jpg
一度涼しくなったものの、まだまだ30度近い気温とお天気の続くパリ。
c0069026_8434973.jpg

仕事場は32度近くあり、しかもここ2~3日は妙に湿度が高く、不快感極まりなく仕事しています…。

この暑さはお菓子を作る環境ではないような。
タルト生地もだれるしイタリアンメレンゲもなかなか冷めないしサービス中に盛るアイスも暑さで溶けるし。
c0069026_1554588.jpg


毎日2時間程度の休憩を挟み、
朝8時半から夜の11時半頃まで厨房での仕事。
c0069026_8404428.jpg

一週間の始まりと共に、休日までの日数をひたすら数える毎日が続いてます。
c0069026_14311960.jpg

最近疲れがたまっていて、ひとり思いつめていたところに、シェフにちょっとした注意をされました。
それは本当に小さな注意だったのですが、

私はこんなに傷も作って、しなくてもいい火傷もして、いろんなことを我慢して、毎日ひとりで黙々と頑張ってるのに。
私の大変さを誰もわからないし気づかない。

という思いがついに溢れて、涙を流しながらカスタードを炊いてました。苦笑(シェフは横で作業)
火を使う以外は、2階にある小さな部屋でひとりで作業なので、文字通り泣きじゃくりながらしばらく降りずに仕事していました。またまた苦笑

心も体も何だかボロボロになってきてる気がしてきて、もう辞め時かなということをボーっと考えてました。
そのおかげで?職場にひとりだけ居る同僚の人(日本人)とじっくり話すきっかけができて、この2~3日でなんとなく、その人とシェフと3人でうっすら和ができたような。
c0069026_14321318.jpg
その人も私がずっと何も言わないので、このちょっと特殊な職場(その人いわく)をどう思っているのか、何気に疑問だったそう。

持ち場が違うので、なかなか自分の思ってることや不満を、ただひとりの同僚とはいえその人には言えなかったのですが、
文句でもグチでもとりあえず自分はこう思っているということを、口に出してみることは大事ですね。
c0069026_14322968.jpg

正直自分のためになってるのかよく分からない仕事です。
ただ、忍耐力だけはつきそう・・・

9種類(バカンス前は11種類)のデザートの仕込みに加え、雑用その他。

もちろんひとりなので一日でやることは山ほどあり、なかなか仕事をさせてもらえない、という場合よりはましなのかなあ…。
でも余裕がなさすぎて自分のしたいことが思うようにできないのがちょっと・・・というところです。
その自分のしたいことは、目下の仕事をこなすだけで精一杯でなかなか手が届かない。

とにかく、汗をかきながらの仕事が辛いので、早く涼しくなって欲しい…です。
c0069026_14324891.jpg

あと一日すれば、日曜の朝はゆっくりです。
午後からまた仕事だけど…

写真は4枚目をのぞき、72番のバスを降りて職場に向かうときに通る朝のコンコルド広場。
美しくて心が癒されます。


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-09-03 08:37 | レストランパティシエの仕事

やけどの薬

c0069026_16381494.jpg
ビアフィンという、フランスのやけど用の薬。

やけどをした際は、兎にも角にも、すぐに氷水で冷やすのが常識ですが、
このビアフィンはやけどによく効くらしい。
それも、たっぷり目に塗ること。

跡に残りやすいやけどですが、確かに、塗ると塗らないではだいぶ違う!…と思われます。
これの存在をもっと早く知ってればよかった。

日本に買って帰ろうかなあ…

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-08-21 16:25 | レストランパティシエの仕事

エスカルゴのレシピ

レストランの仕事でシェフがバカンスで不在の3週間、(料理人でもないのに)前菜をしていたときに作っていた、エスカルゴのレシピです。
(約には立たないかもしれませんが・・・。苦笑)
c0069026_552408.jpg

1.エスカルゴ(缶詰のもの)→洗って、フライパンにバターを熱して炒め、塩・胡椒する。仕上げにパスティスを少々ふり、冷ましておく。
2.洗ったパセリ(大き目のボウル一杯ほど)と、半分に切って芯を除いたにんにく2球をフードプロセッサーにかけて、細かくする(A)。
3.室温に戻したバター(お店では2キロ)をなめらかにし、そこに塩、Aを加えてにんにくパセリバターを作る(B)。
4.型にBを少し詰め、エスカルゴをひとつ入れ、さらにBを詰めてスプーンで表面をなめらかにする。
5.抜き型で丸く抜いた食パンをのせる。(この状態で冷凍できる)
6.オーブンで7~8分ほど焼く。

明日からまた仕事再開です。
数日間しっかり休んだおかげで、疲れはすっかりとれました。
この余力を活かして、また一週間乗り切りたいです・・・

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-08-16 05:59 | レストランパティシエの仕事

大掃除

嬉しいことに来週、一応私も夏休みをもらえるということで、
今週の後半から、大掃除メインの二日間でした。

このバカンス時期、仕込みの量もお客さんの数もぐっと減ったのをいいことに、
このお店に入った一ヵ月ちょっと前からずっと気になっていた箇所をほぼすべて綺麗にすることに。

仕事場が暑く(計ったら32度ありました)、汗だくになりながらの大掃除です。

作業台の引き出しの中身を全部ひっくり返して丸洗い→日干し
入っていた中身をきれいに拭いて並び替えて戻し(ああ気持ちいい!)、

大きい冷凍庫と小さい冷凍庫2つの霜取り作業、
入っていた中身をすべて分類して、取り出しやすいように戻し(これも気持ちいい!)、

この作業でバケツ3~4つ分の氷を取り除くことができました(どれだけほっておいたんだ)。

作業台の下にずっと置いてある大き目の道具箱3つを綺麗にし、

しかし!!

このとき、私のとっての開かずの道具箱だったこの箱、中身(謎の型がいろいろ入ってました)を確認したところ・・・
予想外の数のゴキ(以下G)が…

それを見る前にもGの存在は知っていたのですが、この日は一体、何匹のGを見たのか…

とはいえ、幸いなことに(?)フランスのGは日本のそれとは違い、茶色で大きさもカナブンくらいのサイズ。
動きもあまりすばしっこくない(気がする)のです。

とりあえず中身をすべて流しにぶちまけ、洗剤をふりまき、隠れてるGを洗いざらい流し、
中身は即座に洗浄機にかけて洗浄、除菌!!!

ハアハア・・・

難を逃れたGたちも、見つけたらすぐに洗剤をたらして退治しました。

あ~おそろしかった。

やりだしたら勢いが出てきて止まらなくなり、あそこもここもやらなければ!と、
仕事そっちのけで大掃除してしまいました。

大掃除は段取りが大事ですね・・・これを一日でやろうとしたら無理な話。

2~3日かけて、気になるところから優先的にどんどん片付けていったのが正解でした。
これで休み明けは気持ちよく働けそう…です。

でも、疲れた~!

今日は昼寝をしてました。

最近腱鞘炎(と思われる)に悩まされてるのですが、休み中に少しでもよくなることを願いつつ…。
とにかく、休みが嬉しい!!

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-08-07 04:38 | レストランパティシエの仕事

2回目の半日休み

c0069026_1746935.jpg
6月30日、午後16時頃のチュイルリー公園(仕事場が近くなのです)。
絵になるおじさん。
この日は晴れててさわやかで、最高によい気候でした。


2回目の半日休み(午後16時から仕事)の合間に久しぶりの更新です。

新しい仕事開始の24日から、怒涛の一週間とちょっとが過ぎました・・・
気づいたらもう7月に突入。
毎朝8時半から0時過ぎまで厨房の中で過ごしています。
ほぼ毎晩、0時45分頃の最終バスで帰宅の日々。

本当は午後に2時間のあるにはあるのですが、休憩を取ってたらとてもmise en place(仕込み)が間に合わない…のです。(仕事が遅いので)
今週はたった一日だけ1時間半の休憩をとっただけで、それ以外は文字通り朝から晩また立ちっぱなしで働き通し。

結構繁盛してるレストランらしく、やることも多く、私がかつて経験したことのない忙しさ。
常にフル回転で体を動かしてる状態なのです。

しかも、私が仕事する場所は厨房の2階部分の小さな部屋で、
仕上げたデザートを送るのはもちろん、2階に冷蔵室があり、その中にある野菜や肉など、シェフに言われて下ろしに行ったり、お客さん用の飲み物や氷をその都度下に下ろしたりするのも私の役目。
フレッシュジュースを絞るのも私で、その都度自分の仕事を中断。
デザートの仕込みに加え、そういう雑用がかなり多い。
それゆえ階段の上り下りの数が半端なく…しんどいです。

最初の頃は1日一個、必ず火傷(または小さな怪我)をしてましたが、
(数えてみたらやけど7箇所、切り傷2箇所…。悲)
最近それもようやくなくなり…


それでも今回、仕事場に慣れるのは早く、作ることに関することも完全にひとりの仕事なので、ストレスもほとんどありません。
シェフはちょっと怖いけど、なんとかやっています。
材料もたくさん使わせてくれるし、細かいことも言いません。

何より、たくさん仕込みができて、それらがちゃんとなくなっていくのが嬉しいです。

レストランではもう二度と働きたくないなんて思ったこともあったけれど、
環境によるかなあと思い直してるところです。
今回は疲れよりも楽しさが勝ってるので、しばらくはこのまま頑張れそうです。

今夜働けば、明日はようやく休み!です。
ふうう~…


いただいたコメントはありがたく読ませていただいています。
返信ができなくて申し訳ないのですが…
ものすごく励みになっています。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-07-03 17:47 | レストランパティシエの仕事