<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

クグロフ!で朝ごはん

c0069026_22143241.jpg
翌朝は・・・
c0069026_21383873.jpg
私の希望で、ストラスブールの老舗のショコラトリー「Christian(クリスチャン)」で朝ごはん。
c0069026_21223871.jpg
(これがしたかったんです!)

ショコラトリーだけに、ショコラ・ショー(ココア)の種類が豊富。
ショコラ・ショーには目がないので、悩みます。
c0069026_2215193.jpg

エカテールのショコラ(手前)にしたのですが、甘さ控えめでとても美味しかったです。
クグロフも美味しい。し、幸せ。
c0069026_22155584.jpg
※朝から甘いものを求めてますが、日本では温かいごはんがほんとに美味しいです・・・。
c0069026_21301680.jpg
c0069026_22245555.jpg
c0069026_22252179.jpg
Christianのノエルのクッキー。
c0069026_21411585.jpg
c0069026_2143861.jpg
Christianのクグロフ。
c0069026_2226617.jpg
マルシェ・ド・ノエルの屋台の屋根には、アルザスを象徴する鳥、シゴーニュ(コウノトリ)が^^。
c0069026_2140283.jpg


さてこの後は、これまた老舗のお菓子屋さん「Naegel(ネゲル)」で働く友人Yさんに、お店の厨房を見学させてもらいました。
c0069026_21274226.jpg
Naegelは、ストラスブールでも有名なお菓子屋さん。今年のお店のデコレーションはペンギン!^^
Yさーん!忙しい中、貴重な機会を作っていただき、ノエルのクッキーも頂いてしまい、ほんとにありがとうございました!
月曜日だったためNaegelのお店自体はお休みだったのですが、厨房が見学できるなんてほんとに感謝!でした。ありがとうございました。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-12-30 22:06 | Strasbourgストラスブール

Wissembourgへ!Rebertのお店へ

さて、やってきました♪
c0069026_21495441.jpg
この町一番のお菓子屋さんといってもいい、Rebert(ルベール)のお店!
シェフはルレ・デセール(Relais desserts)のメンバーでもあります。
c0069026_21515721.jpg

サロン・ド・テのあるお店がまわりになさそうだったので、それも人気の理由かもしれません。
近いだけに、ドイツ人のお客さんも多い!店員さんも流暢なドイツ語を話すし・・・
c0069026_21512153.jpg
ショーケースの中のショコラ。

c0069026_21523166.jpg
ケーキもおいしそうだったのですが、クグロフにしました。
クグロフは、ここアルザスを代表するイースト菓子で、この地方ではどこでも目にします。
お店によって味や作り方が異なるので、食べ比べるのも楽しいのです。
こちらのクグロフは食感がしっとりブリオッシュのようで、まわりにはお砂糖がまぶされていました。
美味!

それにしても・・・
c0069026_21542884.jpg
驚いたことに、1人あたりのお茶代が、実にパリの半分!
紅茶なんて1ユーロ代。パリなら4〜5ユーロはとる。笑
いかにパリの物価が高いことを思い知ったのでした・・・
c0069026_2155511.jpg
しばしあたたまり、お店を出るころには真っ暗。
お店の外観も、こっちのほうが雰囲気が出ますね。

さて、電車の時間もあるので、私たちは駅に向かってストラスブールに戻ることにしました。
c0069026_21564082.jpg
こちらは町のパン屋さん。ここにもやはりクグログの姿が^^

続きます!
人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-12-29 21:39 | Strasbourgストラスブール

ヴィッセンブールWissembourgへ!

クリスマスは過ぎてしまいましたが...
そして気づけば今年もあと3日となりましたが・・・
(でもまったく実感がない・・・ボケボケな年末です〜)
アルザスのノエルは、もうちょっと続きます!
(実際ヨーロッパは、1月1日まで町はクリスマスの雰囲気が抜けきらないみたいです)
c0069026_20574830.jpg
トラスブール・クレベール広場の焼き栗屋さん

ストラスブールに到着したその日の午後は、
友人と3人でヴィッセンブール(Wissembourg)という、ストラスブールから1時間ほどの小さな町へ行ってきました。
c0069026_2101269.jpg

ストラスブールに住んでいた2005年のこの時期も、友人と出かけた記憶があり、今回で2度目。
c0069026_2131790.jpg

駅からちょっと歩くと、こんな素朴な看板が。
この町のMarche de Noel(クリスマス市)の看板です。
c0069026_2134499.jpg
ストラスブールより規模が小さく、近所の人たちがメインのお客さんといった、ちょっとゆるい雰囲気のマルシェ・ド・ノエル。
c0069026_215518.jpg
c0069026_218122.jpg
私たちもゆるーく散策。
実際大したものは売ってないのですが、この雰囲気はなんともいえず楽しい。
c0069026_2192821.jpg
子供たちの遊ぶ小さなスケートリンクの周りにあったローソクの看板。
c0069026_21101685.jpg
c0069026_21104731.jpg
音楽隊の登場♪
この服装がアルザスっぽいですね。
c0069026_21112547.jpg
屋台の前にはアルザシエンヌの伝統的な格好をした女性が。この黒い大きなリボンが特徴!
c0069026_2112331.jpg
vin chaud

あまりに寒く、みんながみんな屋台の前でヴァン・ショー(ホットワイン)を飲んでたので、私も。
甘くて濃くて、熱々!ほのかにシナモンやオレンジの香り。
そして、地方だけに、だいぶ安い。笑

この町に来たのにはほかに目的がありました!それはもちろん・・・
また、次回に続きます♪

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-12-28 21:32 | Strasbourgストラスブール

アルザス/ストラスブールの旅

c0069026_213438.jpg
ストラスブールへ!
c0069026_21221597.jpg

帰国前に、ストラスブールに一泊二日の旅に出ました。
帰る前にここだけは寄っておきたかったんです。
c0069026_2143192.jpg
TGVのチケット。
ちょうど、マルシェ・ド・ノエルが始まる週末。
c0069026_2152536.jpg
ストラスブール駅構内のPAUL。
c0069026_216233.jpg

ストラスブールは、私がフランスへやって来て、初めて暮らした街。
c0069026_2164178.jpg
カテドラル前の通りのショコラトリー「Christian(クリスチャン)」。
c0069026_2174044.jpg
c0069026_2175716.jpg
Christianのお店のショーウィンドウ。

2005年の9月、トランクと一緒に駅に降りて、
トラムの乗り方、切符の買い方もわからなかったなあ・・・。

隣に立っていた女性に尋ねたら(フランス語なんてほとんど話せなかったので片言の英語を使って)、
一瞬ヘンな顔をされたけど、切符の買い方を知りたいのだとわかってくれて、
そしたら親切に教えてもらって・・・今でも覚えています。

あの当時から、駅も工事で変わったし、パリ東駅から4時間かかったのも、TGV開通でたったの2時間に短縮しました。
c0069026_2194313.jpg
地図がなくてもわかるだろうとタカをくくっていたのですが、住み慣れていたはずの街なのに、さすがに5年ぶりということで、迷ったりもしてしまいました。笑

c0069026_2116295.jpg


少しずつ、クリスマスを迎えるこの時期限定、一年で一番素晴らしいストラスブールの風景を、紹介していきますね。

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
c0069026_21205418.jpg
ヴァン・ショー(ホットワイン)の屋台のサンタさんの絵。
ちょっと怖い!笑
by blueblau1 | 2011-12-19 21:11 | Strasbourgストラスブール

早くも一週間

c0069026_2015523.jpg
前回の記事が、フランスでの最後の記事になってしまいました!
c0069026_20153292.jpg


おかげさまで無事に帰国し、
日本に帰ってからはや1週間がたちました。
会いたかった愛犬と毎日戯れています。笑
c0069026_20155160.jpg


それにしても・・・

2005年から2011年の間、ちょこちょこ一時帰国はありましたが、
こう本格的に帰国となると、
フランスでの6年間が、まるで幻であったかのように感じられるのです!
c0069026_20161577.jpg

な、なんで???
c0069026_20163277.jpg

他の人のケースで噂には聞いていたのですが、まさか本当だったとは。
びっくりな気持ちと、ちょっとショックな気持ち半々です・・・
c0069026_2016549.jpg


とはいえ、もちろん、心にはいつもフランスが。
私にとって、何ものにも代え難いフランス生活でした。
ストラスブール小旅行の記事も、忘れないうちに書かねば!
c0069026_201738100.jpg


またいつものごとく不定期な更新ですが、
これまでのように、マイペースにブログは続けていきます。
書きたいことがたくさんあります!

そう、これまでもそうでしたが、気持ちが後ろ向きになったときも、ブログを書くことで不思議と元気が出てくるのです。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします^^

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!

※写真は実家のクリスマスツリー。
ドイツ製のクリスマスオーナメントが飾られています。


にしても・・・

実家には私のものが当然ながらたくさんある訳ですが・・・
c0069026_20185125.jpg
実はこれらのクリスマスソックスは、私が高校生くらいのときに作ったもの。
c0069026_20182298.jpg

昔の方が器用だったな〜・・・

と、我ながら思ってしまいました。笑
今じゃこんなもの手作りできない・・・

※いただいているコメントは、どれもありがたく読ませていただいております。
お返事ができなくて心苦しいのですが、読むたびに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。
by blueblau1 | 2011-12-15 20:11

センチメンタルがとまらない

先月の後半は、結構いろいろなことがありました。

銀行口座解約にあたっての諸問題やらを解決するのに、右往左往しちゃったり(いつか書きますが…私の場合、口座をストラスブールで開いたので、パリで解約するとなると、とてもややこしかったのです。)、

残りの荷物をコリッシモ4箱+もう1箱分を発送したり(25kg×2箱のクロネコヤマトでやっぱり足りませんでした。)

私の次の部屋の入居者とのやり取りやら、インターネット解約にあたっての云々やら・・・

前の職場の人たちのところに挨拶に行ったり、
会っておきたかったエミリーにも、久しぶりに会って。

昨日は、お世話になった大家さんと家賃の清算やら退室手続きやらをして、2組あるうちの鍵の1組を返却しました。
帰り際に、大家さんは「Tu es comme ma fille!(自分の娘のように思っている)」「日本に帰っても、何か協力できることがあったら、何でも私に言うんだよ」と言って、大きなハグとビズをくれました(ちょっとビックリした…笑)。

今日は仲良しのKちゃんと、もう一度行っておきたかったカフェで少しだけ会って、
別れ際には「また連絡するからね」と、バイバイして。

こういうことは、やっぱり、永遠ではないとはいえ、「別れ」を実感させられますね。

この10日間は、何かをしてても、他の何かが頭の中にあるような、
どこか意識が散乱してるような感覚で過ごしている感じがします。

考え事が、私の頭の中の許容範囲を超えていて、ポロポロ、忘れ物がいっぱいありそう。笑

そして1日が、何てあっという間に過ぎて行く事!



バスに乗って、窓から外の様子を眺めてると・・・
なんでしょう、そんなときに感じる、複雑な気分。
もはや自分はパリの住人ではなく、かといって観光客でもないし・・・という。

5年(フランス全体では5年と3ヶ月)住んだ大好きな街を離れるって・・・
やっぱり切なく、名残惜しい。

ほんとに、いろんなことがあったもんだ。
それに、機会や人に恵まれたフランス生活でした。

もうすぐ日本だ!って、少し前にはそれを喜んで楽しみにしていたときもあったのに、帰国が目前となると、ついつい感傷的になってしまう。
帰ったら会いたい人にも会える事だし、食べたかったものも食べられる事なのだけど。

でも、それとこれとはまた別の話。

心の安定のために、片道ではなく往復チケット(本当に使うかどうかは別として)を購入するべきだったかも なんて。

いやいや・・・・こんなんじゃ、いけない いけない!!

心の支えは、パリは変わらずにそこにいる ということ。

(だって、10年近く前に旅行に来たときと比べて、実際、街の様子は何ら変わってない気がする。笑)

立つ鳥跡を濁さず・・・かあ。

なんだか未練たらたらですみません。

でも、
自分はまたパリに会いに来るだろうな、うん。 
と、思わずにはいられないのです。
c0069026_6481248.jpg


話は変わって・・・

お父さん、今日はいいシャンパンを買ってきましたよ。
帰ったら、これでまずは乾杯をしましょう♪


人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-12-04 05:49 | Parisパリ

街と人々

c0069026_5544036.jpg
Les deux magots(カフェ)

c0069026_5561960.jpg
c0069026_5554282.jpg
au nom de la rose(花屋さん)
c0069026_5555651.jpg
Le moulin de la vierge(パン屋さん)
c0069026_5564499.jpg
pain et chocolat(サロン・ド・テ)

人気ブログランキングへ
応援クリックお願いします!
by blueblau1 | 2011-12-01 06:00 | Parisパリ