クロワッサン2回目

c0069026_10582267.jpg

前回の記事の後、またクロワッサンを作っていました。
失敗をふまえて、生地はバターより冷たく、バターは中でちぎれないように慎重にのばし。
c0069026_10591496.jpg

c0069026_10584887.jpg

いい感じに層ができてるような。
しかし・・・!
c0069026_10585246.jpg

二次発酵中、待てども待てどもなかなか生地がふくらまない。
一次発酵のときもやたら遅かったし。

新しく種起こしした丹沢天然酵母を使ってるのですが、種を起こす段階ですでに失敗していたのか、そんな予感・・・。
c0069026_1059277.jpg

焼き上がり。
焼き加減が全然違うけど・・・。そして焼いてもやっぱりふくらまなかったけど。

やっぱり焼いてるときのバターのいい匂いは最高!
c0069026_1059577.jpg

こちらはあんこ入り。あんクロワッサン♪
c0069026_10591067.jpg
焼きたてを食べる幸せ。

こうやって作っていると、フランスで食べたクロワッサンを思い出す。
あれを、もう一度食べたい!

今や日本にも、フランスから上陸した美味しいパン屋さんのクロワッサンはたくさんあるけれど。
何か違うのです・・・。「美味しいだろう」という先入観があるからか、感動しないというか・・・。
そしてやたらお高い。しょうがないけど。

フランスの街角にある無名の、何気ないお店で一個1ユーロとかで売られているクロワッサンが、焼きたてで温かかったりだとか、期待してなかったのに絶品だった!とかいう、そういう意外性が、すごく楽しかったなあ。
しかもそういう美味しいお店が、日本みたいに特別扱いされてなくて、
ごく普通にいっぱいある!やっぱりパンの国です。


こんな風に、フランスで暮らしていた時に食べていたもの、出来事や生活ぶりをふと思い出して、また行ってみたいという気持ちが、ふつふつとわいてくるこの頃。

帰国してしばらくは、フランスでのことを忘れたいというか、全部なかったことにしたい ではないけれど、非常にネガティブな気持ちがずっと続いていて、人と会っても何を話していいかわからなかった。
あんなに楽しかったのに、また行きたい。なんて全然思わなかったし、大好きだったお菓子作りもしなくなったし、お菓子について考えることがなくなった。
いつも変な違和感があったし、今思うと、うーん、少し病んでいたのかもと思う。

でも最近になって、だんだんお菓子のことを考えるようになって、昔のレシピの本やノートを見たり、製菓材料を買ったりしてるし、また前の自分に戻りつつあるのかもしれない。そうだったらいいなと思う。

ちょっと前まではお菓子やパン作り、なんだか苦痛だったのに、最近は、ちゃんと気晴らしになってます。
by blueblau1 | 2016-01-16 11:24

2005年9月渡仏〜2011年12月帰国までのフランス滞在の記録と、現在の日常の暮らしや子育てのこと。熱しやすく冷めやすい自分のための備忘録的なブログです。


by blueblau1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31