<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ストラスブールのクリスマス2005

c0069026_17233141.jpg
私が2005年にストラスブールに滞在していた年の、クリスマスの様子。街の広場に飾られたツリー。
c0069026_1725737.jpg
広場の裏にある、チョコレート屋さん「Christien」の外観。夜はライトアップされて綺麗。
c0069026_1726876.jpg
こちらはお菓子屋さん「Naegel」のお店。キャンディーが飾られてまるでお菓子の家みたいでした。
c0069026_17271475.jpg
有名なカテドラルの前の広場にはクリスマス恒例、Marche de Noel(クリスマス市)が。
これぞアルザス!といった雰囲気です。
とてつもなく寒いけど・・・。
c0069026_17293458.jpg

c0069026_17301239.jpg
こちらは、本物の町並みではなく、広場に設置してあった、ミニチュアの家。

クリスマス時期のアルザス地方は本当に素敵なんです。
もう一度だけ訪れたい場所です。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-30 17:31 | photo album

ニーデルモルシュヴィール村

5年前に8ヶ月程暮らしていた、アルザス地方のストラスブール。
そこから電車で出かけたコルマールの街の、
山の上にあるニーデルモルシュヴィール村。
目的は、その村の中にある、Christine Felber(クリスチーヌ・フェルベール)さんのお菓子屋さんでした。
c0069026_18345066.jpg
もうすぐクリスマスという時期、お店の中の棚の上には、スパイスの香るパン・デピスでできたお菓子の家がずらり。
c0069026_18363433.jpg

アーモンドやアラザンが飾られた四角いパン・デピス。
c0069026_1836994.jpg
こちらもパン・デピス。王冠の形です。

Maison Ferber
18 rue Trois Epis
68230
Niedermorschwihr


クリスマスが近くなると、アルザスの可愛いクリスマスの様子を思い出します。
また写真を整理してから、アップしますね。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-25 18:40 | photo album

パリのマカロン2

c0069026_15514410.jpg
パリのマカロン2。
ピエール・エルメのマカロン♪
ここのマカロンはとにかくクリームがたっぷり。
マカロン一個でもかなりのボリューム。
c0069026_15532713.jpg
クレーム・ブリュレ味のマカロン。バニラの粒がたっぷり!
c0069026_15545881.jpg
オペラの近くにも、最近マカロンとショコラ専門のお店が新しくできたそう。
c0069026_15561383.jpg
エルメで働いた事のある友人から聞いた話では、マカロンの生地を作るのに使うアーモンドの粉も、専用の機械で挽いたものを使っているのだそう。さすがです。
c0069026_15563179.jpg
c0069026_15591655.jpg
上:プラリネのマカロン。中にサクサクの食感のフィヤンティーヌが入っている。
下:クレーム・ブリュレのマカロン。バニラの粒がコレでもかと入ってます。


c0069026_1551101.jpg
右から左にカシスとチョコ、クレーム・ブリュレ、ジャスミン、プラリネのマカロン。

エルメのマカロンは一個1,6ユーロくらい。
やはり、お高い・・・けれど、やっぱり美味しいので、たまに無性に食べたくなるのです。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-15 15:56 | Pâtisserieパリのお菓子

パリのマカロン1

c0069026_18145816.jpg
les macarons de chez Laduree

マカロンといえばパリ(?)ですね。
私が好きなのは王道ですがラデュレのもの♪

マカロンの淡くて上品な色も好きだし、ふわっとした口当たりもたまりません。
c0069026_18174636.jpg
マロングラッセ(marron glace)とパンデピス(pain d'epices)味のマカロン。
c0069026_18204197.jpg

マロングラッセは栗らしい優しい味。
パンデピスはスパイスがしっかりきいてる、まさにパンデピスそのものの味わいでした。やっぱり美味しい!

ちなみに一枚目の写真のように12個入りで買うと、15ユーロくらいです。
もっと安くならんか〜


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-11 18:21 | Pâtisserieパリのお菓子

Cafe Antoine/カフェ・アントワーヌ

c0069026_1426574.jpg
アパートから徒歩県内に可愛いカフェを見つけました。
c0069026_14301348.jpg

ちょうどお昼に入ったところ、昼ごはんか飲み物のみなのかを聞かれ、お茶だけというと外側のテーブルに。

店内はあまりジロジロは見れなかったのですが、古さの残る、昔風の味のあるすてきな内装だったんです。
c0069026_1431270.jpg
後でネットで調べたら1911年創業、パリで最も古いカフェのうちのひとつなんだとか・・・
c0069026_14304232.jpg
c0069026_14312990.jpg

c0069026_14315011.jpg
頼んだChocolat chaud ancien=昔風ショコラ・ショー。
これが飲み物かと思うくらい、驚くくらい濃厚。
アンジェリーナのショコラ・アフリカンにも負けてません^^
おかげでお腹も体もあったまりました。

お店のお姉さんはちょっと怖かったけれど(笑)また行きたいカフェになりました。

Cafe Antoine
17,rue Jean de la Fontaine
75016

休み:日、8月、12月25日〜1月1日

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-08 14:39 | パリのカフェ・サロンドテ

salon du chocolatで買ったもの

c0069026_910422.jpg
サロンの後。一部ですが、チョコもチョコ以外にも買ったもの。
c0069026_9192457.jpg
moelleux chocolat de chez Arnaud Larher
アルノー・ラエールのモエルー・ショコラ!
個人的に思い入れがあり、大好きなお菓子なんです。とろける食感の中心部がたまりません。
c0069026_1235762.jpg
Tablette de chez Henri Le Roux
アンリ・ルルーのカカオ分80%のタブレット
Jean-Charles Rocheuxで働く知人がすすめてくれたビターチョコ。
知人いわく「ビターチョコの概念が変わった!」とのこと。
デザインも可愛いです。
c0069026_9243264.jpg
Canele de chez Lemoine
カヌレ専門店Lemoineのカヌレ

チョコではないですが、サロンで試食したのがとても美味しかったので購入。さすが専門店!
焼きたてはカリッと、時間が経つとしっとりもっちり。日持ちは10日間程だそう。
c0069026_9284131.jpg

Jacques Bockelの塩入りのチョコ(amandes fleur de sel)とプラリネ(praline ancien)の板チョコ。
ここのは板チョコといっても、厚さが3cmほどの分厚いもの。
c0069026_12791.jpg
Tablettes de chez Jacques Bockel
この塩入りのチョコ、過去のサロンでタブレット部門一位に輝いたようです。
しっかりめの塩味が濃厚なプラリネガナッシュとよく合います。
c0069026_12203897.jpg
Les bonbons chocolats de chez Jean-Paul Hevin
日本でも有名なエヴァンのボンボンショコラ。
箱を開けるとつややかで整ったショコラがぎっしり。
そういえば味見でもらったキャラメルガナッシュのミルクチョコがすごく美味しかったです。
また食べたい!

チョコって味はもちろんですが、見かけも大事な要素だなとつくづく思います。
フランスの美味しいチョコは、パッケージからしてデザイン性がとても高いと思います。


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-07 09:29 | Salon du chocolat

Salon du chocolat2010! PartⅢ

c0069026_15373166.jpg
サロンでは、チョコレートのスタンド以外にも、パティシェのコンクールが行われています。
「Charles Proust(シャルル・プルースト)」です。
c0069026_1540182.jpg
2位の飴の作品。
c0069026_15374665.jpg
左側が、ルレ・デセールの会長を務めるFrederic Cassel(フレデリック・カッセル)氏。
お店はフォンテーヌブローにあります。
c0069026_15375961.jpg
途中、パティシェ界ではスター的な扱いのChristophe Michalak(クリストフ・ミシャラク氏も登場。

このChoco Demoのコーナーでは、コンクールと、それから毎日異なったプログラムのデモンストレーション(一応試食つき)が行われるのですが、今回はスタンドを回るのが中心だったので、デモは見ることができませんでした。
c0069026_15381757.jpg
Remise du Prix Charles Proust

夕方16時ころになると、コンクールの結果発表と授与式です。
c0069026_15384324.jpg
出場者はフランス人と日本人の割合が半々。
優勝はValrhona社出身のフランス人パティシェでした。
c0069026_15383167.jpg

会場のイスは満員御礼…後ろのほうで頑張って見てました

またちょっとだけサロンの様子です。
c0069026_15395542.jpg
マダガスカル産バニラの販売ブース。素朴な感じの絵柄が可愛い。
c0069026_1540857.jpg
バニラ棒にエッセンスにバニラプードルなど…
c0069026_15402946.jpg
フルーツの砂糖漬けのお店。
c0069026_15405463.jpg
こちらはWorld Chocolate Mastersのコンクールの様子。
c0069026_1541569.jpg
審査員たち。
襟のトリコロールカラーがMOFの証!
c0069026_15422092.jpg
出場者の中に、見覚えのある顔が・・・と思ったら、「ポール君」でした。

彼は私がアルノー・ラエールでスタージュをしてた2006年に、お店のアプランティ(見習い)だった男の子です。
2003年度の最優秀アプランティコンクール第3位!という実力の持ち主で、
当時から彼の働きぶりは、確かまだ20歳ちょっとと若いのに、立派なパティシェそのものでした。
そういえばよく仕事終わりに飴の練習をしてる姿を見ました

遠くから見守ることに。
c0069026_1542524.jpg
審査員たちが試食をしているところ。
手前はPatrick Roger(パトリック・ロジェ)氏です。
c0069026_1543647.jpg
Paul Cheveaux
ポール・シュボー…きっと将来素晴らしいパティシェになるに違いありませんね
c0069026_15432159.jpg
c0069026_15433366.jpg
Paul Cheveauxの作品。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-04 15:54 | Salon du chocolat

Salon du chocolat2010!PartⅡ

c0069026_6183229.jpg
第16回目のサロン・デュ・ショコラ、続きです。
c0069026_6191235.jpg
c0069026_6531815.jpg
c0069026_6192750.jpg
ショコラトリーのスタンド以外にもコーヒーメーカーなど飲料系のスタンドがあり、やはり人気で並ぶのですが、ちょっと我慢して待てば、入れたてをもらえます。
c0069026_6193770.jpg
これはTassimo Cote d'orのホットショコラ。
c0069026_6195194.jpg
Bailey'sという甘いリキュールメーカーのスタンドでは、キャラメル味のシェイクをもらい…(これはアルコール入り)。
c0069026_620564.jpg
こちらは他のメーカーで入れてもらったカフェオレ。層になってるのが可愛い。
c0069026_6202853.jpg
Pralus(プラリュ)
リヨンのお店で、最近パリにも支店ができました。
c0069026_6204322.jpg
有名なピンクのプラリネのブリオッシュ。
小さくカットした試食をもらえるのですが、焼き立てなので非常に美味しいです。
かなり甘いけれど・・・。朝ご飯にコーヒーと食べたくなります。
毎回「買おうかな」と思うのですが、一個が大きいのでいつも躊躇してしまいます。
c0069026_6205675.jpg
パン生地と、テーブルの下には混ぜ込み用のピンクのプラリネ。
c0069026_6211896.jpg
Boissier(ボワシエ)
c0069026_6213710.jpg
日本でも購入可能だけれど、ものすごい高いと聞く、噂のマロングラッセ。笑
c0069026_6345293.jpg
Christophe Roussel
c0069026_6354313.jpg
Chapon(シャポン)
レトロな絵柄のパッケージが素敵なショコラトリー。
c0069026_6373536.jpg
c0069026_6375221.jpg
c0069026_638593.jpg
c0069026_6534114.jpg
店頭販売には何種類ものチョコレートムース!(アイスではありません)
c0069026_654322.jpg
c0069026_6382773.jpg
ハンドバックを摸したチョコレートボックスとショコラ。
c0069026_6384575.jpg
c0069026_640599.jpg
c0069026_6403537.jpg
Jean-Charles Rocheux ジャン・シャルル・ロシューのタブレット

c0069026_6443964.jpg
そうそう、そういえばこちら。
c0069026_6473121.jpg
会場内に設置してあるゴミ箱なのですが、おそらくカカオ豆を入れておくための麻袋。
ゴミ箱までもチョコレートに関連させるアイディアいいですよね♪
c0069026_648383.jpg
それとこちら。
エクレアのベンチと、ルリジューズのイス。^^
みんなこれに座って記念撮影してました。
c0069026_649917.jpg
ポーズも決まっています。笑

フウ…実はまだ続きます。
もう少しだけ、お付き合いください。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-11-03 06:41 | Salon du chocolat