<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ベランダで夕ごはん

昨日の夕方のこと。シェフ夫妻から、友人のフランス人2名、私、の計5名の、自宅での夕食に招かれました。
アパートにお邪魔すると、ベランダにテーブルが用意してありました。
夏の空気を感じながらの気持ちのいい食事は、この時期ならでは!
c0069026_7467.jpg
アペリティフ(食前酒)にジンとカシスリキュールのカクテル。辛口の大人の味。夏野菜、オリーブなどのおつまみと。
c0069026_734993.jpg
このテーブルのナップ(テーブルクロス)は、バスク織り。
緑と赤が伝統だそうですが、これは青と赤。
招かれ客のひとりがバスク通で、お勧めのお店などについていろいろ教えてもらいつつ、楽しい夕食です。
皆の会話の内容は夏のバカンス、そしてやっぱり食べ物関係の話^^
c0069026_742192.jpg
前菜は、コンコンブル(きゅうり)の冷たいガスパッチョ。マスカルポーネクリームを乗せたカリカリのトーストとともに。フロマージュブランベースで、とても軽く、夏にぴったりの味。
書いててまた飲みたくなってきた…
c0069026_743898.jpg
そしてメイン。鴨の胸肉のソテー。
付け合せのにんじんがとっても甘くて美味しい!その下は巨大なナスのローストです。
さすが元ひとつ星シェフのもてなし料理。大変美味しくいただきました…。

おしゃべりが得意のフランス人。食事中も、会話が途切れることはありません…。

食事の間、私は電子辞書片手にしてましたが、
面白い表現をふたつ覚えました^^

courir le jupon(女の尻を追い回す)

soup au lait(すぐにかっとなる人)


続きます

人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-07-31 07:32 | スタージュ日記・レストラン編

metro

c0069026_3544739.jpg

by blueblau1 | 2008-07-27 04:02 | Parisパリ

clafoutis aux cerises

c0069026_583955.jpg
7区のパティスリー「Jean Millet(ジャン・ミエ)」を久しぶりに覗いた。
夏らしい「フルーツのテリーヌ」が美味しそうだった…
けど今日気になったのは、いかにも素朴な外観のお菓子「クラフティ・オ・スリーズ」。
これは少しお酒が入っていて、ぷるんとした食感のやさしい味わい。
さくらんぼがたっぷり入ってるので、ペロリといってしまいました。
c0069026_59334.jpg
ジャン・ミエはルレ・デセール加盟店。いつ行っても古典的なフランス菓子が並んでいて、昔ながらのお菓子屋という感じ。この日はエプロンをした感じがなんともレトロなおばあちゃまが、お菓子を包んでくれました。
ちなみにここのラム酒たっぷりのクロワッサン・オ・ザマンドは、一度食べる価値あり。私のお気に入りのひとつ^^。
c0069026_512787.jpg
こっちはパン屋さん「メゾン・カイザー」のクラフティ。
そういえば去年もこの時期これを食べてたな…

生地はまったりとクリーミーな食感でこれも美味しい。
クラフティは生クリーム多めのクリーミーなプリンタイプのものから、粉が多めで焼き菓子に近い食感のものまで、配合によっていろんな味わいがある。
私は粉少なめのまったり、やわらかめのクラフティが好きかな。

人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-07-25 05:25 | Pâtisserieパリのお菓子

le 22 juillet

c0069026_5532922.jpg
シテ島のメトロ内の感じ。この駅だけ、ちょっと他と違います。

さてこの22日、プレフェクチュールとのランデブーがありました。
この日はこの件が終わってからも妙に落ち着かず…

とはいえ、無事に学生ビザ更新が済みまして、レセピセ(仮の滞在許可証)をもらいました。
ふう~~
よかったです。4月からの心の荷がようやく降りました。

Je suis follement amoureuse de la patisserie francaise...私をここに引き止めるもの。それは人でも物でもなく。それは他のなんでもない、フランス菓子…

今年の10月でフランス滞在3年が経ち、そして4年目に入ります。(今自分でドキッとしました…もうそんなに??)


人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-07-24 06:04 | Parisパリ

友人宅でごはん

突然のお誘いを受け、友人宅にて日曜日のお昼ご飯はん♪(会うのは実に2年ぶり)
c0069026_312934.jpg
お好み焼きをごちそうになりました!
c0069026_314931.jpg

ふんわりしてて、キャベツがたっぷりはいってて(焼く前の生地だけを見るとサラダ?と勘違いしそうなくらい)、それはそれは絶品!の美味しさでした…
c0069026_23525490.jpg
お好み焼きの後のデザートは、あっさりしたものがいいかな?とマスカット、フランボワーズ、平たい桃のフルーツサラダを作って持っていきました。
c0069026_312279.jpg

朝は、歩いて5分ほど先にあるマルシェで買い物。
平たい桃(peche plat)は、日本で見ない果物のひとつ。味はまあ桃…なんですが、見かけが珍しくて面白い^^。一キロ購入。
明日からバカンスだから、あまりたいしたものは残ってないのよ~というチーズ屋さん。
確かに生鮮食品より、日用雑貨とか服とか売ってるお店が目立ってた。ちょっと寂しいです。
c0069026_352379.jpg

美味しいお好み焼きをおなかいっぱい食べて、久しぶりの友人といろんな話をして、大満足!の午後。
ご馳走様でした!

人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-07-23 05:00

7月5日

先々週の土曜日のこと。
レストランで一緒の2人のキュイジニエが、それぞれの事情でお店を去っていきました。
c0069026_232563.jpg
昼のまかないはモロッコ出身のキュイジニエ作のクスクス。
本人は塩が足りないと言っていたけれど、私にはこの薄味がとても美味しかった。
しかも柔らかく火が入ったニンジンやらズッキーニなどの野菜がたっぷり!
夜にはさらに味がしっくりとなじんでさらに美味でした。(二回も食べた私)
c0069026_241542.jpg
持ってきてくれた手作りのモロッコのお菓子。
c0069026_243098.jpg
うち一人のキュイジニエが、私が以前「機会があったら見せて」と言っていたシュクレ・フィレをやって見せてくれた。彼は以前働いてたレストランでキュイジニエ・パティシエとしてこれをよくやっていたそう。
最後にいいものを見せてもらいました。ありがとう。
c0069026_23394982.jpg
顔がひきつってます^^
その日の夜、オフだったスーシェフが、一人息子を連れてやってきました。
この坊やがすごくかわいい!
(ですが、人見知りで笑ってくれません…^^)
普段はとっつきにくいスーシェフではありますが…「Mon coeur、mon coeur(私の心)」と呼びかけたり、息子を前にするとデレデレ^^。
さぞかしかわいいんだろうなあ~

一緒だったメンバーがいなくなったり、新しいメンバーが入ってきたり、時間ってたつものです。
by blueblau1 | 2008-07-20 23:48 | スタージュ日記・カフェ編

Le foire 夏の移動遊園地

c0069026_7135542.jpg
チュイルリー公園内のミニ遊園地にて。
楽しげな人々を見て、今度観覧車に乗ってみようかな?
という気になりました。乗るかなあ…
屋台のおじさんお兄さん、チケット売り場のお姉さん、皆がそろってかったるそうな様子をしてるのが面白い…

道を挟んでコンコルド広場に向かうと右手に現れるサロン・ド・テ「Angelina(アンジェリーナ)」。
c0069026_7273096.jpg
ショコラショーとモンブランでとても有名なお店。
お茶の時間でしたが、お腹が減ってたので、どっちかというと塩味のものが食べたい!と私はサーモン・サラダを、友人はクラブ・サンドイッチを。
サラダなのにお腹がいっぱいになりました。

周りを見るとみんなやっぱりショコラショー飲んでます^^。
そして隣にいたアメリカ人男性はひとりモンブランを食べながら、ウエイターと一生懸命フランス語の会話を。(でもところどころ英語がまじっている)何やらしつこくお菓子のことについて聞いています。スイーツ好きな人なんだろうなあ。
ああ、いいなあ。この、美味しいお菓子を食べよう!と思って来ている人が大多数のこの空間。落ち着きます。
c0069026_7251785.jpg
気の合う友人との食事ほど美味しいものはありません…

人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-07-19 07:16 | Parisパリ

Romain君のこと

Romain(ロマン)君は、今レストランで一緒の、シェフの以前のレストランで知り合って以来の仕事仲間。
丸々とした体格、包丁を研ぐ手つきがさすがで(速い)、営業中は汗を滝のように流しながら(笑)、真面目に仕事しています。
ふざけ好きだけど、とても礼儀正しい。
彼のお父さんはランジス市場で働くお肉屋さんで、早朝シェフの車で3人で一緒に訪ねたこともあります。
私よりもずっと若い、まだ18歳のアプランティ。
*アプランティ=職業訓練学校に通いつつ、決められた週ごとに現場・お店で働くこと。見習い。

ここ最近のこと。
環境が(厨房内の)かなり変わったのが大きかったのか、正直、ここでこうして働くのがつらくなってきました(気持ち的に)。
とういのは、
キュイジニエは数人(5~6人)で働き、仕込みをし、時間になったら交代制。
デザート担当の私はたったひとり。

そりゃ、仕事量も料理とデザートじゃぜんぜん違うだろうけど…正直、ズルイと思うのです。

誰とやり取りをするでもなく、黙々と自分の仕込みと仕事を終わらせる日々。
(というかおしゃべりをする余裕が自分にはない)
私だってそれほどデザートの出番があるわけじゃないけれど、お菓子は生もの。
毎日仕込みは少量ずつだけどたくさんなのです。

楽をしようとすれば、すぐに自分に返ってくるし、できるだけ進められるところまで進めていかないと、後で困るのは自分。
人に任せたりも、人のせいにも自分にはできません。
とはいえ、いい加減な仕事はしたくない。
真面目だけど要領が悪い…だから苦しいんだ、と自分で思います。

「まだ帰らないの?」
と言われると、自分は要領が悪いんだ、だから終わらないんだ、と本当に悲しくなるんです。

一人だと変なプレッシャーを感じることがないし、一人で黙々と仕事をするのは、今まで好きだったけれど、こんな風に一人で働くのは今後はないだろうな…
と、思うこのごろ。

ストレスを感じたとき、フォローしてくれる人もいなくなりました。
「あらら、そんな悲しそうにしないで」
「以前と違って、今は悲しそうだね」
と、サービスの人からも言われてしまいました。

今日の日記は愚痴になってしまいましたね。

もちろんキュイジニエだって、サービス係りだって、いろんなつらい事がたくさんあることと思います。
自分ひとりだけが大変な訳ではないけれど…

私の悶々とした気持ちが顔にも表れていたのでしょう、
「大丈夫?今日はいつもよりボーっとしてるみたいだけど。」
と、心配そうに聞いてくるロマン君。
その後も、
「仕事以外のことでも何でも、何か心配事があるなら僕に言ってよね、僕の電話番号まだ持ってるよね?」と、本当に心配そうな顔で聞いてくれるのです。


普通、自分より年上の人間に対して、こういう風に心配できるだろうか?

こんないい子によくぞ育ったもんだ、親御さんはエライ、ブラボー!
と、妙に感動してしまいました。

ロマン君は私の心の癒しかもしれない。
いや、今までずっとそうだったんだ、と気づいた今日でした。

ありがとう、ロマン君。

人気ブログランキング
クリックお願いします

by blueblau1 | 2008-07-17 04:36 | スタージュ日記・カフェ編

キャトーズ・ジュイエ:続き

c0069026_56195.jpg
↑ラデュレのシャンゼリゼ大通り店。
ラデュレといえば、近々日本の銀座のデパートにお店が入るようですね!ついにラデュレも…という感じです。
久しぶりなので、食べたことのないフレーバーをと、ミント、ココナッツ、シトロネル、オレンジの花の水のマカロンを味見。見るとついマカロンを買ってしまう…
c0069026_564662.jpg
凱旋門付近の人ごみから逃げるように、アンバリッドに向かう橋を渡る(でもこの辺も人がいっぱい!)何機ものヘリコプターが低空飛行、アンバリッド前に着陸したときはものすごい突風。
c0069026_57084.jpg

あ~たくさんの人を見て疲れた!(自分も見物人だけど)
と、いったん家に戻る。
今夜エッフェル塔あたりで行われる予定の花火を、やっぱりせっかくだから見ようと、夜の10時半にアパートの近くの橋へ行ってみる。するとすでに橋の上は人がびっしりだったので^^、下の道路で見物することに。
c0069026_5205534.jpg
11時近く、ようやく空が真っ暗になりました。この近所の住民のかたもアパートから出てきて、今か今かと花火を待ってます。
しかしこのあたりからの眺めは微妙で、花火は見れたことは見れたのですが、かなりイマイチ。残念ながら、花火の写真はなし…。やっぱり、ちゃんと見るならシャンド・マルス公園に、がんばって昼間から陣取るのがいいみたいです。
c0069026_521814.jpg
でも、花火はやっぱり夏の風物詩。
肝心の花火はあんまり見えなかったけど、見に行ってよかった…かな??^^
by blueblau1 | 2008-07-16 05:14 | Parisパリ

キャトーズ・ジュイエ Le 14 juillet

c0069026_323224.jpg
国家「ラ・マルセイエーズ」静聴中…
c0069026_328556.jpg
今日は7月14日、祝日。
朝9時に、シャンゼリゼ大通りで行われるパレードを見物に行きました。
おっと、凱旋門の裏口に出てしまいました…。
このあたりの付近のメトロの何箇所かの出口は、ロープを張られたり、閉まったりしていて、警察によってブロックされています。
c0069026_3282619.jpg
凱旋門の正面の通りに回ると、人、人、人…すでに人垣ができています。
な、何も見えない…
2重に人垣があり、前のほうの道沿いに見物するのにはボディチェックが入ります。

そういえば、シャンゼリゼ大通りのアパートに住んでる人もいるんですよね…↓
c0069026_3284295.jpg
パレード、そして車に乗ったサルコジ氏が通った後、轟音とともに、何機もの飛行機が上空をかすめていきます。
c0069026_329059.jpg
例の、煙でトリコロールの模様を描く飛行機が一番先頭だったのですが、模様はあっというまに消えてしまいました。
c0069026_3291650.jpg

「飛行機がくる!」

続きます。
by blueblau1 | 2008-07-15 03:04 | Parisパリ