<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ストラスそしてコルマール

家族との旅行の続き。
8月19日土曜日
今日は朝から快晴!暑いです。
c0069026_22445347.jpg
ストラスブール駅構内。駅は工事中です。噂ではそれによってパリ-ストラス間の乗車時間4時間なのが、2時間ほどに短縮されるそう!)お昼時なのでPAULで食料も調達です。券売機(↑の写真の青いやつ)で週末限定チケット「Pass evasion」を買って出発。
c0069026_2221691.jpg

さあ、久しぶりにコルマールにやってきました。光がさんさんと降りそそいで、本当に素敵なところです。
c0069026_22274356.jpg
小さな本屋さん。各地の地図や、アルザス地方ならではの料理や手芸の本を扱っています。
c0069026_22281421.jpg
街のパティスリー「Jean」が、外にピンク色の移動式スタンド(何て呼ぶのでしょう)を出して、アイスを売っています。
食べる前に撮らせて!
c0069026_22251644.jpg
フランボワーズ、マンゴー、パンプルムース(グレープフルーツ*写真には写っていません)のソルベです。甘さも程よく、美味しいいー。強すぎる日差しでだいぶダメージを受けていましたが、冷たいものを補給して、元気が出てきました。
バカンス中で閉まっているお店も結構あったけれど、天気が良くてほんとうにラッキーでした。

c0069026_22314986.jpg
行きの電車の中で食べたマカロン(PAULのピスタチオ風味なのですが、これはまた食べたい!日本にあるかは知りません。甘いけれど、おすすめです)。
by blueblau1 | 2006-08-31 22:28 | Voyage旅行

シゴーニュ

8月19日
ストラスで家族と2泊したホテルは、大好きなオランジュリー公園の近くでした。
朝、公園の中を突っ切ってバス停へ向かいます。
c0069026_2251240.jpg
公園の中にあるコロンバージュの可愛い建物。ここはレストランだそうです。
c0069026_22511689.jpg
あれ?屋根の上、あんな飾りあったっけ…と見ていると…動きました!
なんと生のシゴーニュでした。ああびっくり。
以前一回見たことがあるけれど、やっぱりここで飼っているのかな?
c0069026_22504920.jpg

by blueblau1 | 2006-08-31 21:49 | Voyage旅行

オランジュリー美術館

8月10日
12時半開館(今はどうだか知りません)のオランジュリー美術館、知らずに11時頃到着した私たち…。仕方ないのでお昼のサンドイッチを調達し、ベンチで食べながら時間を待つことに。しかし!12時半になると、美術館の扉の前はすでに長蛇の列。そしてなかなか進まない…。
しかも、この日、風が横にビュービュー吹きすさぶ、非常ーーに寒い日だったのです…はやく入れてくれー。
c0069026_1323425.jpg
この男の子なんか、あまりに寒いからこうして風をしのいでいます!
しばらく待って、無事に入場、中のあたたかさにほっと一息でした。
c0069026_151389.jpg
モネの睡蓮の絵がこのように壁に展示され、モネの世界一色です。
c0069026_147392.jpg
赤い服の少年は、デジカメで一生懸命写真を撮っていました。
by blueblau1 | 2006-08-31 01:39 | Parisパリ

ジェヴェルニーの庭

8月11日
私の中で特に印象に残った場所、ジヴェルニー。画家モネの家がある村です。
パリから電車で1時間ほどのVERNONから、さらにバスに乗って行きます。
c0069026_047202.jpg
村の中にあった植物。
c0069026_0511144.jpg
モネ通り。舗装されていない道には車などほぼ皆無で、庭先にきれいに花を咲かせた小さな家々が、静かに並んでいます。のどかな時間が流れています。平和そのものです。ここに住みたい!と姉。いやいや…。
天気も上々で、私たちはとても幸せな気持ちになってモネの家へ向かいました。
c0069026_1221386.jpg
淡いピンク色の壁に緑色の窓枠のモネの家。中は撮影禁止です。日本の浮世絵などがたくさん飾られていました。
c0069026_164725.jpg
c0069026_1104567.jpg
庭に咲いていた美しい青色の花。モネの絵にある睡蓮の池のまわりも散歩しました。
しかし…庭広すぎ!モネはお金持ちだったんだねーと皆で話す。

c0069026_1172275.jpg
帰り道に、道端で寝ていたイヌ。私たちに囲まれているにも関わらず、目をかたーくつむり、起きる気配まるでなしでした。絵描きの飼い主のイーゼルのそばが、きっと居心地いいのでしょう。
by blueblau1 | 2006-08-31 00:50 | Voyage旅行

マンゴーのソルベ

8月8日
パンテオン、リュクサンブール公園を散歩の後、クリスチャン・コンスタンにて、パリに来た家族に食べてもらいたかったチョコケーキ、フルール・ドシーヌ。そういえば、ちゃんとケーキを食べたのは、今思うとこのときだけだったな(やはり3度の食事のほうに気がいってしまうため)。
c0069026_0284976.jpg
c0069026_0312379.jpg
父のマンゴーアイス。これは美味でした!とっても濃厚で、甘い完熟マンゴーのソルベでした。さらにアオキの抹茶エクレア(初めて食べた)と白ゴマのエクレアを買い、ヴォージュ公園で仲良くわけ合って食べる^^。
c0069026_036014.jpg
今回4つも胃袋があったにもかかわらず、あんまり食べなかったのです…。
マレ・バスティーユ地区のヴォージュ公園や庭園(どこかの建物)など、今日はまったり散歩コースでした。
by blueblau1 | 2006-08-31 00:33 | Voyage旅行

腹ごしらえ

17日間の旅行の記憶をつらつらと書いていきます。
8月12日
旅行中のお昼ごはんは、結構どうしたものか…という感じになりがちです。マルモッタン美術館に向かう途中、雨が降ってくる直前に入った、ブーランジュリー兼パティスリーのサロン・ド・テ。
c0069026_20535611.jpg
ながーいサンドイッチ(チキン入り)に、これまたチキンの入ったサラダ。りんごジュース。
c0069026_20541569.jpg
キノコのキッシュ、ハムとチーズ入りのパイを温めてもらい、遅めのお昼ごはんです。このハム入りのパイが美味しかったなあ。

*このあとやっぱり大雨が降ってきて、皆でびしょぬれになるのです…。

そして雨上がりの午後、マルモッタン美術館にて、モネの「印象・日の出」を見たのでした。
by blueblau1 | 2006-08-30 20:48 | Voyage旅行

蚤の市

8月12日
朝からうすら寒く、小雨が降ったりやんだり、なんだか嫌な曇り空の今日。
c0069026_2042297.jpg
ヴァンヴの蚤の市です。
c0069026_20422350.jpg
カラフルなボタン。キャンディーのようで、見ているだけでワクワクします。
c0069026_20424821.jpg
寒さに打ち震えるイヌ。
c0069026_20431467.jpg
パグイヌ。

カワイイ!!
by blueblau1 | 2006-08-30 20:43 | Voyage旅行

赤ちゃん

まず、お見せしたい写真からいきますね。
8月15日
信号待ちしてる横で見つけたもの、それは…
c0069026_20285693.jpg
赤ちゃん。
雨のちらつく中、お母さんに毛糸で編んだものをグルグルと巻かれて、ニコニコです。
c0069026_20274050.jpg
c0069026_2028150.jpg
赤ちゃんって、みんな可愛いものですが、世の中にはこんなに愛くるしい赤ちゃんがいるのですね
by blueblau1 | 2006-08-30 20:27 | Voyage旅行

家族が帰って

朝目が覚めて、一人でいることがなんだか不思議に思える位です。
ちょっと前まで、17日間も、日本から来た家族と一緒に寝泊りしていましたから。

いろいろありました。でも、もう楽しかった思い出しか覚えていません。

でも、どこからアップしたらいいものか…
by blueblau1 | 2006-08-29 19:35 | Voyage旅行

久しぶりに見た宮崎アニメ

友人の部屋のパソコンで「魔女の宅急便」を見ました。
ユーミンの歌が懐かしいー
小学生くらいの時に見たきりだったから、今回改めてストーリーを確認した。キキは13歳だったのだなあ。決心して、お父さんお母さんのもとを離れて見知らぬ町へやってきたキキ。
身分証明書もないからホテルにも泊まれず、夕方、行くあてもなく外の階段に腰かけているキキ。
でも、親切なパン屋のおかみさんが、そんな彼女を粉だらけの屋根裏部屋に住まわせてくれる…
しかし、キキ、まだ13歳なのに、もう自分の将来のことを考えているなんて。
見知らぬ土地、人との出会い、希望そして落胆などが。

宮崎アニメはやっぱりいいな。

小さな時に絶対見ておくべきだな。
by blueblau1 | 2006-08-27 19:17 | Parisパリ