<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

姉宅に集合♪

c0069026_1622914.jpg
名残惜しい桃が終わって、次はぶどうの季節ですね♪秋はもうすぐ!

久しぶりに姉宅に、両親と私とおじで集合です。
人の家に遊びに行くのって、なんだか楽しい♪と思うようになったこのごろ。

えみすけも元気です。
c0069026_1624272.jpg

姉の手料理でお昼(アンチョビとキャベツのペンネ美味しかった〜)を食べたら、今日は、デザートに大好きなぶどうをモギッとな。よかったね。
c0069026_1624769.jpg
一粒がプルーンのような、立派な大きさのぶどうなんです。Sさんご馳走さま〜!


甥っ子はつい1週間前ほどに1歳の誕生日を迎えたところ。
c0069026_16202314.jpg
オーブンを使わなくていいように、前日にレアチーズケーキを作りました♪
c0069026_1621075.jpg

肝心の本人は寝てましたが、大人達だけでケーキをいただきました。

お昼から食べ続けて、お腹いっぱい〜!
コーヒーもちょっとだけ飲んでしまいました・・・ 
Starbucksのスマトラ。これ美味しい!飲めるようになったら買いにいこ〜


作りやすくて美味しかったので、レシピです。

ラズベリー入りレアチーズケーキ(15cm角形セルクル一台分)

<土台>
マクビティビスケット70g→細かく砕く。
溶かしバター30g
カソナード10g
以上を合わせて型の底に指を使ってぎゅっと平に敷き詰め、使うまで冷蔵庫に入れておく。

<レアチーズケーキ>
クリームチーズ250g→耐熱ボウルに入れて、レンジでやわらかくなめらかにする。
砂糖90g
プレーンヨーグルト200g→計ったら、水切りしておく。
レモン汁小さじ1
板ゼラチン3枚(約8g)→氷水でふやかしておく。
生クリーム(35パーセント)200g→やわらかくたてておく。

冷凍ラズベリー 適宜→大きめに砕く。
砂糖 適宜 ※冷凍ラズベリーにからめて甘味をつけておく。

ラズベリ−以外の材料を上から順に混ぜていく。
板ゼラチンはレンジで溶かし(熱くしすぎないこと)、チーズ生地に加え、最後にゆるく泡立てた生クリームを加えゴムベラで混ぜる。

用意しておいた型に、レアチーズ生地を一部流し、ラズベリーを一面に散らす。残りのレアチーズ生地を流し、冷蔵庫で冷やし固める。


<桃のコンポート>※お好みで
桃2個
砂糖40g
レモン汁大さじ1
皮を剥いて適当にカットした桃、皮、ひたひたの水、砂糖、レモン汁を鍋に加えて10〜15分ほど弱火にかける。

<仕上げ用ゼリー>
コンポートの煮汁(漉したもの)125g
板ゼラチン1,5枚(約3,6g)

冷やし固めたケーキの表面に桃を並べ、ゼリー液を流す。冷蔵庫で冷やし固めて完成。
c0069026_16211466.jpg





c0069026_1754178.jpg
今回の記事とは関係ありませんが、焼きメレンゲ(写真はコーヒー風味)。
使えずに冷凍しておいた卵白も、あっという間になくなります♪
サクサクで美味しく、今まで遠ざけていたメレンゲに興味が出てきました。
by blueblau1 | 2013-08-31 16:47 | Mes pâtisseries私のお菓子

オレンジケーキ

c0069026_194548.jpg
オレンジケーキ。
オレンジのコンポートを底に敷いてから生地を流し、焼き上がりをひっくり返すとこの通り。
ナパージュを塗るとツヤツヤになって、一気に美味しそうになりますね。

でも・・・上面がへっこんでしまいました ちょっとオレンジ焦げてるし・・・
c0069026_19452448.jpg

でもこの生地、ふんわりしててとっても美味しいんです。
c0069026_19444914.jpg
中にはオレンジのコンポートを刻んだものが入ってます。コアントローの風味も。
c0069026_16114858.jpg
c0069026_16104184.jpg
オレンジがほろ苦くて、ちょっと大人の味。
by blueblau1 | 2013-08-26 19:48 | Mes pâtisseries私のお菓子

Cake au chocolat-orange

c0069026_18272950.jpg

アーモンドプードルの入った、チョコとオレンジのパウンドケーキ。
アーモンドプードルが入ってるので翌日からはしっとりしてくるけど、焼きたては外がさくっと中はふわっとしてて、これも美味♪
焼きたてのつまみ食いって、美味しいですよね。
オレンジピールが入っています。
c0069026_18273420.jpg
スリムなパウンド型で焼くので、細め。
表面にはカリカリのプラリネを混ぜたミルクチョコレートを塗ってます。
c0069026_18275332.jpg
これは、直径15mm程度のレモンの乾燥スライス。
食べてみたら、美味しくなかったので飾り用^^;
c0069026_19435466.jpg

ドライイチジクも入れたので、チョコレート生地のフルーツケーキという感じです♪


ちょっと前から胎動なるものを感じるようになってきました。
最初は胃が動いてるのかなと思ってたんですが・・・だんだん、これが胎動か?と気づき。

下腹部がポコポコッとすると、お腹の中にもう一人いるんだ〜と、改めて思ったりします。
by blueblau1 | 2013-08-22 18:33 | Mes pâtisseries私のお菓子

ヨーロッパの思い出/お砂糖

c0069026_18422166.jpg

捨てずにとってある、お砂糖♪
もう数年経っているので、若干ボロボロなんですが・・・
c0069026_18425638.jpg

フランス滞在時、パリや旅先でカフェに入る度に、思い出にとカバンにしのばせていたお砂糖。笑

アルザス地方、
ストラスブールのショコラトリー、Christian(クリスチャン)ここのサロンドテでの温かいショコラ・ショーとクグロフの朝食がたまらないんです。
c0069026_1844123.jpg

同じくアルザス地方、
ヴィッセンブールのパティスリーRebert(ロベール)
c0069026_18431150.jpg



何回もお茶したパリのLaduree(ラデュレ)に、

友人と数回訪れたCafe de Flore(カフェ・ド・フロール)のお砂糖。
c0069026_18464668.jpg



両親と旅行したイタリアでは
ベネチアのFlorian(フローリアン)
c0069026_18432261.jpg
※ここには深夜の列車を利用して行ったので、朝方3人でフラフラになりながらお茶したんだったな〜
c0069026_1843285.jpg

トリノのMulassano(ムラッサーノ)

c0069026_184329.jpg
うう、懐かしい!
捨てられそうにありません。
by blueblau1 | 2013-08-21 18:54

桃シロップでグラニテ

c0069026_1423369.jpg
連日暑い日が続きますね。
今日も35℃近くありました・・・
c0069026_1421761.jpg
桃のコンポートを作った時のシロップを冷凍しておき、凍ったところをフォークでガリガリ削ると・・・
c0069026_1421050.jpg
桃のグラニテの出来上がり。
ピンク色の淡雪のようですね♪


作りかけのもの。
c0069026_1415035.jpg
携帯ケースに、
c0069026_1412224.jpg
c0069026_1411940.jpg
長財布を作ってみようかと・・・(無謀にも!ちゃんと出来上がるのだろうか)

うまく出来たら、のせますね^^
小物を作るのって、楽しい♪
最近ハンドメイドに凝り出しています。笑
c0069026_1415180.jpg

by blueblau1 | 2013-08-20 17:01

オーブンミトン・カフェへ

暑いのが苦手な私は、秋が待ち遠しい日々です。

先日、行ってみたかったお店「オーブンミトン・カフェ」へはるばる行ってきました。
自宅からは行きにくいのですが、急にこのお店の焼き菓子が食べたくなって。

あまりの暑さに、駅からはバスで。
正解でした!
こんな暑いのに、炎天下の下歩くなんて無理だ〜!
c0069026_128748.jpg

(またまた携帯から撮ったので画像が荒くてすみません)

Sさんのキッシュロレーヌ(奥)は、フランスのサイズを想像していたら驚くくらい小ぶりだけど、味は濃厚でクリーミー!
生地もサクサクしてます。
添えられたプチパンも熱々で、美味。

私はシュークリームとバニラパウンドケーキ+飲み物の「はけの森セット」に、気になったバニラシフォンケーキをプラスしてもらいました。
レシピ本も持っているパティシエの小嶋ルミさんのお菓子、味わって食べました。

シュークリームのクリームに、バニラビーンズの姿が見えなかったのが少し残念だけど、美味しかったです。
c0069026_1249990.jpg
なんだかすごく満足して、幸せな気分になりました。
c0069026_1282886.jpg
窓際の席からの眺め。
緑がいっぱい!
まさに森の中のカフェという雰囲気で、静かで落ち着いていて、とても素敵です。
外はめちゃくちゃ暑そうだけど・・・

この暑さに加えて、こんな場所にあるのに、それでもお客さんが訪れていて、まさに知る人ぞ知る・・・癒しの空間ですね。

混み合えば相席になることもあるとのことですが、この日はお客さんが少ないほうだったのか、窓際のテーブルが空いていて、そこでゆっくりバスの時間(1時間に2本くらい)までくつろぐことができました。

なかなか来れないと思うので、焼き菓子もいろいろ買って帰りました♪
c0069026_1265368.jpg

c0069026_12786.jpg

c0069026_1272377.jpg
大事に食べてます。
c0069026_1265013.jpg


家に帰ると、こんなものが!
c0069026_128694.jpg

桃祭り第2弾です〜!
Sさんのおばさまからです。
最近、茨城のお義母さんからは美味しい梨をたくさんいただき、そして仙台のおばさまからは桃を・・・すみません。
梨&桃祭り!
毎朝、美味しい旬のフルーツがいただけて幸せです。
食べてしまうのがもったいないなあ・・・



そういえば、1ヶ月前の妊婦検診から体重が3キロ増えました。汗
最初の数ヶ月、体重が全然変わらなかったので気がゆるんだのか・・・普段と食べる量はそんなに変わってない(はず)んですが。
妊娠中は一ヶ月1キロ増加がいいペースなんだそうで。

今回の検診、赤ちゃんは300g強の重さになっているそう。
(性別、次回の検診でほぼ確定するはず)

それなのに、私の体重は3kg増。

つまりこの重みは、本体についていた ということがハッキリしました・・・。


なんとか、この増加する体重を食い止めねば〜
by blueblau1 | 2013-08-18 12:06 | 日常

Glacielへ

c0069026_11135690.jpg

表参道にあるお店「Glacielグラシエル」。

フランス語のアイスクリーム「グラス」と、空「シエル」をかけた名前なんだそうな。
日本では珍しいアントルメ・グラッセ(アイスケーキ)とアイスクリーム、生ケーキが食べられます。
2階には広々とした真っ白な喫茶スペースがあり、なんともおしゃれな空間です。
そして女子率高し!

毎度おなじみ?の、お菓子仲間であるみれいさんと行ってきました♪
いつも美味しいお店情報をいただき、感謝です。

私たちの前に3組待っていましたが、15分くらいで席に案内されました。

食べてみたいメニューがいろいろあり、迷うことしきり。
c0069026_1114063.jpg

生ケーキも美味しそうだったけど、せっかくなのでグラスアントルメの盛り合わせ、みれいさんは数量限定のマンゴーのアイスケーキを注文。
マンゴー、フルーツをカットしたものかと思いきや、マンゴーのソルベをキューブ状にしたものを張り付けているんです。
芸が細かい!
外側はメレンゲ、中はバニラアイスクリーム。味もとても美味しかったです。
c0069026_11141316.jpg
ケーキもとてもきれいで美味しそうだったので、こちらもいってみました(結局)。
広々として居心地がよいので、つい長居してしまいそうな空間でした。
これは女性は大好きなお店ですね。

その後・・・なんと再訪!
表参道なんて、まったく縁のない2人で頑張って行ってきました。笑
週末だったので混み合い、30分くらい待ったかもしれません。人気のお店ですね。

女子率の高い店内に恐れおののくSさんに、前回の美味しかったマンゴーのアイスケーキをすすめ、私はこちらも数量限定のライムのアイスケーキにしました。
c0069026_11153886.jpg
この芸術的な造形!
なんだかパリのデザートの雰囲気を感じます。
(携帯で撮ったので、画像が荒くてすみません)

中を割ると!
c0069026_11151782.jpg
ライムのソルベとバニラアイスクリームの組み合わせ。周りはメレンゲです。
ちょっとメレンゲが厚めで甘かったけど、ライムのソルベとバニラアイスがとても美味しかったです。
ソルベマシンから出てきたばかりの、出来立てのアイスクリームのような、なめらかな食感です。

Glaciel

こういうお店って、子供ができるとなかなか入れないよ〜(確かに・・・)
今のうちに行っときなよ〜
・・・と姉から常々言われてるので
また機会があったら、ぜひ訪れたいです。
by blueblau1 | 2013-08-17 11:34

実家時間

c0069026_10555169.jpg
姉と姪っ子たちが遊びに来ている実家へ遊びにいってきました。
c0069026_1056645.jpg
3歳の姪と、もう1歳になる甥。
生まれてからまだ3年の姪から見える世界は、どんな感じなのかな。
実家の庭にたくさん落ちてるセミの抜け殻がお気に入りの様子です。

おばあちゃん又はおじいちゃんと遊んでいれば満足な姪はともかく、甘えん坊でお母さんっ子の甥のお世話が大変そうで・・・。汗
自分達の育児はどんな感じになるのかな。

夜は一階の部屋を、全部おふとんの部屋にしてみんなで寝たのが楽しかった♪
c0069026_10561521.jpg

そして朝。
朝6時前に姉の頭を、ニコニコ顔でベシベシ叩いて起こそうとする甥・・・
(まさに、てーんーしーのよ〜うな〜♪アークーマーのえ〜がお〜♪)

2人そろって口を開けて、お馬鹿面(ごめんね)で幼児向けテレビを見ている様子がそっくりで、思わずプププ!
c0069026_1055485.jpg

クレームブリュレを作って食べました♪
by blueblau1 | 2013-08-17 11:04 | 日常

ベーキングパウダー不使用のパンケーキ

c0069026_10401934.jpg
ベーキングパウダーを切らしていたので、作ってみたかった卵白を泡立てるタイプのパンケーキを焼いてみました。
パンケーキ大好きなので、パンもご飯も用意してない朝の定番になってます。

バターミルクの代わりとして、牛乳にレモン汁を加えてヨーグルト状にして加えるのが、しっとりとした食感のポイント・・・
ベーキングパウダー入りのものと比べて、全然パサパサしないんです!美味しい。
c0069026_10402437.jpg
熱でとろけたクリームチーズと、甘酸っぱいラズベリーが相性抜群♪

ベーキングパウダーに含まれているアルミが体によろしくない・・・ということもあり、体に優しいレシピでもあります。
ぜひお試しを♪

<材料(パンケーキ4枚分)>
牛乳130g
レモン汁大さじ1

薄力粉100g

卵1個(卵黄と卵白に分ける)
塩ひとつまみ
砂糖30g

クリームチーズ50g→1cm角にカットしておく。
冷凍ラズベリー適宜

<作り方>
①牛乳にレモン汁を加えて(かき混ぜない)レンジで1分加熱する(a)。
※一部がヨーグルト状になればOK。
②大きめのボウルに薄力粉をふるっておく。
③卵黄を泡立て器でほぐし、そこに荒熱をとった(a)を少しずつ加えて混ぜていく(b)。
④(b)を薄力粉の入ったボウルに少しずつ加え、だまにならないように泡立て器で混ぜていく(c)。
⑤卵白に塩を加える。砂糖を2回に分けて加えて泡立て、きめの細かくしっかりしたメレンゲを作る。
⑥メレンゲを2回に分けて(C)に加える。生地はすくうともったりと流れ落ちるくらいの固さ。
フライパンを温め、おたま1杯分の生地をながす。
その上にカットしたクリームチーズと砕いたラズベリーを適宜ちらす。(ひっくり返して焼いたときに焦げないように、ラズベリーとクリームチーズの表面を覆うようにしてパンケーキの生地をたらして隠す。)蓋をして弱火で焼く。
ひっくり返して、両面を焼く。
by blueblau1 | 2013-08-17 10:46 | Mes pâtisseries私のお菓子

オーボンビュータン/Au bon vieux temps

尾山台の「オーボンビュータン」に久しぶりに行ってきました。
どれくらい久しぶりかというと、私がフランスに行くかなり前だから、かれこれ7~8年ぶりくらい?
ポン・ヌフや木の実のタルトなどの焼き菓子が、とっても美味しかった記憶があります。

フランスの伝統的な砂糖菓子や焼き菓子がならぶ店内は変わらず、ショーケースに並んだお菓子は記憶の中よりずっと小ぶり。
(おお!こんなに小さかったか!)と心の中で驚く。笑
c0069026_1423210.jpg
ポロネーズやミルフィーユも気になったけど・・・
悩みに悩んで、この赤いケーキにしました。
snob(スノブ)という、ピスタチオのバタークリームのお菓子。
クリームのピスタチオの味がしっかりして、コクのあるピスタチオの食感もあります。

フランスと同じお菓子の味がする!
やっぱり、いわゆる日本のケーキ屋さんの味とはまったく違う〜!んまい!

濃厚なので、この大きさでちょうどいいのかもしれません。もう少し食べたくなる感じです。
でも、次回来たら2つは食べたい。笑
c0069026_1423855.jpg

チョコレートやピスタチオ、フリュイ・ルージュ(写真はこれ)などのソルベも、色がフランスで見たアイスの色と一緒で、深くてきれいな色合いで。ベルティヨンのソルベを思い出しました♪
Sさんも本物のアイスを食べた!と言ってました。

フランスで修行を積んだ河田シェフが、このお店をオープンさせたのは30年ほど前だそうです。
店名の通り古き良き時代、ちょっとレトロなパリの空気を感じさせるこのお店、ずっとこの佇まいで存在し続けて欲しいです。

さすが人気店で、後から後からお客さんが訪れます。
数席しかないイートインコーナ−は、あっという間に埋まってしまいました。

お店の夏期休業が明けたら(確か今週はお休み?)、またぜひ行ってみたいです。

駅を出てすぐに青いパン屋さんVent du ludoがあったので、パンを買って帰りました。


人気ブログランキングへ
by blueblau1 | 2013-08-06 13:56 | 日常