<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

この一週間

c0069026_7312448.jpg
この一週間は、なんだか疲れました。
なんだかいろんなことがあったような…

先週の日曜日は、シェフのお手伝いを少し。

帰国していた韓国人の友人ヤンスーが、パリに用事があって、金曜日の夜から私の部屋に一週間のあいだ寝泊り。

霜取りしてて、なんと冷蔵庫を壊してしまう(大家さんに連絡しなきゃ…)。

そして、一番の疲れの原因。面白くないレストランでのアルバイト(週60時間)。


今週はそんなこんなで、独りになれる時間があまりなかった…。

忙しいとは、心を亡くすと書く。心を亡くすと、注意力散漫になって、失敗をしてしまう。
そして、生活にも、気持ちにも、余裕がなくなってしまう。


ちなみに今日はfete des voisins(アパート内の交流会)に参加。楽しかった、けど食べ過ぎた!


写真は最近気になっていたお店。
日曜日の今日行ってきました。
次回に続きます!

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-05-31 07:41 | Pâtisserieパリのお菓子

夏日!

c0069026_6501269.jpg
一週間前までの天気が嘘のように一変してしまったパリ。
金土日、祝日の今日と、夏日続きです。
c0069026_6502843.jpg
5月なのに7・8月のような日差し…
c0069026_6503945.jpg
暑くても、日本のように湿気がないのが幸いです。
c0069026_6504949.jpg
c0069026_651236.jpg
c0069026_6511231.jpg
c0069026_6512214.jpg


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-05-25 06:53 | Parisパリ

La maison du chocolat

c0069026_8263159.jpg
c0069026_8264062.jpg
人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-05-24 08:26 | Pâtisserieパリのお菓子

Le Moulin de la Vierge

c0069026_791553.jpg
この前の日曜日、友人と7区を散歩していたとき。
久しぶりに長時間歩いて、夕方、休憩がしたくなりました。
そう、体が糖分を欲していたのです…。
c0069026_794649.jpg
そんなときに通りがかった、日曜日でも開いていたこのパン屋さん、「ル・ムーラン・ド・ラ・ヴィエルジュ」。
店内はレトロチックな内装で、ちょうどコーヒーが飲めそうなテーブルも2~3席あり…
c0069026_710199.jpg
システムがよく分からなかったけど、とりあえずお店の人にカフェオレが飲みたいと言うと、持ってきてくれました。
c0069026_7101317.jpg
カフェオレと一緒に注文したのは、ミルフィーユ。
ナイフでザクッと切っても、形を保ってるような…
カスタードクリームと言うより、バタークリームがたっぷり!のミルフィーユでした。
友人と半分こにしてちょうどいい感じ。
でも、パイはサックリしてて、とても美味しかったです。

お客さん見ていると、ミルフィーユとチーズケーキが人気みたい。
何はともあれ疲れたときの甘いもの、最高です。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-05-19 07:10 | Pâtisserieパリのお菓子

天気回復の日曜日

c0069026_2332469.jpg
c0069026_2333274.jpg
c0069026_2333178.jpg
Parc du Champs de Mars
c0069026_2333311.jpg
c0069026_23334593.jpg
Pl. Saint-Sulpice

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-05-17 23:34 | Parisパリ

土曜日のパリ

この土曜日、もうすぐ日本に帰国するという友達と、ちょうど日本から遊びに来ている友達の友達と3人で、お茶をしようということになりました。
友達が前から行きたいといっていた、シェルシュ・ミディ通りのマミー・ガトーへ!
c0069026_1624614.jpg
Mamie gateaux
 
小さめの店内は30席ほど。
到着した13時の時点では、ちょうど3人席が空いててラッキーでした。
c0069026_16235596.jpg
3人ともキッシュを注文。大きめサイズのキッシュは優しい味わいで、ほどよく満腹。
周りを見てもキッシュを注文してる人が多かった。

キッシュと飲み物で10ユーロちょっと。
下手に観光地にあるようなカフェなどで食べるより、よっぽど安いし、何よりこのお店の雰囲気は本当に可愛いと思う。
人気なのもうなずけます。

お店を出てちょっと歩いていたら、La mere de familleというコンフィズリー屋さんの前を通りかかりました。
c0069026_16242073.jpg
La mere de famille
c0069026_16243037.jpg
このアイス!手前の真ん中は、ピンクのプラリネのアイスクリーム。
食べなかったことをちょっと後悔…。

この日はこの一週間の異常な寒さがようやく薄らぎ、青い空ものぞいた、まさに観光日和な土曜日。
友達の希望で、続いてラデュレでお茶をすることに。

そういえば、ここ3週間というもの例のアルバイトで、朝から夕方の休憩を除いては、夜までずっとレストランの厨房の中。
こういう「楽しみの機会」がめっきり減っていたので、本当に嬉しい土曜日の午後。
ストイック(?)な生活が続いたおかげか、街で目にするものすべてが、いつもの何倍も素敵に見えてしまいました…。笑

パリの土曜日、平日にはない浮き立った雰囲気と言うか、街行く人はみな楽しげに見えます。

テラスでお酒を飲んだり、ケーキを買って帰ったり…当然いつもより観光客も含め人出が多く、やっぱり、週末ですね。
c0069026_16244090.jpg
Laduree

友達は今出ているミモザとグレープフルーツのケーキか、クープ(パフェ)か迷い、結局私がすすめたクープ・イスパハン(奥)に決定。
c0069026_1624504.jpg
tarte fraise a la guimauve
私は苺のギモーブ(マシュマロ)のタルト。
上の飾りだけかと思っていたら、中にもマシュマロが!まさにマシュマロのタルト。シュワッと柔らかい口当たりで、春らしい軽い味わいでした。
c0069026_1625026.jpg
友達の友達はパティシエールということで、フランスのお菓子屋さんに興味津々。
やっぱりこの後も、お菓子屋さんに直行!
c0069026_16251356.jpg
Gerard Mulot

ひさしぶりに入ったミュロの店内は、とにかく色が溢れていた!
カラフルなマカロンに、つややかなケーキたち。見てるだけで幸せな気持ちになります。
c0069026_16252498.jpg

なんだか、自分の目が喜んでいるのが分かります。
私にとってお菓子は、心の栄養でもあるんだなあ。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-05-16 16:25 | Pâtisserieパリのお菓子

いろんなマカロン

c0069026_23543729.jpg
前々回の記事の続きですが、ラデュレのマカロンです。
久しぶりに行ったので、食べたことのない味、緑色の青リンゴ味、そして黄色のミモザ味のマカロンも買ってみました。
c0069026_23545357.jpg
すぐ食べると思ったのでしょう、紙ナプキンをつけてくれる心遣いですが、それよりもビニールの手提げ袋のほうがありがたかったりする…
c0069026_2355872.jpg
kちゃんは私のオススメのレグリス(黒いマカロン)を。

歩いて壊れないうちに、早速いただきます。
c0069026_23552161.jpg
ボンマルシェの脇の公園。
c0069026_23553135.jpg
青リンゴは、個人的にハイチュウ(!)を思わせる味わい…でした。
ミモザはなんとも形容しがたい花の味わい。笑

やっぱりマカロンは、いつもある定番のフレーバーが美味しいかな…。

でもこのラデュレならではの繊細な色使いと、はかなくもろい口当たりのマカロンは、たまりません。
中のクリームのテクスチャー、量もほんとに絶妙。
c0069026_23554160.jpg

最近、先週とうって変わって、おかしなぐらいどんより、肌寒くなったパリ、冬物のコートを着ています。

3週間前に始めたレストランのアルバイトのほうも(最初こそギョッとすることばかりでしたが)、やはり人間、環境に慣れるものですね…。
「こういうものかな」と納得したり、今ではだいぶ慣れてきました。
でもやっぱり、疲れる~。苦笑

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-05-11 23:55 | Pâtisserieパリのお菓子

ビュッフェのケータリング

c0069026_1581770.jpg
土曜日に、久しぶりにシェフのお手伝いをしてきました。

初めて読む方へ
※シェフ=2007年にスタージュした時のひとつ星レストランのシェフ。
レストランを閉めた現在は、個人客向けにケータリングなどをしている。

シェフのサイト→ http://www.stephane-mole.fr/

c0069026_2145485.jpg

内容は、ブローニュのとある一軒家で行われる、ビュッフェの用意。
c0069026_158467.jpg
その家の男の子のカトリックのお祝いということで、親戚一同(計20名)が集まるらしい。

その日は朝8時半にマルシェで待ち合わせ、シェフ宅で最後の準備、
食材を車に積んで、サービスを担当するマダムと三人で出発!

私達が到着した時点ではまだ教会のミサに出かけているそうで、家には誰もおらず、代わりに家の飼い犬が出迎えてくれました。
c0069026_159018.jpg
このワンコが食べ物を狙ってシェフに付きまとうので、犬嫌いのシェフは追い払ってました。
でもこのワンコ可愛かった~。

さあ、ミサから帰って来た一家がテーブルに集まり、ビュッフェの開始…
c0069026_205773.jpg
Asperges sur un feuillete

サクサクのパイにハーブのピスト、緑と白の旬のアスパラガス。
セルフィーユの花を飾って。
c0069026_231295.jpg
Foie gras,chutney de coing

シェフ得意のフォアグラ。パンデピスのトーストを添えて。
c0069026_232253.jpg
カリン(coing)のチャツネと一緒に食べます。
c0069026_233396.jpg
Gaspacho de comcombre

キュウリのガスパッチョ。冷たくてあっさり!
c0069026_23485.jpg
Sable parmesan

パルメザンチーズ入りのサブレに、野菜のピスト、ドライトマト。
シェフがいつものマルシェで購入する、シブレットの花の紫色が映えます。
c0069026_235777.jpg
食べたかったのですが、お皿が空になって戻ってきたので、味見ならず…残念!
c0069026_24910.jpg
そして、メインです。
c0069026_225283.jpg

メインはジゴ・ダニョー。
c0069026_229371.jpg
Gigot d'agneau de lait roti

子羊のもも肉のローストなのですが、真空調理法による、このとろけるような食感は驚き!
c0069026_2291866.jpg
これはほんとに、美味しかったです…!

さて、塩系の後は、いよいよ甘いものの登場。
c0069026_2295025.jpg
Soupe de fraise,sorbet a la menthe
c0069026_2303576.jpg

ミントのソルベを添えた、清涼感いっぱいの苺のスープ。

バニラ、カフェ、ショコラの、3種のミニエクレア。
c0069026_2312056.jpg
Eclair(vanille,cafe,chocolat)

サブレ・フランボワーズ。
c0069026_2315275.jpg
Sable framboise

あともう一品、キャラメルバナナソースのムース・オ・ショコラがあったのですが、写真なし。

そして、極め付けに、熱々のタルト・タタン!
c0069026_2322475.jpg
Tarte tatin

c0069026_233373.jpg
湯気が出ていて、アツアツです。
でも、さすがにもうお腹いっぱいだから、今夜にとっておくわと、一家のマダム。笑

アスパラガスをのせたパイに、フォアグラの切れ端に、ガスパッチョ。
ジューシーなジゴ・ダニョーに、ムース・オ・ショコラに苺のスープ…と、今日はいろいろ試食しました。
が、久々に、どれも本当に!感動的な美味しさでした…。
さすがです。

やはり料理もお菓子も、情熱や愛がないと、いいものは作れない、と実感。
ひとつ星をとるシェフだけのことはある!と妙に納得したのでした。

食事の終わる頃には、シェフに名刺を頼む人も、続々と。
藤の花が咲き乱れるお庭と、広いサロンと高い天井に天窓つきの台所があり、ブルジョワらしいすてきなお宅でした。
c0069026_2151010.jpg
藤の花は、フランスではglycine(グリシン)というそう。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-05-10 02:19 | スタージュ日記・レストラン編

すずらん風味のマカロン/macaron muguet

c0069026_5412355.jpg
突然ラデュレのマカロンが無性に食べたくなったついでに、
去年気になって結局食べなかった、すずらん風味のマカロン(真ん中)も買ってみた。
c0069026_5414581.jpg
macaron muguet

柔らかいバタークリームに、マカロンのもろさ。
すずらんか…花っぽい味わいはあるけど、正直なんの味だろうという感じ。^^

5月1日、フランスではすずらんを贈る習慣があります。
すずらんは幸せをもたらしてくれるのだとか。
c0069026_5415981.jpg
幸せをもたらすというすずらん。
ちなみに四葉のクローバーなど、そういう幸運をもたらすお守りのことを、フランスでは「porte-bonheur」といいます。


この日はメトロの中や道行く人の手に、もらったのか、それともこれから渡すのか、小さなすずらんのブーケがあるのを頻繁に目にして、微笑ましい気持ちになりました。
c0069026_5421040.jpg


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-05-03 05:46 | Pâtisserieパリのお菓子