<   2010年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Salon du chocolat2010! PartⅠ

c0069026_732688.jpg
行ってきました!
初日だった木曜日のサロン・ド・ショコラです。
c0069026_7323184.jpg
Jacques Bockel SARL chocolatier Createur

サロン・ド・ショコラとはなんぞや?の説明は省きますが…
要はパリで年一回行われる、チョコレートの見本市です。
c0069026_7324566.jpg
c0069026_7325788.jpg
Jean-Paul Hevin(ジャン・ポール・エヴァン)

スタンドがタブレットです^^
c0069026_733983.jpg
クリスマス用のブッシュ・ド・ノエルも。
天使の羽はメレンゲです。
c0069026_7332271.jpg
どこかバカンスにでも出かけたい(?)という題名のブッシュ。
c0069026_7334422.jpg
A la mere de famille
c0069026_734034.jpg
とても可愛いチョコレートのサパン(モミの木)が人目を引いていました。
c0069026_7341890.jpg
Sadaharu Aoki
プレゼンテーションの洗練されたかっこよさが印象的。
c0069026_7343531.jpg
Arnaud Larher(アルノー・ラエール)。
私が2006年の冬、一番最初にスタージュしたお店です♪
シェフは2007年にMOF(*)を取得しました。
*MOF=Meilleur Ouvrier de France(国家最優秀職人章)
日本でいう人間国宝に相当するほど名誉ある称号だそうです。
c0069026_734533.jpg
相変わらず美味しそうなマカロン。
c0069026_7351029.jpg
c0069026_7353323.jpg
ここではずっと前から大好きな「モエルー・ショコラ」をゲット!

中が生焼け状態のやわらかいガトーショコラなのですが、初めて食べた時は衝撃でした。
フランボワーズつきがおススメです。
c0069026_7373160.jpg
とにかく、たっくさん写真をとったので、今回はその羅列になりますが、どうぞお楽しみください・・・
c0069026_7471865.jpg
c0069026_7473352.jpg
まるで本物のようなチョコレートの鞄。
c0069026_749217.jpg
Yves Thuries
マカロンを摸したチョコに・・・
c0069026_7495145.jpg
Christophe Roussel
こちらのお店は本物のマカロンです。
c0069026_7502773.jpg
これがクルクル回転していて、かわいかったです。
c0069026_750515.jpg
Boissier(ボワシエ)
c0069026_7513137.jpg
16区にあるこのお店は、パッケージがすごく可愛いです。
c0069026_7554290.jpg
c0069026_7521226.jpg
花びらがまぶされた、ボワシエの有名な花びら型のチョコレート。
c0069026_7532284.jpg
c0069026_7535213.jpg
クマのマシュマロのチョコがけされたヨーロッパでポピュラーなお菓子があるのですが、こちらはその大きなオブジェ。
c0069026_7551972.jpg
la cuillere suisse
ホットチョコの新しい飲み方?
c0069026_7564717.jpg
お昼時。パン屋さんのPAULでは行列。
c0069026_7571032.jpg
c0069026_756456.jpg
Un petit pause...
ちょっと休憩…
c0069026_7573566.jpg
Jean-Charles Rocheux(ジャン・シャルル・ロシュー)
c0069026_7581744.jpg
削って食べるチーズを摸したチョコレート!
正しくは柔らかい口当たりのジャンドゥヤチョコレートなのですが、口当たり良くて食べすぎてしまいそうです。
フランス人だったらクリスマスに、食後のチーズの時間にテーブルに置いたら、チーズ好きもチョコ好きも盛り上がりそうですね。
c0069026_80355.jpg


楽しくて楽しくて(笑)、
この日は朝10時から結局18時半までいました。(閉館は19時です。)

まだまだ、PartⅡに続きます…

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-31 07:47 | Salon du chocolat

トリコロールカラー

c0069026_17301847.jpg
この前見かけた、とあるパン屋さんのショーウィンドウ。
c0069026_17302865.jpg
トリコロールカラーのマカロンタワー♪

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-29 17:33 | Pâtisserieパリのお菓子

ショコラ・ショーの季節

c0069026_3254617.jpg
パリのパン屋さんで働いているお菓子友達のMちゃんと、久しぶりに会うことに。

待ち合わせ場所は11区のPause Cafe。
詳しくは知らないけれど、映画の撮影にも使われたカフェらしく、結構有名らしい。
c0069026_3255941.jpg
朝が冷えるようになり、このときちょっと風邪気味でしんどかったので、あったまりそうなショコラ・ヴィエノワを頼みました。が・・・これがぬるくて、非常に残念!!苦笑

Pause Cafe
41,Rue Charonne
75011

そのあと、ふたりで小腹を満たすために、同じ通りにあるこちらのお店に入りました。
c0069026_3342994.jpg
ここが、こじんまりしてるのだけど、暖かみのあるとても素敵な店内。
c0069026_3391991.jpg
c0069026_339880.jpg
この「フランスの駄菓子屋さん」っぽい風情が、とても可愛い!
c0069026_3345228.jpg
パンとお菓子の販売に、サロンドテの接客にと、ひとりで忙しく動き回ってるムッシューがあっためてくれた、「ニョッキのタルト」。
中には熱々のベシャメルソースとニョッキ。塩味のきいた生地もサクサクで、お腹が減ってたのもあり、すごく美味しかったです。
c0069026_3371438.jpg
そしてまたまたショコラ・ショー。今日2回目・・・でもこちらはちゃんと熱くて、おかげですっかりあったまることができました。
やっぱり熱いものは、ちゃんと熱々の状態であってほしいですね!^^
c0069026_3384016.jpg
c0069026_3394056.jpg
ビーズのカーテンみたいだけど、カラフルな包み紙のキャンディーのようです。
c0069026_340720.jpg
Maison Karrenbauer-Chez-Paul-
13,Rue Charonne
75011
※お隣は、レストランCHEZ PAULです。

Mちゃん、素敵なお店を教えてくれて、ありがとう♪

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-26 03:46 | パリのカフェ・サロンドテ

日曜日のマレ

フランスの日曜日はとても静か。
住み始めた最初のころは、この日本との違いに驚きました。

カフェは営業してるところが多いけれど、一部の観光地を除きお店はほぼ休みなので、近所など歩くと、人はどこにいるんだろうと思うほどです。
c0069026_14523750.jpg
ヴォージュ広場の近くにあるGerard Mulotの支店。

それでも、4区のマレ地区に行くと、スーパーやお店も普通に開いてるし、日曜日でもとても賑やかです。
(ユダヤ人が多く住む地区で、確かな情報ではありませんが、彼らの休日はどうも他の曜日に設定されてるようなのです)
c0069026_14512051.jpg
美味しいジェラート屋さんAmorino(アモリーノ)のマレ支店。

c0069026_14514844.jpg
ワインではなく、チョコレート屋さんのショーウィンドウ。
これらは全部チョコでできています。


きれいな公園があるので、天気がよく暖かい日には、日向ぼっこをする人で芝生の上はいっぱいになります。
c0069026_14525344.jpg
紅茶の専門店「Mariage Freres」が向かい合わせにある通り。

その通りの先には…おお!こんな風景が。
c0069026_14533511.jpg
なんのお店なのでしょう・・・ドキドキ。
c0069026_14534567.jpg
ユダヤ系の人が多く住む場所でもあり、観光地でもあり、ゲイの地区としても有名なマレ。

えっと思うような下着屋さん(男性用)があったり、手をつないで歩く男性2人組みや、ほぼ男性で埋め尽くされてる店内のカフェを見かけたりすると、うーんやはりというかさすがというか…マレだなあと思います。


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-22 03:04 | Parisパリ

カフェ・プーシキン/Cafe pouchkine

c0069026_5583669.jpg
mille-feuille ミルフィーユ7€。
薄いパイ生地が5枚という、繊細な組み立てのミルフィーユ。
生クリーム多目のクリームのせいか、パイ生地がちょっと湿ってましたが、作りたてはさぞかし美味しいだろうなと思います。


「カフェ・プーシキン(Cafe Pouchkine)」という、ちょっと異国の雰囲気の店名。
MOFのフランス人パティシエが腕をふるっているロシアのカフェから、パリ(デパートのプランタン内)に逆輸入されているお菓子屋さんです。
プラザアテネのシェフパティシエ、ミシャラク氏のブログ「Passions Gourmandes」から、その存在を知りました。
とにかく装飾的できらびやかな雰囲気のケーキばかりです。
c0069026_5584794.jpg
気になってたので、お菓子友達と買ってみることに!帰りのバスの中で。
c0069026_5585853.jpg
名前忘れた・・・リンゴを使ったケーキ。7€

ショーケースの中に並ぶお菓子は、どれも金箔が飾られ、全体的にものすごくゴージャスな雰囲気。
その中でも、今回は地味目なお菓子を選んでみました。
c0069026_559961.jpg
断面はこんな感じ。
シャルロットのようなものと思っていたのですが、外側はタルト生地で、その中のバターケーキのような生地の中には、リンゴの甘煮が入った、意外にも素朴な味!
友人は「リンゴパンみたい」との感想。
c0069026_5592778.jpg
mini-eclair au chocolat ミニ・チョコレートエクレア 3€

お菓子3つ購入して17€!でした。
う~ん、他の奇抜(?)なケーキも試してみたいけれど。
次回訪れるのはいつになるか・・・。
c0069026_622997.jpg
お店は、プランタンのモード館の一階です。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-21 06:16 | Pâtisserieパリのお菓子

最近食べたお菓子

c0069026_1433462.jpg
久しぶりのラデュレのマカロン。
イチジク&デーツと、ヘーゼルナッツのマカロン。
(※本当はヘーゼルナッツじゃなくてマロンを食べたかったのに、
色が似てるからか?店員が間違えた~)


イチジク&デーツのマカロンは、ジャムがたっぷり挟んであって、美味しかったです。
ガナッシュではなくジャム入りのマカロンは、ここのが一番好きです。

c0069026_1585980.jpg
10日にあった友人Kちゃんの誕生日祝いということで、この日はHugo&Victorのケーキを選びました。このお店は今回2度目。
c0069026_151309.jpg
ここにもイチジクが。
c0069026_14341137.jpg
イチジクのルリジューズ(Hugo&Victor)
淡い味わい。

c0069026_14342421.jpg
caramel
c0069026_14353816.jpg
ボール状のミルクチョコを割ってみると、下半分に柔らかいキャラメルのクリームとナッツ。土台はサブレブルトン。見た目ほど味のインパクトはありませんでしたが・・・
c0069026_14344345.jpg
ラデュレのマカロンも一緒に♪
手前のチョコレートケーキは、酸味のあるとても柔らかい食感のチョコムースでした。
c0069026_14515251.jpg
kちゃんのお土産、5区にある美味しいチーズ屋さんのデザートチーズ。
ものすごいふわっふわで、クリーミーで、絶品!!ベリーのソースをかけたらきっと最高です。日本のお菓子屋さんでたまに見る「クレーム・ダンジュ」ですね。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-18 14:44 | Pâtisserieパリのお菓子

シェフと菜園家ジョエル・チボーさんのコラボ

昨日シェフ夫妻のお宅に遊びに行き、そういえばまだブログに載せていない、3ヶ月以上前の記事があったのを思い出し、今更ですがアップしたいと思います。
(※シェフと言うのは、私が2007年にスタージュしたときのレストランのシェフです。)
c0069026_196425.jpg
このカテゴリ「スタジエ日記・レストラン編」を、シェフ(あまりパソコンに詳しくはないらしい)のパソコンの「お気に入り」に入れてきたところなので、きっとこれからチェックするに違いない・・・
c0069026_1954435.jpg
16区で毎週土曜日行われるチエボーさんのマルシェ。
c0069026_1962421.jpg

6月16日のことですが、パリのとある会社の中庭にて、ジョエル・チボーさんの野菜を使ったケータリング料理を、シェフがふるまうというイベントがありました。
チエボーさんはパリの数々のレストランに野菜を卸している、パリの料理人ならおそらく誰もが知っているであろう菜園家なのです。
c0069026_1964835.jpg
右端のムッシューがチボーさん。
c0069026_1975071.jpg
シェフが用意したケータリング料理の一部。
どれも、チエボーさんの野菜が使われています。
c0069026_198876.jpg
c0069026_1982359.jpg
c0069026_1983774.jpg

デザートは、レモンのタルトレットやプチシュー、ガトーショコラなど。
c0069026_19111848.jpg

私が焼いたガトーショコラを、この日同行していたFrançoiseがこんな風に可愛く高く積み立ててくれました。
やっぱりさすがセンスのある彼女。
c0069026_19105883.jpg
c0069026_19132747.jpg
チボーさんの自慢の野菜たち。
この夜のお客さんは、全員これらの野菜を好きなだけ持ち帰れるという特典つき♪
c0069026_19134469.jpg
c0069026_19215332.jpg
色とりどりのホースラデュッシュ。
チボーさんの野菜は色が美しいことでも有名です。


チボーさんのサイト(仏語)→http://joelthiebault.free.fr/

シェフのサイト(仏語)→http://www.stephane-mole.fr/


は~ちょっと気になってはいたので、ようやく記事にできてすっきりしました!


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-17 19:14 | スタージュ日記・レストラン編

友人とお菓子作り

c0069026_13321530.jpg
パリでできた日本人の友人宅にて、先日、一緒にお菓子作りをしてきました。
作ったのは、ダコワーズが土台のこのお菓子。

まずカスタードクリームを炊いて冷ましておき、
ダコワーズを絞って焼き、焼いてるうちにお茶、焼きあがって冷ましてる間にもお茶して。
ダコワーズ、メレンゲをたてる時点でちょっと不安要素が・・・だったのですが、
なんとか焼けました。


待ってる間、友人は今年生まれたばかりの赤ちゃん(めちゃくちゃ可愛い)にご飯をあげたりミルクをあげたり。遊んであげたり寝かしつけてたり。すっかりお母さんです。
c0069026_13322567.jpg
フレッシュのフランボワーズは日本ではなかなか手の届かないフルーツ。
フランスにいる間はできるだけ食べておきたいもんです。

バニラもたっぷり入れたので、クリームは最高に美味しくできました。
ダコワーズも外はサクッ、中はフワッと焼けて食感がいい。
このお菓子は材料も複雑ではないし、友人も「また作って復習しよう♪」と言ってくれました~

直径20cmのもの1台と15cmのもの1台ずつ焼いて、小さいほうは果物なしの状態で持ち帰った私。
後でイチジクとフランボワーズをのせました。
c0069026_133326100.jpg
c0069026_13325697.jpg
美味しかったので、思わず断面も。
サックリしたダコワーズとバニラたっぷりのカスタードクリームに甘酸っぱいフルーツ、文句なしの味♪
c0069026_13331537.jpg
持ち帰る際に入れてくれたHugo&Victorのケーキの空き箱。
内側のシックな黒とイチジクの色がマッチしてると思うのですが・・・どうでしょう。
c0069026_13324420.jpg
Yちゃん、また作って、いろんなフルーツで試してみてね。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-16 13:54 | Mes pâtisseries私のお菓子

最近のラデュレ/Laduree

c0069026_18505996.jpg
マドレーヌにあるラデュレのショーウィンドウ。
暖色系で、ちょっと秋のイメージ。
c0069026_18511169.jpg
c0069026_18512335.jpg
こちらはちょっと前の、ボナパルト通りのラデュレ↓
マカロンタワーの色合いはこんな感じでした。
c0069026_18522138.jpg
c0069026_18523863.jpg
お菓子の様子、見えますか?
店内でショーケースのお菓子の写真を撮るのはNGみたいなので、お店の外から、です^^
可愛いから撮りたくなるんですが、店内ではお菓子を選ぶだけでガマンしましょう・・・
c0069026_1853228.jpg
この小さなバシュランは初めて見ました。
新作?
c0069026_1853157.jpg
イチジクのシャルロット。旬ですね。
紫色が、不思議と食欲を刺激します。

今週からパリは、ダウンを着てちょうどいいくらいの寒さになってきています。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-15 18:59 | Pâtisserieパリのお菓子

日暮れ時・チュイルリー公園

やはり個人的に大好きで、歩いてるだけで自然に気分が和む空間、パリの公園。

今回はチュイルリー公園です。
c0069026_5551480.jpg
c0069026_623113.jpg
この日もお天気で、公園内は観光客を含め、たくさんの人が散歩したり、ベンチに腰掛けたり、思い思いのときを過ごしていました。
c0069026_5553067.jpg
c0069026_5554263.jpg
c0069026_5555660.jpg
c0069026_6242736.jpg
c0069026_625342.jpg
c0069026_6252984.jpg
c0069026_6254015.jpg
c0069026_556970.jpg


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-10-12 08:39 | Parisパリ