<   2008年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

夏時間の始まり

忘れるところでしたが…

3月の終わりの日曜日の今日で冬時間の終わり、時計を一時間進めて、明日から夏時間の始まりです。
by blueblau1 | 2008-03-31 06:58 | Parisパリ

4区から6区へ

只今パリに滞在中のmireiさんとお菓子屋さん巡りの続き…
c0069026_6293.jpg
エクレアと一緒に写っているのは、マリアージュフレールのパックのお茶、カラメルの甘~い香りとフローラルな味わいで、これまた美味!でした…mireiさん、ごちそうさま!

祝日の月曜日、ということで、あいてそうなお店といえば…ランビュトー通りのPain de sucreか?と、向かった先、やっぱりやっていた!よかった♪
c0069026_622745.jpg
mireiさんおすすめのエクレールを一緒に買ってみました。フランボワーズ、もうひとつはマンゴーのエクレアです。
その後、さらにジェラール・ミュロを回った後、雨が降り出したので、私の部屋で落ち着くことに。
殺風景で狭くて、人を呼べるような広さではないのですが^^、最近はもう開き直りました…。やっぱ狭くて多少むさくるしくても、自分のおうちは落ち着く!
c0069026_624775.jpg
ミュロのタルトショコラ・オ・レ。
ミルクチョコレートガナッシュがまったりなめらかで美味!上のヘーゼルナッツのクランブルも美味しい。
c0069026_63953.jpg
これはmireiさんの選んだ、桃のシブースト。ちょっと甘みが強かったけれど、さわやかな桃とよく合いました。
ああ、今日食べたもの、全部美味しかった~
by blueblau1 | 2008-03-31 06:16 | Pâtisserieパリのお菓子

久しぶりの再会

c0069026_513095.jpg
2006年に、パリでお会いしたことのあるmireiさんと、今日約2年ぶりの再会です。
mireiさんも私に負けず劣らずお菓子好き^^。
自宅でお菓子教室も開かれている方です。
c0069026_4355688.jpg
祝日でもあいていた、マドレーヌにあるラデュレにて。
だいぶ悩んで、私はピスタチオとイチゴのサントノレ。
ほんのりピスタチオ風味の生クリーム(シャンティー)がとっても美味しい。その中にはピスタチオのクリームパティシエール、イチゴのコンポートがかくれています
c0069026_5131113.jpg
奥はmireiさんの注文した、美味しいと噂のパン・ペルデュ(=フレンチトースト)。+コンフィチュール、メープルシロップ、シャンティーの中からどれかを選びます。
半分もらったら、パンは乾いたバゲットではなく、バターたっぷりのブリオッシュ・ムースリーヌが使われてるようです。口どけのよさがとっても印象的なフレンチトーストでした。なんか、あっという間にたいらげてしまった。
c0069026_51479.jpg
やっぱり、話の内容は全部お菓子^^。
近況報告などをし合い…
c0069026_52311.jpg
気付けば、2時間近くもおしゃべりしてしまいました…。
c0069026_522185.jpg
ああ、美味しく、楽しいひと時だった!
でも、今日はこれでおしまいではないのです…パリに着いてからすぐにベルサイユにあるお菓子屋さんでの研修がはじまり、パリでのお菓子屋さん巡りをまだしていないというmireiさんと一緒に、祝日のお菓子屋さん巡りです。

月曜・祝日ということで、うーん、どこがあいてるかな?続きます。
by blueblau1 | 2008-03-29 04:41 | Pâtisserieパリのお菓子

近況報告

ホテルでのスタージュ(※)が終わり、私は今おもに何をしているか?
というと、実は一か月ほど前からまた新しい場所でのスタージュ中です。

今月新しくオープンしたばかりの、フォションのカフェです。
日本の新宿高島屋にも、パリより前にできているそうですね。

そこの新しいシェフというのが、なんと以前私がお世話になったレストランと同じシェフなんです。(以前から見ていてくださっている方はご存じですよね)

去年の12月、7区のレストランが閉店して、私は例のホテルでのスタージュが始まり、シェフはシェフで、新たな仕事を探していたのでしょう。
しばらくして電話がかかってきました。

今回Fauchon Le Cafeのシェフになったから、よかったらまたそこで次のスタージュをしないかというのです。

私としては、「あのシェフ+あのフォション」とは、まさか予想もしなかったのですが…そしてまたこうも早く一緒に働くことになるとは。
うーん、どう流れるかわからないものですね。

カフェのほうは、オープンして1週間が始まりました。

シェフは変わりませんが、環境がすごく変わりました。
まず、キュイジニエ(料理人)がたくさん!
以前のレストランではアプランティ2人(+私)だけだったのに^^
c0069026_763583.jpg
今月の21日にオープンしたばかり。カフェの窓からはマドレーヌ寺院が見えます。

母には「よく頑張ってるね」と言われ、姉からは、「あんたはラッキーだねえ~」と、(ちびまるこちゃんのお姉ちゃんのような口調で)言われるのですが…

正直、自分では今はよくわかりません…^^

でも、きっと後になってから、とても貴重な経験になるでしょう。

※スタージュ制度
フランスに存在する研修制度で、学生の身分で、期間を決めてお店で働くというもの。
日本とは違い、いくら働いても報酬はなしもしくは月350ユーロまで、と規定が決まっているそう。


どうなるかわかりませんが、どうぞ見守っていてくださいね。
また報告します。
by blueblau1 | 2008-03-28 07:04 | スタージュ日記・カフェ編

手紙

日本の母から手紙が届いた。
c0069026_6161397.jpg

一週間前にも手紙をもらったばかりなのに。
ついこの間の電話では、最近になって、手紙を書く楽しさに目覚めたという母。

確かに、人の書いた文字がある手紙、受け取る側は、とっても嬉しいですよね。

封筒の中には、

母が撮った最近の写真が数枚。
日本の新聞の切り抜き(日本のお菓子の流行り、桜を使ったデザート、などお菓子に関する記事)。
日本の切手に…
きれいな和風の絵葉書も。

そして、何気ない日記のような、母からの私へのお便り。
いつもの走り書きのような斜め上がりの筆跡で。

向こうの暮らしぶりが目に浮かんでくるようでした^^。

私がこっちで一人で暮らしててもあんまりさみしくないのは、やっぱり母と父がちゃんと愛情をくれたから、と思う最近。
そういう確信があるというのは、何よりの幸せだなあ。

お手紙、ありがとうね!
by blueblau1 | 2008-03-26 05:42 | Parisパリ

ラム酒の香るcake aux fruits

c0069026_5193465.jpg
私は焼き菓子が大好き。
断面にちりばめられたドライフルーツ、2種類のレーズンに、自家製オレンジコンフィも。

好みでドライイチジクや、アンズを入れても美味しい。

フルーツケーキは日持ちがして、コーヒーより紅茶によく合う焼き菓子です。

焼き上がりに、ラム酒をたっぷりうってみました。
c0069026_5231254.jpg

by blueblau1 | 2008-03-25 05:19 | Mes pâtisseries私のお菓子

パックのヴェルサイユへ

日曜日のお昼、電車に乗って、ヴェルサイユへ行ってきました。
遠いと思っていたけど、各駅じゃなければ20分足らず、片道3ユーロ足らずで行けるんだ!

実は今回ふたつの目的がありました。
ひとつは、知り合いの日本人の方が、ちょうど今研修中のお菓子屋さん。
もうひとつは、私の以前のスタージュ先の、社員として働いていたパティシエ(フランス人)が移って働き出したというお菓子屋さん。
後者の方は、方向音痴の私、地図と住所を教えてもらったにもかかわらず、たどり着けず…(我ながらちょっと重症)
次回リベンジだ~。

でも、前者のほうの目的はバッチリ。
c0069026_335091.jpg
ちょうどパック当日ということで、パックらしく飾られたアントルメが人気の様子。
c0069026_34387.jpg
c0069026_342319.jpg
美味しそうなお菓子を買って、カフェでコーヒーを注文。
ちなみにこっちのカフェでは、お菓子を持ち込んで食べても、文句は言われません。
静かに、お行儀よく食べましょう~
ピスタチオのマカロンケーキと、チョコクリームのタルト。どちらも美味しく、食べ進む手を止めることができません…。
c0069026_5322856.jpg
「Joyeux Paques!」
次回ヴェルサイユを訪れるときは、前述のパティスリーと、ここのマルシェも見たいなあ。
c0069026_664072.jpg

さて帰ろうと駅に向かうその時、雪が一瞬だけ降ってきました。
このときは、さすがにかなり寒かったな…

c0069026_53264.jpg
これは、モンパルナス駅で買った、ブルボンバニラとラムが、贅沢にたっぷり入ったカヌレ。
ほんのり温かくて、中はモチモチ!でした。
by blueblau1 | 2008-03-24 03:04 | Pâtisserieパリのお菓子

シュクレ・カカオ

ちょっと前(バレンタインのころ)に行ってきたお菓子屋さん「Sucre cacao」。
20区のガンベッタ駅にある、個人的にかなり注目してるお菓子屋さんでもあります(行きにくい場所にあるので、行くのはこれで3回目だけど)。
c0069026_5211197.jpg
とにかく並んでいるお菓子がきれいで、美味しそうなのです。
c0069026_731859.jpg
一足踏み入れた瞬間から、このお店のレベルの高いことがわかります。商品の見せ方、お菓子の構成や見た目もすてき。どれも買いたくなります。
c0069026_6571490.jpg
このお店の存在は、私がフランスに来るずっと前に放送された「ウルルン滞在記」で知りました。
c0069026_6573314.jpg
テントウムシのアイスケーキ。

その時のレポーターの女の人、クロカンブッシュの飴を作ったり、職人気質で厳しそうなシェフに泣かされたり(?)、大変そうだったなあ…今あの回を、もう一度見たいものです。
(確か録画してたかも)
c0069026_5222415.jpg

私の好きなお菓子屋さんとは、お菓子を買って食べる前から、お店に入った瞬間から、わくわくするような夢を与えてくれるもの。
c0069026_7233883.jpg

こんなお店が近所にあったら、常連になるなあ…。
by blueblau1 | 2008-03-23 06:54 | Pâtisserieパリのお菓子

ショーウィンドウの中のウサギ

c0069026_4365755.jpg
パックということで、お菓子屋さんのショーウィンドウには、ウサギやら卵やら、可愛いモチーフが飾られています…
c0069026_4371573.jpg
c0069026_4373559.jpg
こっちは、本物のウサギ。こんなちっさな子ウサギが、ショーウィンドウ?の中で飼われていました。
ちなみに、ここは花屋さんです。
以前店の前を通りかかった時には、カナリヤがいました。
c0069026_4375198.jpg


人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-03-19 04:37 | Parisパリ

ムフタール通りで朝ごはん

c0069026_2304271.jpg
この日曜日、最近メールでやりとりしていた方と、幸いにもお会いする機会があり、じゃあ朝ごはんを一緒に!とやってきたお店、ムフタール通りのカフェにて。
私はリエットのタルティーヌ(写真上)を注文しました。リエット、酸味のあるパンとよく合います。
c0069026_2305783.jpg
相手の方の選んだ朝食セットには、いろんな種類のパンとともに、これまた数種類のジャムや甘いペーストがついてきます。
これは、見た目もさわやかなライムグリーンのジャム。
c0069026_2462521.jpg

お店の前のムフタール通りは、マルシェもあるし、日曜日にもかかわらず営業しているお店も多く、賑やか。いかにもパリらしい雰囲気のある、好きな地区の一つです。


そしてもうひとつの美味しい話…

「すごく美味しかったので、ぜひ食べてみてください」と、お土産にもらったサブレ。
c0069026_735639.jpg
濃厚なバターの風味に、ほんのり塩がきいていて、あまじょっぱく、ザクザクした食感。またこの厚みがたまらない!!

久しぶりに、こんな美味しいサブレを食べました。
本当にありがとうございます…

修道院で作られてるクッキーで、パリのサンポール駅近くにある、「プロデュイ・デ・モナステール」というお店で買えるそうです。
by blueblau1 | 2008-03-17 02:46 | パリのレストラン