<   2009年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

パリ土産/Le beurre

c0069026_1910251.jpg
パリから日本に持ち帰ったものの中で、唯一の乳製品があります…

それは、バター。
(今回は250gのものを4~5個ほどでした。)

実は去年もバターをお土産に持って帰ったのですが、家族にはかなり好評で、
ちなみに姉のだんな様は、「有塩タイプをあたたかいご飯に混ぜて食べる」のが大好きらしい。

へえ~そんな食べ方もあるのね~。
と真似してみたところ、普段のご飯が、なんとも洋風な味わいの、リッチなライスに早変わり。笑
確かにいけます。
c0069026_1974312.jpg
フランス産エシレバター。
日本でも購入可能ですが、お菓子に使ってしまうには、もったいなさ過ぎる価格の高級品…。
フランスのスーパーでは、普通のバターより若干高めですが、日本の価格に比べたら…!
c0069026_198221.jpg
マリアージュ・フレールの紅茶を混ぜ込んだサブレは、ふわっとアールグレイが香る上品な味わいに。

フランスの醗酵バター、もちろんそのままパンに塗って食べたりします…が、クッキーに、ガトーショコラに、タルトに、マドレーヌに…と、私はもっぱらお菓子に使ってました。
c0069026_1982993.jpg
バターがたっぷり入ったマドレーヌは、意外と何個でも食べられそう。
焼きたては、まるで溶けるように口の中でなくなる…


マドレーヌ特有のもそっとした口当たりが、以前はあまり好きじゃなかったけれど、それは紅茶と一緒に食べるためにあるのかも…これもマドレーヌの美味しさなのだ…とちょっと思ったのでした。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2009-10-30 19:21 | Bon appétit!フランスの食

いつもの定位置

前回の記事に引き続き…
c0069026_16114820.jpg
今日も偶然同じ道を通ったのですが、やっぱり、また!いました。

今日もりりしい顔してお店の前で、ちょこん。としています。

2年ほど前、同地区にあるレストランでいっときスタージュしてたので、その頃はよくこの道を通っていたのですが、この犬の存在には気づきませんでした。
(時間がずれていたか、心に余裕がなかったか…)


今回も何も買わずに素通りして、ごめんね…(撮るだけ撮って)。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2009-10-30 16:18 | Parisパリ

パリの小さき店番

c0069026_17552144.jpg
冬時間の始まった最近は、17時を回るともうこんな感じ...夕闇はもうすぐ。
c0069026_1754219.jpg
ほの暗い中こうこうと輝くお店のショーウィンドウを見ると、ああもう冬…暗くて寒い季節がまた来るのね…と思います。
夏は22時近くまで明るいフランスだけに、10月以降の季節の変わり目のギャップは、また大きい。
c0069026_17533233.jpg
7区のRue ClerにあるLa mere de familleのお店。
扉には「パリで一番美味しいマロングラッセの店」と謳った紙が…ほうほう。


小さな個人経営のお店が並ぶ小さな通りを歩いていると…あ!
ある商店の入り口に、小さな影を発見。
c0069026_17543399.jpg
そこには小さな番犬(?)が!
c0069026_17544722.jpg
なかなか、りりしい顔をしています。笑
c0069026_1755074.jpg
しかし、なんで犬って、いつも入り口付近で通行人の様子を伺ってるんですかね?

店番、ご苦労様~
c0069026_17564321.jpg
18時にキラキラ、19時にキラキラ、20時にまたキラキラ~と、夜になると一時間ごとにキラキラ輝くエッフェル塔。
以前はもっと長く輝いていたみたいですが、最近は3分ほどで終了します。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2009-10-29 18:14 | Parisパリ

リュクサンブール公園

c0069026_19245699.jpg
リュクサンブール公園は、季節によって本当にいろんな表情をみせてくれる…
まさにパリのオアシス。
c0069026_19252082.jpg
青々としていた葉っぱが、いつのまにか色が変わって、たくさん地面に落ちている。
c0069026_19253779.jpg
さて、話はうって変わって、昨日~今日の出来事を少し。

7月から申請していた、(学生ビザなら半年に一度ある)滞在許可証の延長ですが、
昨日やっとやって来たランデブーのために、書類をそろえていつもの県庁に向かったはいいものの…
c0069026_1926866.jpg
受付の人がめちゃくちゃつっけんどんな人で
「この書類のこの日付を今日のに直してもう一回来て!」と、たったそれだけ言われ…
え、なんで?
今日中に?今すぐ?でもここもうすぐ閉まっちゃうんじゃ?そしたら次回いつ来ればいいの?その間私はビザなしってこと??
と、頭の中は聞きたいことがいっぱい。
でも、彼の対応は「いいから!早く!出直して来て!」と、まるで私を出口から追い出すように…
ヒ、ヒドイ。
c0069026_19262910.jpg
なんだかここに来ると、いつも、この人のおかげで、イヤ~な気持ちにさせられるんです。
誰とは言いませんが、一人いるんです、やたらピリピリした人が・・・。
しかも毎回この人に当たってしまう私。
c0069026_19265880.jpg
その後すぐメトロに乗って、書類の書き換えが必要な事務所に向かい、担当のいつもの日本人女性に説明し、すぐに書き換えてもらうことはできたのですが・・・

そこは同じ日本人、これこれこういうことがあったんですよ・・・とちょこっとグチをこぼしてみると、彼女は
「あ~、大変ですね。
でも確かに、毎日外国人を相手にする仕事をして、私もちょっとそういう風になっちゃう彼らの気持ち、分からないでもないんですよ。(彼女の仕事は韓国人など、外国人のお客様が多い)

私の知り合いで、やっぱりそういう人に当たった人がいるんですが、
そのとき相手に「私たちのように、言葉がわからない人を相手にするって、大変ですよね~ごめんなさいね~」って言ってみた所、相手の態度がガラッと優しくなった…と言ってましたよ」

「あ~なるほど。そうやって相手の気持ちを汲み取ってあげるのも大事ですよね。
お互いまったく逆の立場ですもんね・・・」
c0069026_19271970.jpg
そうやって、彼女と会話しているうちに、どんよりしていた気分がだいぶ晴れやかに。
で、またさっきの場所にトンボ帰りしたわけですが・・・
c0069026_19293165.jpg
う~む…。
いや!
やっぱりさっきのあの仕打ちは、水には流せない…。苦笑
外国人だろうが何だろうが、普通に対応して欲しかった


で、翌日の今日、審査の結果が出たのですが、無事レセピセ(仮滞在許可証)をもらえました。
今回は(今回も)ここまでくるのにやたら長かった…

レセピセをくれた担当の女性が、超いい人に見えてしまいました。

はあ~
しばらくはこの場所に来なくていいと思うと、かなり嬉しいです。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2009-10-27 19:30 | Parisパリ

pain de sucreへ

c0069026_18522276.jpg
日曜日の夕暮れ、お菓子屋さんpain de sucre(パン・ド・シュクル)へ行ってみました。
時間が遅めだったので、種類はないものの、目当てのお菓子はありました。それは・・・

このタルト・シトロン↓

「ここのは美味しい」とうわさを聞きつけ、購入してみました。
c0069026_18524272.jpg
なるほど、すっきりとした切れのいい、さわやかな酸味いっぱいのレモンのタルト。

いや、それ以上に、クリームの柔らかさ、なめらかさがハンパない感じ。

中のレモンクリーム、例えるなら、ソースとクリームの中間といった感じの柔らかさ。それを土台の厚めのサブレが、しっかりと受け止めている…

レモンの突き抜けるようなさわやかさ。口当たりのいいゆるいクリームに、さっくりしたサブレ。
「洗練された味わい」という表現が浮かびます。
c0069026_1853045.jpg
左は、Etat chocという名のチョコケーキ。
パキッと簡単に割れるチョコの板の下には、やはりソースのようなゆるいガナッシュと、やわらかいチョコムースとチョコクリーム。底にはサクサクのプラリネと口どけのいいチョコビスキュイが敷かれています。


もともと星つきレストラン(ピエール・ガニエール)のデセールを担当していたというこちらのシェフパティシエ、持ち運び用のケーキといえども、その中にギリギリ形を保てるような柔らかさと、そして歯ごたえとのコントラストが際立っていて、ちょっと感動しました。

pain de sucre※お店のサイトです。

定番だけど美味しいお菓子って、いいなあ~

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2009-10-26 19:07 | Pâtisserieパリのお菓子

冬時間の始まり

c0069026_5432129.jpg
前日に、友人と「15時に待ち合わせ」したものの、日曜日の今日、メトロの電光掲示板の時間を見てみると・・・あれ?
何故か、私の時計より1時間早い表示が。

そう、今日から冬時間の始まり。

日本との時差は7時間から8時間になったのです。
c0069026_5433881.jpg
18時12分のHotel de villeの明かり。
夏はこの時間なら、まだ昼間のように明るかったこともあったのに…。

橋を渡ると、こんな光景に遭遇。
c0069026_5441758.jpg

深い群青色に、瞬く金色の灯火。
c0069026_704849.jpg


美しすぎて、ずっと眺めていたいような気持ちに。

気づけば、空気も冷たく・・・
c0069026_5435923.jpg
もうすっかり、冬の始まり!

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2009-10-26 05:52 | Parisパリ

お母さんありがとう。

写真は、一時帰国中の母の手料理・・・
毎回食卓に並ぶものは、私のパリでの味気ない自炊生活からは、程遠~い、ご馳走でした。笑
c0069026_0354161.jpg
さて、昨日の夜、無事パリに戻ってきました。(飛行機は50分遅れての到着でしたが)
移動中(経由だったので合計で14時間・・・)はきつかったけれど、昨晩は10時間半ほど熟睡、時差ぼけもなく、今は元気いっぱいです。
c0069026_0362687.jpg
お魚に、豆腐に、納豆・・・
とある日のスーパーの買い物カゴの中をパチリ。


当日、成田空港へは、母と2人で地元の駅を5時50分に出発し、母手作りの、ほんのり温かいおにぎりを車内で食べながら向かいました。
c0069026_036579.jpg
電車での移動中、母はちょっと考え事をしているようでした。

さて、問題なく、成田空港に到着。
前回の失敗をふまえ、家を出る前夜にちゃんと体重計を使って量ったので(同時に自分の体重も知ってしまいましたが)、スーツケースは19,7キロ。ちゃんと20キログラム未満!ふ~
c0069026_037181.jpg
そのあとは、もう手荷物検査の列に並びます。
そこで、見送りの母とはお別れ。
c0069026_0374550.jpg
じゃあね、と言うと、母はいくつかの言葉と共に、両腕を差し伸べ、私の両腕をつかみました。
顔を見ると、母はやっぱり泣きそうな顔をしていて・・・。

あっ、もう、これでお別れなんだ。と思いました。
c0069026_038674.jpg
私も、目頭がジーンときてしまいました。
まるで、「行かないで」と言われているようで・・・

さっと別れを言って、並んでいる列に並びに行きました。

短い別れでも、長い別れでも、離れる瞬間はいつも切ない・・・。

お母さんいろいろありがとう。

空港では、ちょっと強がって、素っ気ないそふりして、ごめんね。
c0069026_03573.jpg
一緒にいるときは、どうしてその時間の大切さが見えにくいのでしょう。

あのときの腕の重み、励ましの気持ちがいっぱいこもってるんだと思って、頑張ります!


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2009-10-25 01:00 | Japon一時帰国

築地場外市場

c0069026_0141034.jpg
昨日の19日、母と二人で築地に出かけてみました。
c0069026_0143763.jpg
大量の昆布の束や、刃物屋さん、乾物屋さん…美味しそ~うな刺身の切り身、松茸も店頭にたくさん並んでいました。
c0069026_015674.jpg
た、楽しすぎる…。
ここはフランスで言う「マルシェ」だ~と、しばらく散策。

しかし、時間はまだお昼の12時。
美味しそうだけど、今ここで生鮮食品を買うわけにはいかないね、と母。
c0069026_0152520.jpg
海苔屋さんにて、10枚入りで500円ほどする美味しい海苔を購入。
だってパリでは手に入らない…。
c0069026_0154957.jpg
魚屋さん。
c0069026_016269.jpg
乾物屋さんに…
c0069026_0335933.jpg
家族で切り盛りしていそうな、佃煮屋さん。母はここでいくつか佃煮を購入していました。

なんだか重くなってきちゃったね、と後ろにいたお客さんが話していましたが、納得。
ここにいたら、あれもこれも欲しくなる…。笑
c0069026_0165021.jpg
は~…。

もしも近所にこんな市場があったら、毎日の食卓は、さぞかし充実したものになるでしょうね!
いいなあ、築地…。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2009-10-21 00:34 | Japon一時帰国

栗のつめたいデザート♪

c0069026_0292378.jpg
今日は母の誕生日でした。
ちゃんとしたケーキを準備できず、最近作った栗のアイスクリームを使って、つめたいデザートでお祝い…。
ちなみにこの日の夕食はお鍋。

栗のアイスクリームのレシピはこちら。
ほんのりラム酒の香る味わいです。

牛乳300g
生クリーム200g
水アメ20g

卵黄80g
砂糖70g

栗のペースト350g
ラム酒25g

1.卵黄に砂糖を加え、色が白っぽくなる程度までよくすり混ぜる。
2.牛乳、生クリーム、水アメを鍋に入れて火にかけて沸騰させ、卵黄のボウルに注いで混ぜる。
3.再び鍋に戻し、弱火にかけ、絶えずヘラで混ぜながら、クレームアングレーズを作る。
4.別のボウルに濾して、そこにクリのペーストを加えて合わせる。
5.ラム酒を加える。
6.冷めたらボウルにラップをし、冷蔵庫に入れてしっかり冷やす。
7.アイスクリームメーカーにかける。

器に盛り、生クリームを絞り、キャラメルソースをかける。
炒ったアーモンドスライスを散らして、完成♪
c0069026_0335641.jpg
パリ土産その一。
ブルターニュ地方のキブロン産の、塩キャラメルのクリーム。
そのまま食べてもとても美味し~いのですが、牛乳でのばして、デザート用のソースとして使用。
c0069026_029383.jpg

栗の優しい味わいに、塩キャラメルがアクセント。
好みでチョコレートソースでもいいかもしれません。


お誕生日、おめでとう♪

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2009-10-20 00:48 | Mes pâtisseries私のお菓子

サロン・ド・ショコラ

c0069026_2355231.jpg
数週間前の、パリのレオニダスのショーウィンドウ。

パリでは現在ショコラの祭典「Salon du chocolat(サロン・ド・ショコラ)」の真っ最中だという…

パリに来た2006年から、この時期が来るのを楽しみにして行っていたけれど、今年は日本です。

それもいっか…

2006年・2007年・2008年のサロンの様子はこちらからどうぞ。
ちなみに私にとっての目玉はパティシエ・ショコラティエによる試食つきデモ。笑

楽しかった日本滞在、残りはあとたったの4日間です!

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

Le 15ème salon du chocolat à Paris...
J'allais toujours à ce salon depuis que j'habite à Paris,depuis 2006.
J'aime bien assister aux démonstration des pâtissiers (ou des chocolatiers) car il y a des bonnes dégustations.^^

J'aurais aimé y etre là,mais pour cet année,je suis ici,au Japon...mais bon,ce n'est pas si mal non plus!

Déjà,il ne me reste que quatre jours seulement,mon séjour au Japon.
by blueblau1 | 2009-10-18 23:57 | Pâtisserieパリのお菓子