<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

クリスマスのあと

c0069026_543526.jpg
先週金曜日の24日から、一夜にして街が静まり返った25日、そして日曜日が明け、今週が始まりました。

通りを歩いてると、外のごみ置き場に「おもちゃの空き箱」が捨てられてるのをたくさん見て、ああ、クリスマスは終わったんだな~と思いました。
もうすぐ年末かあ・・・
c0069026_5431838.jpg
今日前を通り過ぎたLenotreのショーウィンドウには、ノエルのビュッシュがまだ並んでいました。
c0069026_5433814.jpg
Stollen

シェフの手伝いで作ったシュトーレン。今日スライスして食べてみました。
焼き上がりを指で触ると固く、失敗?と思ったのですが、そのあと溶かしバターを塗って粉砂糖でお化粧。ラップで包んで寝かせていました。

いざ食べてみると・・・予想に反した深い味わい。
松の実とヘーゼルナッツ、生姜のコンフィに、たっぷり混ぜ込んだオレンジピールとレモンピール。甘いなつめやしも少し。
そしてバニラビーンズの粒も。甘い香りがたまりません。
マジパンも一本入っています。
c0069026_5434855.jpg
また来年も作ろう。
c0069026_5442224.jpg
そうそう、Francoiseから思いもかけずいただいたプレゼント。可愛いクリスマスカードと、素敵なデザートフォーク。
私が以前ちらっと「欲しい」と話したのを覚えてくれていたのです。
嬉しすぎる!
未だに袋に入れたまま、眺めています。
Merci beaucoup!
c0069026_5451778.jpg
シャンゼリゼ通りのLadureeのマカロンタワー。
c0069026_5435958.jpg
フランスに戻ってきてすぐに、ニコラシェフ(Chef Nicolas)のとこでこの時期に働けたのも、ほんとうによかった。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-12-29 05:57 | Parisパリ

23・24・25日

c0069026_1617352.jpg
ちょっと久しぶりの更新です。
23日、クリスマスの前日はシェフの手伝いの終盤。この日は雪が降り続いた寒い一日でした。
c0069026_16203210.jpg
手伝いで作ったビュッシュ・ド・ノエル3種。
上からジャンデュジャのクレムーの入ったショコラとフランボワーズ、マロン、クレームシトロンとアーモンドのムース。
他にはマカロン、クリスマスのサブレやレープクーヘン、シュトーレンなど作りました。
この時期、個人でノエルの晩餐を用意し配達をするシェフを手伝うのもこれで最後・・・。
c0069026_1618695.jpg
24日はシェフの手伝いが終わり、その後はシェフにいただいた食材で友人と夕ごはん。(サーモンにフォアグラにお肉のオーブン焼きにつけ合わせのアルザス風パスタ・・・
おかげで何も作る手間はなく、ラクをしてしまいました。)
食後には、友人の一人が持って来てくれたPain de sucreのビュッシュ・ド・ノエルを。やった~♪
c0069026_1618179.jpg
おおお~
c0069026_16182676.jpg
すっきりとした切れのある味わいのチョコレートムース。チョコなのに軽くて、大変美味しかったです。ご馳走様でした!

そして昨日の25日・・・。
c0069026_1851964.jpg
c0069026_1618438.jpg
久しぶりに目的もなくぶらぶらと散歩してみました。
家を出ると道路の水溜りはカチカチに凍ってて・・・
この日はまるで冷凍庫の中に居るかのような寒さ・・
c0069026_1619211.jpg
チュイルリー公園からシャンゼリゼ大通りのクリスマス市をのぞいたのですが・・・

この噴水の池がご覧の通り、カキーン!と凍ってるのです。
鳥もそのい上をツルツル滑りながら歩いてたりするのです。さむ!
c0069026_16191487.jpg
ほんとうに珍しくこんな晴天なのに、底冷えがしてきます。
c0069026_16192588.jpg
25日って、どこも閉まっていて、休日なんだな~って思いました。
どこも人でごった返してた24日までの賑やかさは、もうどこかへ行ってしまいました。
c0069026_16215635.jpg
c0069026_16193442.jpg
c0069026_16194688.jpg
c0069026_16195744.jpg
コンコルド広場に、毎年この時期に現れる大観覧車(Roue de Paris)。
こんな晴れの日に乗れば、街が見渡せていいかもしれません。
c0069026_162093.jpg
クリスマスの後は・・・年末です。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-12-26 16:37 | Parisパリ

12月も後半へ

一年の中で、時が一番早く過ぎるように感じられる、クリスマス前から年末にかけてのこの時期。
街も人もソワソワしてる雰囲気です。
c0069026_152852100.jpg
デパートGalerie Lafayetteに飾られる巨大なツリー。
この大きすぎるツリーの搬入や組み立て、飾りつけはどうやってるのか・・・謎です。
c0069026_15291463.jpg
去年もここで写真撮ったなあ・・・
撮り終えて後ろを振り向くと、同様にカメラを手にした人が。笑
人気の撮影スポットみたいです。
c0069026_15292658.jpg
ピエール・エルメ(Pierre Herme)のお店の外にある小さなショーケースの中にはマカロンのツリー。
c0069026_15293721.jpg
c0069026_15294877.jpg
こちらはジェラール・ミュロ(Gerard Mulot)のショーウィンドウ。
こういうツリーなど枝の形をした木の板にマカロンを飾るのが、最近流行ってるようです。
c0069026_15361692.jpg
シュトーレンの生地を分割したところ。

エキストラの今年の仕事は昨日(月)で終了。
翌日はシェフの手伝いをちょこっとしに寄りました。ドイツやアルザス地方で、クリスマスの時期に食べるイースト菓子の「シュトーレン(Stollen)」。
オレンジのコンフィやナッツがたっぷり、このレシピはバニラの粒も入って、いい香り。
初めて作りましたが、醗酵させる過程で実はちょっと失敗・・・。苦笑
焼き上がりはどうでしょう。
c0069026_15311152.jpg
その帰りに見た、閉店後のプランタン。この時期のショーウィンドウはいろいろ趣向がこらされてるようで、大人も子どもも皆眺めてます。
c0069026_15312365.jpg
c0069026_15313517.jpg
再び、Galerie Lafayetteの夜のイルミネーション。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-12-22 15:52 | Parisパリ

街の様子2

c0069026_16415253.jpg
街の様子続きです・・・
エッフェル塔の前の通りを過ぎ、モットピケのメトロのあたりまで来ました。
c0069026_1642498.jpg
このへんは商店が並ぶにぎやかで人の多い界隈。
c0069026_16421592.jpg
そのRue Commerceを抜け、さらにCharles Michelまで。
c0069026_16423427.jpg
ここのイルミネーションはエッフェル塔!可愛い^^
c0069026_16425357.jpg
これぞフランスのパン屋さんのビュッシュ・ド・ノエル。このチープでいかにもな色合いが可愛いです。
c0069026_1643298.jpg
振り返ると、後ろに本物のエッフェル塔が。
c0069026_16431893.jpg
お菓子屋さんの窓に積み上げられた大きなメレンゲ。
c0069026_16432848.jpg
こちらはメレンゲ(卵白を砂糖で泡立てて乾燥焼きしたお菓子)専門のお菓子屋さん。
メレンゲとクリームのケーキを一度食べたことがあり、甘いですが意外と美味しかったです。
c0069026_16434574.jpg


この時期のパリは街全体がデコレーションされてるみたいで、なんとも非現実的・・・

おまけ:
c0069026_16551687.jpg
お肉屋さん。
こちらはまた別の日(雨でした)の街の様子(Rue Montmartre)です。
c0069026_16553238.jpg
黒バージョンの赤ずきんみたいな人が・・・
c0069026_16554452.jpg
c0069026_1655559.jpg
ここにもまたビュッシュ・ド・ノエル。
来週はクリスマスですね。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-12-18 16:52 | Parisパリ

街の様子1

c0069026_6114558.jpg
夜のアンヴァリッド

この前の更新から、なんだかんだでいろいろあって、数日が過ぎて行きました。
12月という世間的には忙しい時期のせいか、ありがたいことにこの前の金曜日から、エキストラの仕事に呼んでもらえています。
そのおかげで、クリスマス前の街の様子を見ることがまだゆっくりできていません・・・
今日は帰りに少し歩いて帰ってきました。
c0069026_615456.jpg
寒いけれど、まだガマンできないほどではありません。
c0069026_6121192.jpg
通りにはちょこちょこクリスマスらしい飾り付けがあって可愛い。
c0069026_613654.jpg
c0069026_6135353.jpg
こちらはパン屋さんSeccoのショーウィンドウの様子。
c0069026_6142151.jpg
もしかして壁を塗りなおしたのかな?以前より青みの強いピンク色になった気がしました
c0069026_6341739.jpg
c0069026_6164024.jpg
通りには、売られるのを待っているサパン(もみの木)が。
c0069026_6165854.jpg
c0069026_6123492.jpg
「クレー通りへようこそ」。どうも、メインっぽい通りにはこういうメッセージがあったりするみたいです。

しかしこっちの人って帽子とかマフラーとかコートとか、「冬の格好」が本当によく似合います。
やはり顔が小さくて手足が長いからですね。
c0069026_6171427.jpg
もう少し行くと、お菓子屋さんルノートル(Lenotre)のお店。
c0069026_6172789.jpg
メレンゲと生クリームのバシュラン。
c0069026_6174094.jpg
クリスマスに向けたビュッシュ・ド・ノエル。

パート2に続く・・・

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-12-15 06:17 | Parisパリ

金曜日

パリに戻ってきてまずしたのは、これまでに仕事関係や仕事以外でもでお世話になってきたシェフとシェフニコラへ「戻ってきました」の連絡。
日本へ帰る際も、パリに戻ってきたら連絡してねと暖かく言ってくれた、私にとって主要なシェフふたりです。
今日はその2人のシェフのとこで早速仕事することになりました。
朝はニコラシェフのもとで7時半から17時まで、その後はシェフのもとで個人宅へのケータリングのお手伝いをして、21時に帰宅。

久しぶりのお仕事で、疲れるかと思いきや、思ったより大丈夫でした。
やっぱり「こういった経験もこれが最後」と思うと、急に新鮮な気持ちになって、頑張ろう!と思えるというか・・・。皆が働いてる様子を見て、感傷的な気分にすらなったりします。
とはいえこれが毎日続いたらやっぱり無理な気がしますが

まかないの時間にテーブルにずらっと並ぶ赤や白のワインのボトル、
たわいもないおしゃべりを続けたり、冗談を言ったりするフランス人を見て、
「ああそうだった、フランス・フランス人って、こうなんだった」と、妙に忘れていたように思い出したり・・・。

それにしても朝真っ暗なのはかなり寂しいです。
暗くて長いフランスの冬・・・
c0069026_7205613.jpg
朝7時半頃。
火・水曜日と降った雪が残ってます。こんなに降るのは珍しいんだそうな。


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-12-11 07:07 | Parisパリ

新鮮な気持ちで

c0069026_18501141.jpg
実は、ワーホリビザ手続きの為に、しばらく紅葉シーズンの日本に滞在していました。
日本は信じられないくらい暖かく穏やかで・・・しかし!

シャルル・ドゴール空港に降り立つと、雪交じりの風と寒々しい空気が、私を迎えてくれました・・・。
これぞフランスの冬です。とりわけ今年は雪が降るのが早いんだそうな・・・。
c0069026_1753094.jpg
空港から市内(Opera)まで向かうRoissybusの中の様子。16時過ぎなのですがいつになくガラガラの車内。乗客だか運転手の友人だかわからないおじいさんが運転手にず~っと話しかけていました。こういうのってほんとフランスらしい光景と思います。
c0069026_175310100.jpg
バスの窓から見える風景はこんな感じ。見るからに寒々しい・・・
c0069026_17532258.jpg
オペラに到着。イルミネーションが輝くギャラリー・ラファイエット。毎年恒例ですが、綺麗です。
アパートへはここから出ている22番のバスで向かうのですが、車内ぎゅうぎゅうで疲れた~。
でも降りるときに、私のトランクを持つのを手伝おうとしてくれた子連れのおじさんに、心があったまりました。


さて、ぐっすり眠った翌日。
窓を見ると・・・
c0069026_17534048.jpg
ん?
c0069026_17535085.jpg
窓から、冷え冷えとした冷気を感じます。
c0069026_175409.jpg
そう、外はこんな感じに吹雪いていたのです。
このあと細かい雪は牡丹雪に変わって積もっていきました。

この日は、友人のKちゃんが、この雪の中ケーキを持って来てくれました。
雪のせいでメトロは動いているがトラムはとまっていたんだそう・・・
c0069026_17541285.jpg
15区のLaurent Duchene(ローラン・デュシェーヌ)のケーキ。
フランスに着いたら食べたいと思っていたパリのお菓子。嬉しすぎる!!
Laurent Duchene
2,rue Wurtz 75013
238,rue de la Convention 75015
c0069026_17542380.jpg
これはリュバーブとグロゼイユとプリンのタルト。タルト生地が香ばしくてサクサクです。
ここのケーキはあたりはずれがなく、誰にも好まれる優しく上品な味のものが多い。
c0069026_17543360.jpg
抹茶クリームとフランボワーズのジュレとシャンティーのシュー。
これもとても美味しかった。
Kちゃん本当にありがとう!

ワーホリで渡仏する前に過ごした日本で、とても個人的な思い入れができてしまいましたが、
またしばらくはフランスで暮らすことが決まりました。

今回がいよいよフランスで暮らす最後の1年でしょう。
そう思うと、初心にかえったというかどんな瞬間も新鮮なものに思えてきます。

最近は更新もまちまちですが、これからも私らしくやっていきますので、
またブログからの暖かい応援を、どうぞよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2010-12-09 18:02 | Pâtisserieパリのお菓子